はつらつ堂の醗酵黒豆は血圧や体重などへの効果なし?口コミはどう?

はつらつ堂 醗酵黒豆

はつらつ堂の醗酵黒豆は、北海道産の黒豆を、熊本県を流れる球磨川上流のきれいな地下水と、酒造会社で焼酎作りの際に長年使われてきた米麹でじっくりと発酵させた健康飲料です。

醗酵黒豆にはアルコールは一切含まれない一方、クエン酸やアントシアニン、さらには17種類のアミノ酸やイソフラボンなどの栄養分が豊富に含まれています。
醗酵黒豆1回分で40粒相当の黒豆を摂取できますし、黒豆そのものを食べるよりも栄養価が高くなっています。

醗酵黒豆に含まれる栄養分の働きによって、血圧や体重などのサポートに役立ちますが、口コミを見ていると満足している人が多い一方、期待はずれ、効果なしといった内容のものも見つかりました。

はつらつ堂の醗酵黒豆で満足できる結果が得られるのでしょうか?

はつらつ堂の醗酵黒豆の特徴

はつらつ堂 醗酵黒豆 特徴

まずは、醗酵黒豆の特徴をまとめました。

黒豆を発酵させることで栄養分をまるごと摂取

黒豆には、アントシアニンやイソフラボン、ポリフェノールやアミノ酸、オリゴ糖などの栄養分が含まれており、健康維持やダイエットサポートに役立ちます。
産地によって栄養素の量には差が出ますが、醗酵黒豆では北海道産のものを使用しています。

醗酵黒豆では米麹による発酵という一手間をかけています。

黒豆を調理すると、熱や水分などによって栄養素が失われてしまいますが、専用の桶でじっくりと熟成させることにより、黒豆の栄養分をそのまま摂取できます。

球磨川流域のきれいな天然水を使用

球磨川 天然水

醗酵黒豆は、熊本県の焼酎製造業者にて製造されています。

熊本県の人吉盆地から八代平野を流れる球磨川は農業用水、工業用水、水力発電などと幅広く活用されていますし、水質が良好なことから焼酎製造などにも使われています。

醗酵黒豆では球磨川上流の伏流水(地下水)を汲み上げており、黒豆の洗浄や煮込む際などに使用しています。

無添加

醗酵黒豆は、保存料、甘味料、着色料などの食品添加物を使用していません。

黒大豆(黒豆)と米麹のみというシンプルな原料から作られています。

はつらつ堂の醗酵黒豆の口コミ・評判は良い?悪い?

はつらつ堂 醗酵黒豆 口コミ 評判

次に、はつらつ堂の醗酵黒豆利用者の口コミを集めました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

悪い口コミ

これを飲んだだけで痩せる、とは言えないです
引用元:ダイエットカフェ

良い口コミ

毎日おちょこ一杯という少量だったが、代謝を上げる効果と血圧を下げる効果があるという評判に期待を込めて飲み続けた。
「飲み始めた途端に体が軽く感じましてね。これ1本に賭けて、のんびりと体重を落としていこうと思ったんです」

この期待が現実として現れたのが3力月後。
「スカートがどんどんゆるくなったのです」

飲用開始から1年半後には体重50kgまで落ち、16kgの減量に成功。
80cmあったウエストサイズは62センチに。

そして降圧剤を飲んでも160mmHgあった血圧は、薬なしで120mmHg前後の正常値になっている。
「体重コントロールがこんなに簡単にできるなんて。これからも飲み続けます」
引用元:販売店はどこ?Amazonと楽天を比較して最安値を買いましょう!

以前(2月20日から3ヶ月間)飲んでいたはつらつ堂の「醗酵黒豆」を再開しようか思案していた。
前回、醗酵黒豆を止めたのは、血圧が下がって来たからで、まさかまた上昇するとは思っても見なかったので、休止していたのだ。
自分的には、血圧を下げる効果があったと判断している。
引用元:PPK健康法ーコルナロの無病法と自然栽培

以前、黒豆ダイエットが流行した時に、酢に黒豆を瓶詰して柔らかくして食べてみましたが、美味しくなくて捨ててしまいました。
また、調理するとなると煮豆などしかなく、毎日摂取するのはかなり難しいと思います。

そうなってくると、はつらつ堂の醗酵黒豆のように手軽な健康ドリンクとかで補うというのが一番いい方法ですね。
引用元:主婦の口コミネット

口コミ評判まとめ

醗酵黒豆の口コミは賛否両論となっています。
醗酵黒豆で満足している人がいる一方、何も変わらない、太った、血圧が上がったなどといった不満も見つかりました。

その他、値段が高い、目覚めが良くなった、下痢が悪化したなどの意見がありました。

はつらつ堂の醗酵黒豆の評価は?

はつらつ堂 醗酵黒豆 評価

口コミサイトなどでの醗酵黒豆の評価は見つかりませんでした。
今後も調査を続けてまいります。

ちなみに、販売元が公開しているデータによると、累計販売数100万本を突破(2019年7月末)、購入者の93%が定期購入を希望しています。

はつらつ堂の醗酵黒豆に含まれている成分を解析

はつらつ堂 醗酵黒豆 成分

醗酵黒豆で使われている全ての原材料を一覧にまとめました。

原材料

黒大豆(遺伝子組み換えではない)、米麹

食品添加物

(なし)

はつらつ堂の醗酵黒豆の問題点は?

はつらつ堂 醗酵黒豆 副作用

「醗酵黒豆は医薬品ではないので副作用は存在しない」と断言している人もいますが、詳しく調べたところ、問題点が見つかりました。

いずれかの問題点が出た場合には、摂取を中止して体調の回復を優先させましょう。
具合が悪い状態が続く場合、急激に体調が悪化した場合には、医師の診察を受けたほうが良いです。

食物アレルギー

まず気になるのが食物アレルギーではないでしょうか?

特定原材料7品目と特定原材料に準ずる20品目に当てはまるのは、大豆です。

それ以外にも、米麹に対するアレルギーのある人は避けたほうが無難です。

過剰摂取

醗酵黒豆の摂取量を増やしても効果が高まるわけではありません。
摂取量が多すぎると、栄養分のとりすぎとなるために、体調不良が起こる可能性があります。

1日の目安量を守った上で使うようにするといいですね。

他のサプリや薬との飲み合わせ

醗酵黒豆と他のサプリメントや薬との飲み合わせで、効果が強くなりすぎたり、逆に弱まる可能性があります。
気になることがあれば、医師や薬剤師に相談するといいでしょう。

妊娠中/授乳中に使っても大丈夫?

販売元からは、妊娠中・授乳中の摂取に関する注意喚起は行われていません。
このため、醗酵黒豆を摂取しても問題ないと考えられますが、大豆イソフラボンが含まれているために、体質や体調によっては体調不良が起こるかもしれません。

デリケートな時期のため、醗酵黒豆を飲んで体調の変化を感じたら、いったん摂取を中止して、医師に相談したほうがいいでしょう。

はつらつ堂の醗酵黒豆を効果的に飲むためには?効果的な使い方は?

はつらつ堂 醗酵黒豆 飲み方 効果

醗酵黒豆は薬ではないため、飲むタイミングや量が厳密に決められているわけではありません。
1日の摂取量の目安とされる50mLを毎日飲み続けることが重要です。

醗酵黒豆はストレートで飲むことができるため、水などで薄める必要はありませんが、あなたの好みに応じて、牛乳や豆乳などに混ぜて飲んでもいいでしょう。

口コミを見ていると、2ヶ月程度飲み続けた頃に、醗酵黒豆の効果を実感しはじめたという人が多い印象です。

はつらつ堂の醗酵黒豆の販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

はつらつ堂 醗酵黒豆 販売店 値段

醗酵黒豆は、どこで買えるのでしょうか?
最低価格なども含めて詳しく調べました。

店頭販売はしているのか?

販売元に確認したところ、通販限定商品とのことでした。

市販はされていますが、ドラッグストアや薬局、コンビニやスーパー、バラエティストアなどでは購入できません。

通信販売で最も安く買えるのは?

醗酵黒豆は販売元直営の通販サイトで販売していますが、それ以外にも、

  • amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

などのネットショップで販売されていることが確認できました。

価格は在庫状況や競合店舗との価格競争によって変動することから、安く買えたらラッキーですね。

販売元直営の公式通販サイトでは、1本720mL入3,800円(税別、送料別)で販売しています。

定期購入はあるのか?

醗酵黒豆は、販売元直営の公式通販サイトで定期購入を扱っています。

初回は1本1,900円、2回目以降は2本7,600円(いずれも税別、送料込)で販売しています。

なお、醗酵黒豆の定期購入には、最低購入回数のシバリはありません。
初回分を受け取った後であれば、いつでも自由に定期購入を解約できます。

>>はつらつ堂の醗酵黒豆を定期購入する

定期購入の解約方法は?

醗酵黒豆の定期購入を解約する場合には、どのような手続きが必要なのでしょうか。

現在は電話、メールで解約を受け付けています。

電話の場合は、その場で解約手続きは完了します。

メールの場合は、担当者が営業時間内に確認した後に、返信メールが届いた時点での解約となります。
送信した内容に不備があると、担当者から確認のメールや電話が来ますので、手続完了まで更に時間がかかります。

急ぎの場合は、電話で解約手続きをしたほうが良いでしょう。

解約手続き申し込み締切日は、次回配送予定日の7日前です。
締切日をすぎると次回分を受け取ってからの解約になります。

まとめ

いかがでしたか?
黒豆の栄養分を米麹による発酵熟成によって引き出した「はつらつ堂の醗酵黒豆」。

短期間では体重や血圧に対する効果を実感するのは難しいため、数ヶ月程度は続けてから判断するといいでしょう。

醗酵黒豆の最新情報は公式サイトでも発信していますので、確認してみてください。

>>はつらつ堂の醗酵黒豆の公式サイトはこちら