ジージーサビナ(GG sabina)の効果は?口コミや評判が気になる!

ジージーサビナ GG sabina

江崎グリコの「ジージーサビナ(GG sabina)」は、サプリと基礎化粧品で「内と外のエイジングケア」が行えます。

ジージーサビナで使われているスペイン産の赤パプリカは抗酸化物質「キサントフィル」が豊富に含まれており、アスタキサンチンやトマトを超えます。

その他にも、ジージーサビナはマンゴスチンや梅、じゃがいもやトウモロコシ、青みかんと、食品メーカーらしく食品由来成分を厳選して使用しています。

しかし、ジージーサビナの口コミを見ていると、効果なし、イマイチなどといった悪い評判も見つかりました。
ジージーサビナは本当にエイジングケアに役立つのでしょうか?



ジージーサビナ(GG sabina)の特徴

ジージーサビナ GG sabina 特徴

まずは、ジージーサビナの特徴をまとめました。

サプリメントと基礎化粧品でダブルのエイジングケア

ジージーサビナは

  • 体の中からエイジングケアをサポートするサプリメント
  • 年齢肌をサポートする基礎化粧品(化粧水、クリーム)

が用意されています。

ジージーサビナは、サプリと化粧品をセットで使っても構いませんし、どちらか必要なものだけを選んで使っても構いません。

スペイン産の赤パプリカ由来成分を使用

スペイン産 赤パプリカ

パプリカというと韓国産のものがスーパーで売られていることが多いですが、スペイン産の赤パプリカは30cm以上に生育するなど大きいのが特徴的です。

また、スペイン産の赤パプリカは、抗酸化物質「キサントフィル」を4種類(カプサンチン、カプソルビン、カプサンチンエポキシド、クリプトカプシン)も含んでいます。

パプリカキサントフィル

江崎グリコでは、このスペイン産の赤パプリカにかぼちゃ、青みかん、トウモロコシに含まれる3種類のキサントフィルを加えた7種類を「パプリカキサントフィル」と呼んでおり、アスタキサンチンを超える抗酸化力があることを確認しました。

厳選した食品由来成分を配合

江崎グリコというとお菓子や加工食品が主力商品ですが、創業者の江崎利一氏が大正8年にカキの煮汁から発見したグリコーゲンを始めとして、グリコ健康科学研究所を中心に、国内外の食材に含まれる栄養素や成分を分析・検証しています。

ようこそ、江崎グリコ(Glico)のWebサイトへ。企業情報や商品情報、お得なキャンペーン情報、さらには便利で役立つコンテンツなどをご紹介しています。

ジージーサビナでは、スペイン産の赤パプリカ以外にも、食品由来の成分を厳選して配合しています。

  • マンゴスチンエキス
  • ウメ果実エキス
  • EAPグリコーゲン(トウモロコシ由来)
  • POs-Ca(じゃがいも由来)
  • ペスペリジン(青みかん由来)
化粧品は、12種類の植物成分やヒアルロン酸やマリンコラーゲンなどの保湿成分も配合しています。

ジージーサビナ(GG sabina)の口コミ・評判は良い?悪い?

ジージーサビナ GG sabina 口コミ 評判

次に、ジージーサビナ利用者の口コミを集めました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

悪い口コミ

調査したところ、最も多かったのは効果に対する悪い口コミです。

グリコは食品のイメージが強いメーカーですが、世界へ誇る成分研究の実績があります。
それだけにスキンケアの効果に大きな期待を抱いて使う方が多いのは当然でしょう。
ところが使用者から聞こえてきたのは、エイジング世代の肌の悩みであるシミ・くすみ・しわの改善への落胆の声でした。

次に多かったのは、化粧水やクリーム使い心地に関する悪い口コミです。
素肌に毎日使うものだからこそ、使いやすさやテクスチャは重要です。

成分を心配する声や、サプリメントの実感が現れる期間に対して厳しい声もありました。
引用元:mybest

良い口コミ

身体の事を考えて、大豆食品とこちらを1日に3回目安にして飲み始めています。
体重が落ちたので嬉しいです。
引用元:amazon

グリコのエイジングケアのggシリーズのサプリメント
なかなか毎日の食事ではレッドパプリカをたくさん食べることができないので手軽に摂取できるのが嬉しいです。

飲み続けていたら、朝の肌の感触が違ってきました。
潤いを帯びてきた感があります。
引用元:ごはんの時間

口コミ評判まとめ

ジージーサビナの口コミは賛否両論となっています。
ジージーサビナのサプリ・化粧品に満足している人が多いですが、さまざまな不満をもつ人も少なくない印象です。

その他、サプリはカプセルが大きめ/小さめ、体調を崩した、化粧品は肌荒れを起こした、べとつきを感じるなどの意見がありました。

ジージーサビナ(GG sabina)の評価は?

ジージーサビナ GG sabina 評価

アットコスメなど、口コミサイトなどでのジージーサビナの評価をまとめました。

@コスメ サプリメント 評価
@コスメ 化粧水 評価
@コスメ クリーム 評価
LIPS 評価

ジージーサビナが、口コミサイトで高く評価されていることがわかります。



ジージーサビナ(GG sabina)に含まれている成分を解析

ジージーサビナ GG sabina 成分

ジージーサビナで使われている全ての原材料を一覧にまとめました。

サプリメント

原材料

植物油脂、マンゴスチンエキスパウダー

食品添加物

パプリカ色素、加工デンプン、グリセリン、増粘多糖類、乳化剤、光沢剤

化粧水(アクティブフェイスローション)

水、BG、グリセリン、DPG、ベタイン、ペンチレングリコール、グリコーゲン、α-アルブチン、カプサンチン/カプソルビン、グルコシルヘスペリジン、ホスホリルオリゴ糖Ca、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、グルコシルセラミド、ツボクサエキス、加水分解イナゴマメ種子エキス、シトルスジャバラ果皮エキス、ウメ果実エキス、オリーブ葉エキス、コウヤマキ枝/葉エキス、センチフォリアバラ花エキス、ゴレンシ葉エキス、ヒメフウロエキス、オニイチゴ根エキス、ローマカミツレ花エキス、カンゾウ葉エキス、テンニンカ果実エキス、マタタビ果実エキス、セリン、バリン、アルギニン、アスパラギン酸、グリシン、アラニン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、PCA、PCA-Na、アセチルヒドロキシプロリン、アルギン酸Na、クエン酸、クエン酸Na、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、トコフェロール、乳酸Na、キサンタンガム、ジグリセリン、グリセレス-26、α-グルカン、ポリソルベート20、ペンテト酸5Na、ポリクオタニウム-61、PEG-60水添ヒマシ油、カノラ油、フェノキシエタノール

クリーム(アクティブフェイスクリーム:エンリッチ)

水、BG、グリセリン、水添ヤシ油、トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、シア脂、エチルヘキサン酸セチル、ジメチコン、ベヘニルアルコール、水添パーム核油、アラキジルアルコール、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、グリコーゲン、α-アルブチン、カプサンチン/カプソルビン、グルコシルヘスペリジン、ホスホリルオリゴ糖Ca、加水分解コラーゲン、加水分解エラスチン、グルコシルセラミド、セラミドNP、セラミドEOP、セラミドNG、セラミドAP、フィトスフィンゴシン、ツボクサエキス、加水分解イナゴマメ種子エキス、シトルスジャバラ果皮エキス、ウメ果実エキス、オリーブ葉エキス、コウヤマキ枝/葉エキス、センチフォリアバラ花エキス、ゴレンシ葉エキス、ヒメフウロエキス、オニイチゴ根エキス、ローマカミツレ花エキス、カンゾウ葉エキス、テンニンカ果実エキス、マタタビ果実エキス、ミツロウ、キサンタンガム、アラキルグルコシド、ステアリン酸グリセリル(SE)、α-グルカン、(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリン/ジメチルアクリルアミド)クロスポリマー、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、グリチルレチン酸ステアリル、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、トコフェロール、ステアロイルラクチレートNa、ポリクオタニウム-61、水添パーム油、カノラ油、フェノキシエタノール

副作用の心配は?

ジージーサビナ GG sabina 副作用

「ジージーサビナは医薬品ではないので副作用は存在しない」と断言している人もいますが、詳しく調べたところ、問題点が見つかりました。

いずれかの問題点が出た場合には、使用・摂取を中止して体調の回復を優先させましょう。
具合が悪い状態が続く場合、急激に体調が悪化した場合には、医師の診察を受けたほうが良いです。

食物アレルギー

まず気になるのが食物アレルギーではないでしょうか?

特定原材料7品目と特定原材料に準ずる20品目に当てはまるのは、大豆です。

それ以外にも、ジージーサビナにはアレルゲンとなる食材や成分が含まれているかもしれません。
食物アレルギーのある人は事前にチェックしておくと安心です。

過剰摂取

ジージーサビナのサプリの摂取量を増やしても効果が高まるわけではありません。
ジージーサビナの摂取量が多すぎると、栄養分のとりすぎとなるために、体調不良が起こる可能性があります。

1日の目安量を守った上で使うようにするといいですね。

他のサプリや薬との飲み合わせ

ジージーサビナと他のサプリメントや薬との飲み合わせで、効果が強くなりすぎたり、逆に弱まる可能性があります。
気になることがあれば、医師や薬剤師に相談するといいでしょう。

化粧品の問題点

フェノキシエタノール、ペンチレングリコール(化粧水のみ)は、ごくまれに皮膚炎などのアレルギー症状が起こる可能性があることが判明しています。
この症状はアトピーや食物アレルギーなどの有無とは関係なく起こります。

また、植物成分に対するアレルギーが有ると、同様に皮膚炎が起こる可能性があります。
食物アレルギーがある場合、皮膚につけてもトラブルが起こる場合があります。

妊娠中/授乳中に使っても大丈夫?

妊娠中/授乳中の摂取・使用に関して、特別な注意喚起は行われていません。

なお、デリケートな時期のため、気になることがあれば摂取・使用を中止して、医師に相談したほうがいいでしょう。

ジージーサビナ(GG sabina)を効果的に飲むためには?効果的な使い方は?

ジージーサビナ GG sabina 使い方 飲み方

ジージーサビナは、サプリのみ・化粧品のみという使い方も可能ですが、併用することにより相乗効果が期待できます。

サプリは1日2粒を目安として、毎日飲み続けるといいでしょう。
1回で2粒飲んでもいいですし、2回に分けて飲んでも構いません。

また、化粧水・クリームは、一般的な基礎化粧品と同じように使っても問題ありません。
1日2回のスキンケアのタイミングで使うと効果的です。

ジージーサビナの化粧水の後にクリームを続けて使っても構いませんし、他社の美容液や乳液などを間に挟んでもいいですが、配合成分によっては相性が悪い場合があります。

気になる場合があれば、それぞれのメーカーに問い合わせるといいでしょう。

ジージーサビナ(GG sabina)の販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

ジージーサビナ GG sabina 販売店 値段

ジージーサビナは、どこで買えるのでしょうか?
最低価格なども含めて詳しく調べました。

店頭販売はしているのか?

販売元に確認したところ、通販限定商品とのことでした。

市販はされていますが、ドラッグストアや薬局、コンビニやスーパー、バラエティストアなどでは購入できません。

通信販売で最も安く買えるのは?

ジージーサビナは販売元直営の通販サイトで販売していますが、それ以外にも、

  • amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

などのネットショップで販売されていることが確認できました。

価格は在庫状況や競合店舗との価格競争によって変動することから、安く買えたらラッキーですね。

販売元直営の公式通販サイトでは、サプリが1袋61粒入り3,800円、化粧水が1本4,200円、クリームが1本5,600円(いずれも税別、送料別)で販売しています。

定期購入はあるのか?

ジージーサビナは、販売元直営の公式通販サイトで定期購入を扱っています。

サプリのみの定期購入だと、初回1,800円、2回目以降は15%OFFの3,230円(いずれも税別、送料込)となります。

また、サプリと化粧水・クリームがセットになった「フルコースセット」は、初回4,800円、2回目以降は20%OFFの10,880円(いずれも税別、送料込)となります。

ジージーサビナの定期購入には、最低購入回数のシバリはありません。
初回分を受け取った後であれば、いつでも自由に定期購入を解約できます。

>>ジージーサビナ(GG sabina)を定期購入する

定期購入の解約方法は?

ジージーサビナの定期購入を解約する場合には、どのような手続きが必要なのでしょうか。

現在は電話で解約を受け付けています。
その場で解約手続きは完了します。

解約手続き申し込み締切日は、次回配送予定日の10日前です。
締切日をすぎると次回分を受け取ってからの解約になります。

まとめ

いかがでしたか?
スペイン産の赤パプリカに含まれる抗酸化物質「キサントフィル」などを配合したエイジングケア「ジージーサビナ」(GG sabina)

ジージーサビナではサプリと化粧品の併用が推奨されていますが、どちらか一方を選ぶ場合はサプリのほうがいいでしょう。

ジージーサビナの最新情報は公式サイトでも発信していますので、確認してみてください。

>>ジージーサビナ(GG sabina)の公式サイトはこちら