リフレの機能性表示食品「脂肪や糖を抑える青汁」は効果なし?口コミは?

脂肪や糖を抑える青汁

リフレの機能性表示食品「脂肪や糖を抑える青汁」は、難消化性デキストリンを5,000mg配合しています。

病気ではないものの食後の血糖値や脂肪が気になる大人が、「脂肪や糖を抑える青汁」を摂取することで、

  • 食事の脂肪の吸収を抑え、排出を増加させることで食後の血中中性脂肪の上昇を抑える
  • 糖の吸収を抑えることで、食後の血糖値の上昇を抑える
  • おなかの調子を整え便通を改善する

という効果を得られます。

しかし、「脂肪や糖を抑える青汁」の評判を調べていると、「脂肪や糖を抑える青汁は効果なし」といった口コミも見られます。
「脂肪や糖を抑える青汁」が本当に役立つのか、気になっているのではないでしょうか?

脂肪や糖やを抑える青汁

脂肪や糖を抑える青汁の特徴

脂肪や糖を抑える青汁 特徴

まずは、脂肪や糖を抑える青汁の特徴をまとめました。

機能性表示食品

脂肪や糖を抑える青汁は、健常成人で、食後の血糖値や脂肪が気になる方が中性脂肪・血糖値の上昇を抑える、おなかの調子を整えたい方が、お腹の調子を整えるはたらきがある機能性表示食品(D474)です。

本品には難消化性デキストリン(食物繊維)が含まれています。 難消化性デキストリン(食物繊維)には、以下の機能が報告されています。1.食事の脂肪の吸収を抑え排出を増加させることで食後の血中中性脂肪の上昇を抑える。2.糖の吸収を抑えることで、食後の血糖値の上昇を抑える。3.おなかの調子を整え便通を改善する。

証拠とともに消費者庁に届け出ています。

ケールを使わずに飲みやすい味わい

「脂肪や糖を抑える青汁」は青汁特有の苦味の原因となるケールは使用していません。

  • 大麦若葉
  • 緑茶
  • 桑の葉
  • 明日葉
  • クロレラ
  • モロヘイヤ

これらをブレンドすることで、飲みやすく、栄養補給が手軽に行えます。

日本国内のGMP認定工場にて製造

「脂肪や糖を抑える青汁」を安心して摂取できるように、国内のGMP認定工場で製造されています。

GMP認定工場では、一定レベルの品質基準を満たすための仕組み作りがされています。

脂肪や糖を抑える青汁の口コミ・評判は良い?悪い?

脂肪や糖を抑える青汁 口コミ 評判

「脂肪や糖を抑える青汁」利用者の口コミを集めました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

悪い口コミ

お腹がゆるくなりすぎて困りました。
血糖値が下がってくれるのはいいんですが、下痢気味の状態が続くのは困ります。

ただ高いだけの青汁という感じです。
検査の数値も変わらず、体調が良くなったという感覚も得られませんでした。
飲むだけムダでした。

良い口コミ

野菜不足が気になり、飲みやすいリフレの青汁にしました。
この青汁が一番飲みやすいと思います。家族みんなで飲んでいます。
引用元:脂肪や糖を抑える青汁 効果がすごい 通販限定で初回980円

見た目は抹茶!香りも抹茶!!
味は抹茶というよりお茶です。
飲みやすいから、料理の味を邪魔せず、お茶感覚で飲めます。

ついつい炭水化物ばかりになりがちな、ずぼら料理でも青汁があれば大丈夫。
引用元:美容レビュー部!

口コミ評判まとめ

「脂肪や糖を抑える青汁」の口コミは少なめですが、満足している人が多い印象です。

苦味がなく緑茶感覚で飲むことができる、メタボが改善されてきた、便通が良くなった、健康診断の結果に満足できたなどの意見がありました。

脂肪や糖を抑える青汁の評価は?

脂肪や糖を抑える青汁 評価

口コミサイトなどでの「脂肪や糖を抑える青汁」の評価は見つかりませんでした。
今後も調査を続けてまいります。

脂肪や糖やを抑える青汁

脂肪や糖を抑える青汁に含まれている成分を解析

脂肪や糖を抑える青汁 成分

脂肪や糖を抑える青汁で使われている全ての原材料を一覧にまとめました。

原材料
難消化性デキストリン、大麦若葉末、緑茶末、桑の葉末、明日葉末、クロレラ末、モロヘイヤ末
食品添加物
(なし)

副作用の心配は?

脂肪や糖を抑える青汁 副作用

「脂肪や糖を抑える青汁は医薬品ではないので副作用は存在しない」と断言している人もいますが、詳しく調べたところ、問題点が見つかりました。

いずれかの副作用が出た場合には、摂取を中止して体調の回復を優先させましょう。
具合が悪い状態が続く場合、急激に体調が悪化した場合には、医師の診察を受けたほうが良いです。

食物アレルギー

まず気になるのが食物アレルギーではないでしょうか?

特定原材料7品目と特定原材料に準ずる20品目に当てはまるものはありません。

なお、「脂肪や糖を抑える青汁」にはアレルゲンとなる食材が含まれているかもしれません。
食物アレルギーのある人は事前にチェックしておくと安心です。

過剰摂取

難消化性デキストリンには摂取量の上限値はありませんが、摂取しすぎると、下痢や腹痛をおこしやすくなります。

1日の目安量を守った上で使うようにするといいですね。

他のサプリや薬との飲み合わせ

脂肪や糖を抑える青汁と他のサプリメントや薬との飲み合わせで、効果が強くなりすぎたり、逆に弱まる場合があります。
気になることがあれば、医師や薬剤師に相談するといいでしょう。

妊娠中/授乳中に使っても大丈夫?

販売元では、

  • 妊娠中・授乳中に摂取した場合の安全性データが不十分
  • 妊娠中・授乳中の女性のために開発された商品ではない

として、摂取を推奨していません。

医師や薬剤師に相談することをオススメしています。

脂肪や糖を抑える青汁を効果的に飲むためには?効果的な使い方は?

脂肪や糖を抑える青汁 飲み方 効果

脂肪や糖を抑える青汁は、1日1包(8.5g)を摂取量の目安としています。

脂肪や糖を抑える青汁は、水やお湯に溶かして飲むのが一般的ですが、ただ溶かしただけではダマになりやすい傾向が見られます。

シェイカーでしっかりと混ぜ合わせるか、コップ半分程度の水で「脂肪や糖を抑える青汁」をいったん溶かしてから、残りの水をいれるとダマになりにくいです。

脂肪や糖を抑える青汁 アレンジ

脂肪や糖を抑える青汁はアレンジも可能です。

水やお湯以外に、牛乳や豆乳、炭酸水などに溶かして飲んでも構いません。

また、粉末のままでヨーグルトやアイスなどにふりかけたり、生地に練り込んでパンやパンケーキなどにして食べるのもおいしいです。

脂肪や糖を抑える青汁の販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

脂肪や糖を抑える青汁 販売店 値段

脂肪や糖を抑える青汁は、どこで買えるのでしょうか?
最低価格なども含めて詳しく調べました。

店頭販売はしているのか?

販売元に確認したところ、通販限定商品とのことでした。

市販はされていますが、ドラッグストアや薬局、コンビニやスーパー、バラエティストアなどでは購入できません。

通信販売で最も安く買えるのは?

脂肪や糖を抑える青汁は販売元直営の通販サイトで販売していますが、それ以外にも、

  • amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

などのネットショップで販売されていることが確認できました。

価格は在庫状況や競合店舗との価格競争によって変動することから、安く買えたらラッキーですね。

販売元直営の公式通販サイトでは、1箱30袋入3,600円(税別、送料別)で販売しています。

定期購入はあるのか?

脂肪や糖を抑える青汁は、販売元直営の公式通販サイトで定期購入を扱っています。

1箱あたり初回907円(税別、送料込)、2回目以降は3,240円(税別、送料別)とオトクに続けられます。

なお、「脂肪や糖を抑える青汁」の定期購入には、最低購入回数のシバリはありません。
初回分を受け取った後であれば、いつでも自由に定期購入を解約できます。

>>「脂肪や糖を抑える青汁」を定期購入する

定期購入の解約方法は?

脂肪や糖を抑える青汁の定期購入を解約する場合には、どのような手続きが必要なのでしょうか。

現在は電話で解約を受け付けています。
その場で解約手続きは完了します。

解約手続き申し込み締切日は、次回配送予定日の10日前です。
締切日をすぎると次回分を受け取ってからの解約になります。

まとめ

いかがでしたか?
血糖値や中性脂肪、便通が気になる人に役立つ機能性表示食品「脂肪や糖を抑える青汁」。

期待する効果が得られるかどうかは、日常生活や食生活などによっても左右されるため、生活習慣の見直しも合わせて行うといいのではないでしょうか?

脂肪や糖を抑える青汁の最新情報は公式サイトでも発信していますので、確認してみてください。

>>脂肪や糖を抑える青汁の公式サイトはこちら