リリセッシャルクレンジングジェルでW洗顔不要?毛穴汚れは落ちる?

リリセッシャル クレンジングジェル

リリセッシャルクレンジングジェルは、メイクアップ化粧品や肌・毛穴などの汚れを取り除くだけでなく、美容成分で肌をケアするというクレンジング剤です。

リリセッシャルクレンジングジェルは、ウォータープルーフの日焼け止めや化粧品なども落とせますし、一般的なグルーで接着していれば、マツエクをつけたままでもOK、洗顔料を兼ねているためにW洗顔が不要というのが嬉しいですね。

さらには、リリセッシャルクレンジングジェルに含まれる美容成分が肌に浸透することで、基礎化粧品も不要になるというと驚くのではないでしょうか。

しかし、そんな都合のいい話が本当にあるのかと思うでしょうし、肝心のクレンジングすら不十分だと意味がありません。
リリセッシャルクレンジングジェルでW洗顔は不要になるのでしょうか?

リリセッシャルクレンジングジェルの特徴

リリセッシャル クレンジングジェル 特徴

まずは、リリセッシャルクレンジングジェルの特徴をまとめました。

ジプロピレングリコール(DPG)で汚れを洗い流す

ジプロピレングリコール DPG

リリセッシャルクレンジングジェルは、クレンジング成分としてジプロピレングリコール(DPG)を配合しています。

一般的に、DPGは保湿剤として化粧品などに配合されており、BG(ブチレングリコール)と同じ扱いをされることも珍しくありません。

皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用、TEWL抑制によるバリア改善作用、抗菌・防腐による製品安定化剤目的で化粧品に配合される成分、DPG(ジプロピレングリコール)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。
リリセッシャルクレンジングジェルではBGも使用しています。

DPGは油性のメイクなどを溶かす「溶剤」としてのはたらきがあるために、クレンジング剤として使われることが増えている成分です。
しかし、以下のように肌トラブルの原因になりかねない、敏感肌に危険などと問題点を指摘する人もいます。

昔は配合規制の対象でもあったようですが、(中略)かなりの高濃度配合ということになります。
原料が安価であることのほうが、肌への刺激を考慮することよりも優先された結果なのでしょう。
(中略)
クレンジングや洗顔は毎日行うものなので、仮に刺激を感じていなくても、長期間使用することによって、残留性が高いDPGが蓄積され、肌細胞への刺激物となって肌トラブルの元凶にならないとも限りません。
引用元:美人になる法則

DPGは目にしみる成分なので、アイメイクを落とす際には目に入らないように注意しましょう。
敏感肌の刺激になる成分でもあります。
引用元:エキサイトニュース「透明感は増さないし、目&皮膚刺激に要注意「うる落ち水クレンジング」【本当はヤバイクレンジング】」

リリセッシャルクレンジングジェルは、ウォータープルーフのメイクアップ化粧品や日焼け止めなども落とせます。
ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルも含まれているため、毛穴汚れやアクネ菌の洗浄も行えます。

リリセッシャルクレンジングジェルを使うことでW洗顔は不要になります。

マツエクをつけたままでも使える

リリセッシャルクレンジングジェルは、一般的なグルー(シアノアクリレート系グルー)を用いて接着したマツエクであれば、問題なく使えます。

接着状態によってはマツエクが剥がれる場合もありますが、基本的には問題ありません。

美容成分・保湿成分を贅沢に配合

リリセッシャルクレンジングジェルは、美容液を思わせるかのように、美容成分を贅沢に配合しています。

  • フラーレン(エイジングケア)
  • サンザシ(ソフトピーリング)
  • ナツメ果汁(ソフトピーリング)
  • グレープフルーツ(ソフトピーリング)
  • オレンジ(ソフトピーリング)
  • レモン(ソフトピーリング)
  • リンゴ(ソフトピーリング)
  • ライム(ソフトピーリング)
  • 加水分解卵殻膜(コラーゲン増進)
  • 水溶性コラーゲン(コラーゲン増進)
  • 加水分解エラスチン(コラーゲン増進)
  • オリーブスクワラン(保湿)
  • アルガニアスピノサ核油(保湿)
  • ツバキ種子油(保湿)
  • シア脂(保湿)
  • ヒアルロン酸(保湿)
  • 3種のセラミド(NP/NG/AP)(保湿)
  • 乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液(肌バリア)
  • スイゼンジノリ多糖体(肌バリア)
  • (アスコルビル/トコフェリル)リン酸K(ビタミンC・E誘導体)(毛穴の引き締め)

無添加/低刺激

リリセッシャルクレンジングジェルは、以下の成分を使用していません。

  • パラベン
  • 鉱物油(ミネラルオイル)
  • アルコール(エタノール)
  • 石油系界面活性剤
  • 合成着色料
  • 紫外線吸収剤
  • 合成香料
  • シリコーン

リリセッシャルクレンジングジェルの口コミ・評判は良い?悪い?

リリセッシャル クレンジングジェル 口コミ 評判

リリセッシャルクレンジングジェル利用者の口コミを集めました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

悪い口コミ

W洗顔も不要ということでしたが、ちょっとつっぱる気が・・・
私には合ってなかったのかもしれません。
保湿はしっかりしてあげた方が良さそうです。
引用元:毛穴レスFACE

美容液がいらないというのは言い過ぎかなぁ・・・
しっかり汚れを落とした後なので比較的保湿はしっかりしないと、結局いつもの化粧水とかが意味がないという声もありますが、私はやっぱりやらないとカサっとした感じになります。

刺激はそんなにかかる印象もなく、潤った感じはたしかにありますが、保湿全般が不要ということにはならないと思います。
引用元:毛穴レスFACE

良い口コミ

W洗顔不要ってあったけど、ちょっと不安だったからコットンに乳液つけてなじませてみた(オードムーゲ切れたところだった)けど、何もつかず…!!
W洗顔不要のって、落ちきれていないor落ちすぎる問題のどっちかがある事が多い気がしていて。
ちょっとこれは良いかもしれない♪
ひとまず1本使ってみよう♪
引用元:インスタグラム(リンク切れ)

口コミ評判まとめ

リリセッシャルクレンジングジェルでメイク汚れが落ちたのはもちろんのこと、W洗顔や基礎化粧品によるスキンケアが不要になったという人もいれば、真逆のことを言う人もいたりとさまざまです。

肌質はもちろんのこと、メイクアップ化粧品や日焼け止めなどの使用状況によって個人差が出るため、一概に嘘やデタラメな口コミを書いているわけではないという点には注意が必要です。
(中には、嘘やデタラメ、おおげさもあるかもしれません)

W洗顔不要に関しては、使用前は信用していない人が多い印象ですが、実際にリリセッシャルを使って満足したという口コミが多かったです。

その他、肌の刺激がなかった、使用後の肌の突っ張りがなかった/つっぱった、スキンケアの仕上がりが変わった、毛穴やニキビの悩みが改善されたなどの意見がありました。

リリセッシャルクレンジングジェルの評価は?

リリセッシャルクレンジングジェル 評価

アットコスメなど、口コミサイトなどでのリリセッシャルクレンジングジェルの評価は見つかりませんでした。
今後も調査を続けてまいります。

リリセッシャルクレンジングジェルに含まれている成分を解析

リリセッシャル クレンジングジェル 成分

リリセッシャルクレンジングジェルで使われている全ての原材料を一覧にまとめました。

水、DPG、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ペンチレングリコール、グリセリン、BG、スクワラン、アルガニアスピノサ核油、ツバキ種子油、シア脂、グリチルリチン酸2K、アラントイン、アミノカプロン酸、加水分解卵殻膜、加水分解エラスチン、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、セラミドNP、セラミドNG、セラミドAP、フラーレン、(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K、PVP、 乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、スイゼンジノリ多糖体、ライム果汁、オレンジ果汁、レモン果汁、水添レシチン、ダイズステロール、サンザシエキス、ナツメ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、リンゴ果実エキス、ポリソルベート60、キサンタンガム、カルボマー、水酸化K、ラベンダー油、フェノキシエタノール、トコフェロール

副作用の心配は?

リリセッシャルクレンジングジェル 副作用

「リリセッシャルクレンジングジェルは医薬品ではないので副作用は存在しない」と断言している人もいますが、詳しく調べたところ、問題点が見つかりました。

フェノキシエタノールやペンチレングリコールは、ごくまれに皮膚炎などのアレルギー症状が起こる可能性があることが判明しています。
この症状はアトピーや食物アレルギーなどの有無とは関係なく起こります。

また、植物成分に対するアレルギーが有ると、同様に皮膚炎が起こる可能性があります。

いずれかの副作用が出た場合には、使用を中止して体調の回復を優先させましょう。
具合が悪い状態が続く場合、急激に体調が悪化した場合には、医師の診察を受けたほうが良いです。

DPGは安全・危険と両極端な意見が見られますが、最近の検証などから考えると、安全だと思って差し支えないでしょう。

化粧品犬です。牛乳石鹸 カウブランド 無添加シャンプー・トリートメントの解析をやっていますが。このアイテムで避けて通れないのがDPG(ジプロピレングリコール)…

リリセッシャルクレンジングジェルの効果的な使い方は?

リリセッシャル クレンジングジェル 使い方 効果

リリセッシャルクレンジングジェルは、一般的なクレンジング剤と同じように使えます。
ぬるま湯でクレンジング剤が残らないように洗い流すことで、W洗顔をする必要がなくなります。

1回あたりの使用量は「さくらんぼ大」程度で十分です。

なお、リリセッシャルクレンジングジェルのセールスポイントである「美容液不要」というのは個人差があるため、誰にでも当てはまるわけではありません。

日頃から基礎化粧品をそれほど使っていない人であれば、実感しやすいと思われます。
一方、乾燥肌の人はもちろんのこと、ライン使いやオールインワンの人からすると物足りなさを感じるかもしれません。

必要に応じて、基礎化粧品を使ってスキンケアを行うようにしてください。

リリセッシャルクレンジングジェルの販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

リリセッシャル クレンジングジェル 販売店 値段

リリセッシャルクレンジングジェルは、どこで買えるのでしょうか?
最低価格なども含めて詳しく調べました。

店頭販売はしているのか?

販売元に確認したところ、通販限定商品とのことでした。

市販はされていますが、ドラッグストアや薬局、コンビニやスーパー、バラエティストアなどでは購入できません。

通信販売で最も安く買えるのは?

リリセッシャルクレンジングジェルは販売元直営の通販サイトで販売していますが、それ以外にも、

  • amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

などのネットショップで販売されていることが確認できました。

価格は在庫状況や競合店舗との価格競争によって変動することから、安く買えたらラッキーですね。

販売元直営の公式通販サイトでは、初回限定で1本2,980円(税別、送料込)で販売しています。
自動的に定期購入に切り替わることはありませんので安心してください。

リリセッシャルクレンジングジェルには30日間の返金保証が用意されているため、肌に合わない・満足できないという場合でも安心です。

>>リリセッシャルクレンジングジェルを公式サイトから購入する

まとめ

いかがでしたか?
W洗顔不要で、スキンケアも同時に行えるというリリセッシャルクレンジングジェル

洗浄力に関しては満足している人が多いですが、肌質や普段使っているメイクアップ化粧品などによっては相性が悪い場合もあるため、一度、試してみるといいですね。

リリセッシャルクレンジングジェルの最新情報は公式サイトでも発信していますので、確認してみてください。

>>リリセッシャルクレンジングジェルの公式サイトはこちら