ママミーで妊娠線の予防・対策はできる?口コミや評判はイマイチ?

ママミー

一般的には、妊娠中期を過ぎると、徐々に気になってくるのが妊娠線ではないでしょうか?
赤ちゃんがお腹の中で成長することにより、お腹などの皮膚が急激に伸びることで、角質層から真皮層にかけて裂けてしまうのが妊娠線です。

もちろん、妊娠線に関しては個人差が大きく、早い人だと妊娠初期の頃から妊娠線ができますし、出産しても全く妊娠線が出ない人もいたりとさまざまです。

いったん妊娠線ができてしまうと、時間の経過とともに徐々に薄くはなっていくものの、(美容)皮膚科などで治療をしない限りは妊娠線を完全に消すことはできないため、事前の予防ケアが重要です。

皮膚が伸びやすくなるように、肌を柔らかくする成分が含まれる妊娠線クリームが多いですが、ワセリンをはじめとして保湿を重視した配合になっていることが多いです。

しかし、女性ホルモンなどの関係によって、肌サイクルが乱れやすくなっているという観点が抜け落ちているケースが多いです。
妊娠線クリームを塗ったのにも関わらず、妊娠線ができたという人が少なくありませんが、肌のターンオーバーが乱れている場合が多いです。

この肌サイクルと柔軟性に着目した妊娠線クリームがネンネの「ママミー」です。

ママミーでは、妊娠線対策として、細胞内のタンパク質を分解するための仕組みの一つである「オートファジー」に着目しました。

果たして、ママミーで妊娠線の予防や対策は行えるのでしょうか?

ママミーの特徴

ママミー 特徴

まずは、ママミーの特徴をまとめました。

肌のオートファジーをサポート

オートファジー

妊娠線ができやすい場所でのオートファジーのはたらきをサポートするために、ママミーは以下の成分を配合しています。

  • アスパラガス茎エキス
  • 加水分解酵母エキス

うるおいと柔軟性を与え、肌サイクルを正常に保つストレッチリペア成分

ストレッチリペア成分

妊娠線予防に欠かせない肌の柔軟性と肌サイクルの正常化を促す成分を、ママミーではまとめて「ストレッチリペア成分」と呼んでいます。

  • ヒアルロン酸(保湿)
  • コラーゲン(保湿)
  • エラスチン(柔軟性)
  • ビタミンC誘導体(引き締め)
  • シラノール誘導体(コラーゲンサポート)
  • リンゴ幹細胞エキス(ターンオーバー)
  • アルガンオイル
  • セラミド
  • シアバター
  • ヘルペリジン
  • ホホバオイル
  • アルガン幹細胞エキス

これらの成分を独自の割合で配合することで、肌の柔軟性と肌サイクルをサポートします。

肌に浸透しやすくなる独自処方

ママミーに配合されている成分は、通常の1/10サイズまで小さくしています。
さらに、角層の透過率をあげるための独自技術による加工を施しています。

その結果、肌の奥深く(角質層まで)までスムーズに浸透していきます。

無添加/低刺激

ママミーは以下の成分を使用していません。

  • パラベン
  • アルコール(エタノール)
  • 鉱物油(ミネラルオイル)
  • 合成香料
  • 加水分解小麦タンパク
  • 石油系界面活性剤
  • サルフェート
  • 合成着色料
  • シリコン
  • 紫外線吸収剤
  • ラノリン

また、ママミーは

  • パッチテスト
  • アレルギーテスト
  • スティンギングテスト
  • 放射性物質試験

に全て合格しています。

これらのテストに合格したからといって、絶対に肌トラブルが起こらないことを証明するわけではありませんが、一つの目安にはなります。

日本国内のGMP認定工場にて製造

ママミーを安心して使用できるように、国内GMP認定工場で製造されています。

GMP認定工場では、一定レベルの品質基準を満たすための仕組み作りがされています。

ママミーの口コミ・評判は良い?悪い?

ママミー 口コミ 評判

ママミー利用者の口コミを集めました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

悪い口コミ

足りなくなった時に追加注文をしないと手に入らないのが不便。
近くの店で気軽に買えるようにしてほしい。

期待はずれでした。

良い口コミ

妊娠8週あたりでホルモンバランスの乱れか肌が乾燥したり荒れたりしましたが、ママミーを使ったらびっくり!
敏感肌でも安心して使えるのがうれしいです。

無香料なのでつわりの時期も安心して使えました。
市販のクリームと比較しても塗った後すぐにすっと浸透してとっても肌なじみがいいです♪

口コミ評判まとめ

調査した時点では、口コミの数自体は少なかったです。

その中では満足したという内容の感想が多かったですが、これから、さまざまな意見が増えていくのではないでしょうか。

ママミーの評価は?

ママミー 評価

アットコスメなど、口コミサイトなどでのママミーの評価は見つかりませんでした。
今後も調査を続けてまいります。

ちなみに、販売元が公開しているデータによると、モニター調査で満足度95%以上という結果になっています。

ママミーに含まれている成分を解析

ママミー 成分

ママミーで使われている全ての原材料を一覧にまとめました。

水、BG、スクワラン、パルミチン酸エチルヘキシル、ペンチレングリコール、グリセリン、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸グリセリル、パルミチン酸セチル、ベヘニルアルコール、マルチトール、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ミツロウ、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、フェノキシエタノール、ステアロイルグルタミン酸Na、カルボマー、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、ポリアクリル酸Na、ポリソルベート60、エチルヘキシルグリセリン、グリチルリチン酸2K、水酸化Na、キサンタンガム、ペンテト酸5Na、グルコシルヘスペリジン、アスコルビルグルコシド、ホホバ種子油、アルガニアスピノサ核油、シア脂、ヒアルロン酸ジメチルシラノール、イソマルト、水添レシチン、プロパンジオール、ダイズステロール、リンゴ果実培養細胞エキス、セラミドAP、酵母エキス、加水分解エラスチン、セラミドNG、アスパラガス茎エキス、セラミドNP、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、レシチン、アルガニアスピノサカルス培養エキス、安息香酸Na、ソルビン酸K、グルコノラクトン、グルコン酸Ca、セラミドEOP

副作用の心配は?

ママミー 副作用

「ママミーは医薬品ではないので副作用は存在しない」と断言している人もいますが、詳しく調べたところ、問題点が見つかりました。

フェノキシエタノールやペンチレングリコールは、ごくまれに皮膚炎などのアレルギー症状が起こる可能性があることが判明しています。
この症状はアトピーや食物アレルギーなどの有無とは関係なく起こります。

植物成分などに対するアレルギーに対しても同様に、発疹などの異常が起こる可能性があります。

いずれかの副作用が出た場合には、使用を中止して体調の回復を優先させましょう。
具合が悪い状態が続く場合、急激に体調が悪化した場合には、医師の診察を受けたほうが良いです。

ママミーの効果的な使い方は?

ママミー 使い方 効果

ママミーを妊娠線予防として使う場合には、妊娠したことが判明した時点で使い始めたほうが良いでしょう。

安定期から妊娠中期、妊娠後期と進んでいくに従って、ママミーを塗る場所や塗る回数を増やしていくと効果的です。
妊娠線が出やすいお腹だけでなく、胸やお尻、裏ももや足首など、気になる部分をケアするようにしてください。

出産後は、肌の引き締めはもちろんのこと、肌が乾燥しやすくなっているため、気になる部分を中心に、引き続きママミーを使ったほうがいいでしょう。

ママミーの販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

ママミーは、どこで買えるのでしょうか?
最低価格なども含めて詳しく調べました。

店頭販売はしているのか?

販売元に確認したところ、通販限定商品とのことでした。

市販はされていますが、ドラッグストアや薬局、コンビニやスーパー、バラエティストアなどでは購入できません。

通信販売で最も安く買えるのは?

ママミーは販売元直営の通販サイトで販売していますが、それ以外にも、楽天市場で販売しています。

調査した時点では、

  • amazon
  • Yahoo!ショッピング

などのネットショップでは購入できませんでした。

価格は在庫状況や競合店舗との価格競争によって変動することから、安く買えたらラッキーですね。

販売元直営の公式通販サイトでは、1本250g入7,200円(税込、送料別)で販売しています。

定期購入はあるのか?

定期購入

ママミーは、販売元直営の公式通販サイトで定期購入を扱っています。

初回は1本のみ配送されて2,980円、2回目以降は2ヶ月に1回(隔月)の配送となり、2本で9,960円(1本あたり4,980円)(いずれも税込、送料込)とオトクに続けられます。

なお、ママミーの定期購入には、最低購入回数のシバリはありません。
初回分を受け取った後であれば、いつでも自由に定期購入を解約できます。

>>ママミーを定期購入する

定期購入の解約方法は?

ママミーの定期購入を解約する場合には、どのような手続きが必要なのでしょうか。

現在は電話で解約を受け付けています。
その場で解約手続きは完了します。

解約手続き申し込み締切日は、次回配送予定日の10日前です。
締切日をすぎると次回分を受け取ってからの解約になります。

まとめ

いかがでしたか?
オートファジーに着目した妊娠線クリーム「ママミー」。

1本250gとたっぷり配合されているため、しっかりと塗っても安心して使い続けられます。

ママミーの最新情報は公式サイトでも発信していますので、確認してみてください。

>>ママミーの公式サイトはこちら