除毛クリームちゅらりもで脱毛できる?VIOゾーンには使えるの?

ちゅらりも

日本一夏が長い沖縄発の薬用「ちゅらりも」。
医薬部外品の除毛クリームです。

薄着でいる期間が長いからこそ、ムダ毛や産毛などのケアが長期間にわたって必要になります。

ちゅらりもは除毛だけでなく、保湿することで肌のケアを行い、さらには、抑毛効果までも得られるそうですが、果たして、期待通りの結果になるのでしょうか?

ちゅらりも

除毛、脱毛、抑毛の違いは?

抑毛は「新たに毛が生えてくるのを抑える」という意味で、除毛や脱毛とは違うことはわかります。

一方、除毛と脱毛は同じような意味だと誤解されていますが、大きな違いがあります。


出典:QLEO「自宅脱毛の完全ガイド」

脱毛は毛根(毛包)から毛ごと抜いてしまうのに対し、除毛は皮膚に出ている部分の毛だけを取り除きますが、皮膚の下にある毛根に隠れた毛はそのまま残ります。

医療脱毛や脱毛サロンで行うのは、文字通りの「脱毛」ですが、家庭で行える脱毛としては、毛抜きやテープ、ブラジリアンワックスや脱毛器など限られます。

ちゅらりもは除毛クリームのため、脱毛効果は期待できません。

ちゅらりもの特徴

ちゅらりも 特徴

除毛クリーム「ちゅらりも」の特徴をまとめました。

低刺激でも除毛効果が得られる

「ちゅらりも」も一般的な除毛クリームと同様にチオグリコール酸カルシウムが配合されています。

チオグリコール酸カルシウムは毛のタンパク質を溶かして除毛しますが、毛だけでなく肌のタンパク質も溶かして荒らしてしまうのではないかという懸念は常につきまといます。

最も深刻なデメリットは、肌へのダメージの大きさです。
毛のタンパク質を溶かすアルカリ性の成分は、肌のタンパク質にも刺激を与えます。
肌が弱い人は、ピリピリとした痛みを感じるかもしれません。生理前や妊娠・授乳中の敏感な肌へ使用した場合も、痛みが強く出る可能性があります。
刺激による肌荒れや色素沈着はもちろん、毛穴へのダメージも大きいため、毛穴の黒ずみにつながることもあります。
引用元:新宿マリアクリニック「脱毛クリームの本当の姿とは」

これだけ脅されると、除毛クリームに対して塩酸や硫酸などの「劇薬」と同じイメージを持つかもしれませんが、誇張した表現が各所に見られます。

市販の除毛クリームを使っても、肌が溶けてただれたり、化学やけどをするほどに皮膚を痛めつける心配はありません。

ちゅらりもは第三者機関で化粧品パッチテストを行っており、いずれの試験にも合格しています。保湿成分だけでなく、肌荒れに対するケア成分も配合されていることから、敏感肌の人でも安心して使えます。

抑毛成分を配合

ちゅらりもは除毛するだけでなく、新たなムダ毛の発生を抑える抑毛成分として大豆イソフラボンが配合されています。

大豆イソフラボンには毛周期を遅らせる効果があります。

ラベンダーの香りで癒やされる

除毛剤特有のツンとしたニオイが苦手な人でも安心して使えるように、ちゅらりもには天然のラベンダーの香りが配合されています。

ラベンダーはアロマオイルとしても使われており、自律神経のバランスを調整したり、痛みや炎症などの鎮静効果があることが知られています。

ちゅらりもの口コミ・評判は良い?悪い?

ちゅらりも 口コミ 評判

ちゅらりも利用者の口コミを集めました。

良い口コミ

私は産毛のケアにちゅらりもを使ってるんですが、ちゃんと太い毛も除毛できるのかなと思って、彼氏のすね毛にも使ってもらいました。
一回では全部のすね毛を抜くことはできませんでしたが、2~3回くらい続けてもらったらちゃんとキレイに除毛できてました。
ちゅらりもは女性に使えるくらいにお肌に優しいのに、男の人のムダ毛が処理できるくらいに除毛力もしっかりしてるみたいです!
引用元:美人キャリア

クリームが柔らかいのが特徴的です。
固めのクリームは、正直、塗りづらいんですよね。

10分間たったら洗い流しましょう。
綺麗に除毛することができました。
柔らかいから塗りやすいのが良かったと感じます。

ティッシュで拭くだけでほとんどのムダ毛が取れます。
細かい毛が気になる方はティッシュで拭き取った後、シャワーで洗い流すとキレイにクリームを取ることができます。
引用元:783LAB

悪い口コミ

塗ってしばらくすると、肌がピリピリする感じがあるな~と思ったのですが、水で流した後に腕をみたら赤いぶつぶつができて、痛いし痒いし最悪でした。
すぐに治りましたが、公式サイトに「肌に良い」と書いてあったので大丈夫だと思って買ったので残念です。
引用元:ステキにプラス

抑毛効果はそこまで…って感じです。
抑毛効果を期待してちゅらりもを購入したので、抑毛効果にも即効性がほしいなって思います。
引用元:キレイスキン

口コミ評判まとめ

ちゅらりもは化粧品パッチテストに合格していますが、それでも、肌荒れや痛みなどを感じる人はいました。
ラベンダーの香りも邪魔だし不快なだけだとか、除毛剤のニオイがマスキングできていないといった苦情もあります。

また、除毛効果に対しても個人差が有り、満足した人と不満だった人にわかれています。

ちゅらりもの評価は?

ちゅらりも 評価

口コミサイトなどでのちゅらりもの評価をまとめました。

モニプラ 評価
痩せnight 評価

アットコスメなど、主要な口コミサイトでは評価がされていませんでした。

見つけた範囲においては、高く評価されていることがわかります。

ちゅらりもに含まれている成分は?

ちゅらりも 成分

ちゅらりもで使われている全ての原材料を一覧にまとめました。
ちゅらりもは医薬部外品(薬用化粧品)のため、普通の化粧品とは成分表記が変わります。

有効成分
チオグリコール酸カルシウム
その他の成分
グリチルリチン酸2K、サクラ葉抽出液、大豆エキス、アロエエキス-2、カッコンエキス、クロレラエキス、尿素、流動パラフィン、セタノール、POE(6)ステアリルエーテル、POE(20)セチルエーテル、POE(30)オレイルエーテル、POE(40)セチルエーテル、ステアリルアルコール、ラウリルアルコール、オレイン酸ソルビタン、ミリストイルメチルタウリンNa、炭酸Na、水酸化Na、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、BG、メチルパラベン、精製水、香料

有効成分のチオグリコール酸カルシウムで除毛し、その他の成分で肌の保護や炎症を抑えるという配合になっています。

副作用の心配は?

ちゅらりも 副作用

ちゅらりもは医薬品ではないので副作用は存在しないと断言している人もいますが、詳しく調べたところ、問題点が見つかりました。

口コミでもあったように、肌荒れや赤み、炎症などが起こる人が一定数います。

ちゅらりもにはメチルパラベンが配合されているため、パラベンアレルギーのある人は皮膚炎が発症しますし、その他の植物成分に対してもアレルギーのある人は同様の症状が起こる可能性があります。

また、肌に優しいとか、除毛効果をしっかりと実感したいからと言って、ちゅらりもを30分、1時間と使い続けると、肌に刺激や痛みを感じる危険が高くなります。
塩酸などの劇薬のように即効性はありませんが、非常にゆっくりとしたペースで皮膚が徐々に溶け出す恐れがあるからです。

いずれかの副作用が出た場合には、使用を中止して体調の回復を優先させましょう。
具合が悪い状態が続く場合、急激に体調が悪化した場合には、医師の診察を受けたほうが良いです。

アレルギーなどの有無のチェックは、事前にパッチテストを済ませておくと安心です。

妊娠中に使っても大丈夫?

ちゅらりもには大豆イソフラボンが配合されていることから、ホルモンバランスが特に重要視される妊娠中や授乳中に使ってもいいものなのか気になりますよね。

「食べる」(消化吸収)のと「肌につける」(経皮吸収)のとでは、体内に吸収される仕組みが違うため、化粧品に関しては過剰に心配する必要はありません。

しかし、妊娠中・授乳中は、肌質が通常とは異なる場合がありますので、事前にパッチテストをしておくと安心です。

ちゅらりもを効果的に飲むためには?効果的な使い方は?

ちゅらりも 使い方 効果

ちゅらりもは一般的な除毛クリームと同じように使えます。
除毛したい部分にクリームを塗って、10分ほどしたらタオルやティッシュなどで拭き取り、水やぬるま湯で流すだけです。

ちゅらりもを塗る前は、肌に汚れがなく乾燥した状態にしておくことで、成分が毛穴に浸透しやすくなります。

また、クリームの量は多めのほうがいいです。
ちゅらりもで、除毛したいムダ毛がしっかりと覆われるようにしてください。

量が少ないと除毛効果が十分に得られないからです。

毛周期に合わせて、定期的に除毛することで、抑毛効果も実感できるようになります。

VIOゾーンなどには使える?

除毛クリームで気になるのが、VIOゾーンや口の周りなどの粘膜に近い敏感な場所ではないでしょうか?

少しでも刺激があれば、強い痛みを感じますし、肌荒れや水ぶくれ、赤みや湿疹などが起こりやすいことから、事前に確認しておきたいものです。

販売元に確認したところ、これらのデリケートな場所への使用は控えたほうがいいとのことでした。

口コミを見ていると、VIOゾーンの除毛に成功した人もいましたが、失敗してヒリヒリと痛みが続くなどの肌ダメージを受けた人も居たことから、デリケートな場所で試すのであれば自己責任でお願いします。

ちゅらりもとムーモのどちらがいい?

ムーモ moomo

ちゅらりもと比較対象としてあげられることが多いのが、ムーモ(moomo)です。
定期購入にした場合、値段はムーモの方が若干安いです。

ちゅらりもとムーモのどちらも機能的には同じようなもので、除毛、抑毛、肌ケアができる除毛クリームとなっています。
どちらもデリケートゾーンなどの使用は推奨していません。

チオグリコール酸カルシウムなどの濃度に関する情報は公開されていないことから、具体的な比較検証はできませんが、口コミなどで見る範囲では、ムーモの方が除毛力は高めという印象です。

肌質との相性があることから、ちゅらりものほうが向いている人もいれば、ムーモの方がいい人もいますので一概に良し悪しは決められません。

なお、ムーモの定期購入は最低購入回数のしばりがあるため、途中でやめられません。
ムーモを試す場合には、定期購入にしないほうがいいですね。

ちゅらりもの販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

ちゅらりもは、どこで買えるのでしょうか?
最低価格なども含めて詳しく調べました。

店頭販売はしているのか?

販売元に確認したところ、通販限定商品とのことでした。

市販はされていますが、ドラッグストアや薬局、コンビニやスーパー、バラエティストアなどでは購入できません。

通信販売で最も安く買えるのは?

販売元直営の通販サイトで販売していますが、それ以外にも、

  • amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

などで販売されていることが確認できました。

価格は在庫状況や競合店舗との価格競争によって変動することから、安く買えたらラッキーですね。

販売元直営の公式通販サイトでは、1個7,980円(税別、送料別)で販売しています。

定期購入はあるのか?

ちゅらりもは公式サイトで定期購入を扱っています。

現在はキャンペーン中につき2個セットとなっており、初回1,800円、2回目以降は4,980円(いずれも税抜き、送料込)と大幅にオトクです。

最低購入回数3回のシバリはありますが、30日間返金保証がついているため、安心して試せます。

>>ちゅらりもを定期購入で始める

定期購入の解約方法は?

ちゅらりもの定期購入を解約する場合には、どのような手続きが必要なのでしょうか。

現在は電話で解約を受け付けています。

電話連絡先:0120-4374-11
受付時間:平日9:00~18:00(土休日休み)

その場で解約手続きは完了します。

解約手続き申し込み締切日は、次回配送予定日の10日前です。
締切日をすぎると次回分を受け取ってからの解約になります。

まとめ

いかがでしたか。
他の除毛クリーム、抑毛クリームだと肌トラブルが起こって使えなかったという人でも満足できた「ちゅらりも」。

最新情報は公式サイトでも発信していますので、確認してみてください。

>>ちゅらりもの詳細はこちら