ハニプラ美容液はハリ・ツヤ・エイジングケアに効果なし?口コミは?

ハニプラ美容液

ハニプラ美容液は、普通に「美容液」としても使えるのではないかというほどに充実した配合の導入美容液(ブースター)です。

ハニプラ美容液は、北アルプスの「雪解け温泉水」をベースとし、ヒト幹細胞エキスや加水分解卵殻膜をはじめとして、4種類のハチミツ成分など、全体の96.28%が美容成分という贅沢な配合となっています。

ハニプラ美容液は導入美容液というだけでなく、オールインワン化粧品としても使えそうな気にさえなりますね。
果たして、エイジングケアや肌のハリやツヤに役立つのでしょうか?

ハニープラセンタ

ハニプラ美容液の特徴

ハニプラ美容液 特徴

まずは、ハニプラ美容液の特徴をまとめました。

北アルプス「雪解け温泉水」をベースとして使用

北アルプス 雪解け温泉水

一般的な化粧品では、不純物がほとんど含まれていない精製水を使います。
このため、肌ダメージなどの心配はありませんが、栄養分などもないシンプルな配合となります。

一方、ハニプラ美容液では精製水ではなく、北アルプス「雪解け温泉水」をベースとして使っています。

温泉水を使うことで、精製水と比べると肌(角質層)への浸透力が高くなり、ブースターとしての効果が高まります。

エイジングケア成分・美容成分を充実して配合

エイジングケア成分 美容成分

ブースターというと、肌を柔らかくして化粧水や美容液などの吸収を良くすることが最大の目的です。
このため、導入美容液は配合されている成分が少なく、シンプルなことが一般的です。

一方、ハニプラ美容液は一般的な美容液と比較しても見劣りしないほどに充実した配合となっています。

  • ヒト幹細胞エキス
  • 卵殻膜エキス
  • ハチミツ
  • ローヤルゼリーエキス
  • グルコノバクター
  • ハチミツタンパク
  • 加水分解ケラチン
  • プロテオグリカン
  • 馬プラセンタエキス
  • ヒアルロン酸
  • アセチルヒアルロン酸
  • 加水分解ヒアルロン酸
  • 加水分解ヒアルロン酸アクセルグリセリル
  • ヒアルロン酸クロスポリマーナトリウム
  • 加水分解コラーゲン
  • 水溶性コラーゲン
  • サクシノイルアテロコラーゲン

肌のハリやツヤ、エイジングケア、保湿など、ハニプラ美容液は全体の96.28%が美容成分となっています。

無添加/低刺激

ハニプラ美容液は、以下の成分を使用していません。

  • 合成着色料
  • パラベン
  • 鉱物油(ミネラルオイル)
  • 紫外線吸収剤
  • 石油系界面活性剤
  • シリコン
  • キレート剤
  • タール系色素
  • サルフェート

日本国内のISO9001取得工場にて製造

ハニプラ美容液を安心して使用できるように、国内のISO9001取得工場で製造されています。

一定レベルの品質基準を満たすための仕組み作りがされており、医薬品と同じ基準で製造・検査が行われています。

ハニプラ美容液の口コミ・評判は良い?悪い?

ハニプラ美容液 口コミ 評判

ハニプラ美容液利用者の口コミを集めました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

悪い口コミ

さすがに1万円以上もするとは考えていなかったので保留中です。
もう少し安ければ良かったのに、残念です。
引用元:美容と健康の館

美肌になれるという噂を聞いてハニプラ美容液を購入しましたが、今のところ美肌になれている実感はありません。
引用元:ダイエット美人のミライ

良い口コミ

ハニプラ美容液を使うことでお肌が柔らかくなる。
引用元:ふぉーちゅん

のせた時はトロッとしたハチミツのような感触ですが、なじませるとスーッと肌に浸透し、肌がツルツルになります。
化粧水をつけるとグングン入ります。

首のシワが気になるので、顔だけでなく、首やデコルテにも使用したいです。
引用元:あけみきく日記

口コミ評判まとめ

ハニプラ美容液のブースターとしての機能に満足している人が多い印象です。
化粧水やオールインワン化粧品を使った後の肌が違うという意見が多かったです。

一方、ハニプラ美容液は多くの成分を配合していることから、肌トラブルが出る人もいたり、どれも中途半端な印象を持つ人もいました。
値段の高さもネックになっているようです。

ハニプラ美容液の評価は?

ハニプラ美容液 評価

アットコスメなど、口コミサイトなどでのハニプラ美容液の評価をまとめました。

@コスメ 評価

評価数は少ないものの、高く評価されていることがわかります。

ちなみに、販売元が公開しているデータによると、購入者満足度93.7%、エイジングケアアイテム調査にてコスパ・安定度・満足度・信頼度・人気度の5冠(モニプラ調べ)と高く評価されています。

ハニープラセンタ

ハニプラ美容液に含まれている成分を解析

ハニプラ美容液 成分

ハニプラ美容液で使われている全ての原材料を一覧にまとめました。

温泉水、プロパンジオール、水、ペンチレングリコール、グリセリン、ベタイン、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、加水分解卵殻膜、ハチミツ、グルコノバクター/ハチミツ発酵液、ローヤルゼリーエキス、加水分解ハチミツタンパク、BG、キサンタンガム、キハダ樹皮エキス、クエン酸Na、プラセンタエキス、クエン酸、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、水添レシチン、1,2-ヘキサンジオール、ポリソルベート80、エタノール、サイタイエキス、カプリリルグリコール、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル、ヒアルロン酸アスコルビルプロピル、ヒアルロン酸クロスポリマーNa、酢酸トコフェロール、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解コラーゲン、カプリロイルジペプチド-17、水溶性プロテオグリカン、水溶性コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、フェノキシエタノール

副作用の心配は?

ハニプラ美容液 副作用

「ハニプラ美容液は医薬品ではないので副作用は存在しない」と断言している人もいますが、詳しく調べたところ、問題点が見つかりました。

フェノキシエタノールやペンチレングリコールは、ごくまれに皮膚炎などのアレルギー症状が起こる可能性があることが判明しています。
この症状はアトピーや食物アレルギーなどの有無とは関係なく起こります。

馬プラセンタや植物成分などに対するアレルギーに対しても同様に、発疹などの異常が起こる可能性があります。

ハニプラ美容液はエタノールが配合されているため、傷口や肌トラブルがあると、赤みやかゆみ、肌への刺激を感じるかもしれません。

いずれかの副作用が出た場合には、使用を中止して体調の回復を優先させましょう。
具合が悪い状態が続く場合、急激に体調が悪化した場合には、医師の診察を受けたほうが良いです。

ハニプラ美容液の効果的な使い方は?

ハニプラ美容液 使い方 効果

ハニプラ美容液は、ブースター(導入美容液)として使うことが一般的です。
このため、洗顔・クレンジングを済ませた後に、ハニプラ美容液を使うといいでしょう。

ハニプラ美容液の後に、あなたが普段使っている基礎化粧品やオールインワン化粧品などを使います。

ハニプラ美容液はフェイスマスクやコットンパックなどのスペシャルケアとしても使えます。

ハニプラ美容液の販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

ハニプラ美容液 販売店 値段

ハニプラ美容液は、どこで買えるのでしょうか?
最低価格なども含めて詳しく調べました。

店頭販売はしているのか?

販売元に確認したところ、通販限定商品とのことでした。

市販はされていますが、ドラッグストアや薬局、コンビニやスーパー、バラエティストアなどでは購入できません。

通信販売で最も安く買えるのは?

ハニプラ美容液は販売元直営の通販サイトで販売していますが、それ以外にもamazonで購入できます。

調査した時点では、

  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

などのネットショップでは購入できませんでした。

価格は在庫状況や競合店舗との価格競争によって変動することから、安く買えたらラッキーですね。

販売元直営の公式通販サイトでは、1本30ml入12,250円(税別、送料別)で販売しています。

定期購入はあるのか?

ハニプラ美容液は、販売元直営の公式通販サイトで定期購入を扱っています。

1本あたり初回2,980円、2回目以降は9,800円(いずれも税別、送料別)とオトクに続けられます。

なお、ハニプラ美容液の定期購入には、最低購入回数3回のシバリがあります。

3回目を受け取る前に定期購入を解約することはできません。
3回目を受け取った後であれば、いつでも自由に定期購入を解約できます。

>>ハニプラ美容液を定期購入する

定期購入の解約方法は?

ハニプラ美容液の定期購入を解約する場合には、どのような手続きが必要なのでしょうか。

現在は電話で解約を受け付けています。
その場で解約手続きは完了します。

解約手続き申し込み締切日は、次回配送予定日の7日前です。
締切日をすぎると次回分を受け取ってからの解約になります。

まとめ

いかがでしたか?
ブースターと言うには贅沢なほどの成分が配合されている「ハニプラ美容液」。

ハニプラ美容液だけでも満足できるかもしれませんし、その後の化粧水やオールインワン化粧品の使用感の違いを実感できるのではないでしょうか?

ハニプラ美容液の最新情報は公式サイトでも発信していますので、確認してみてください。

>>ハニプラ美容液の公式サイトはこちら