ウルミプラスは使い方を間違えると涙袋に効果なし?口コミはどう?

ウルミプラス

ウルミプラスは、ふっくらハリ、弾力、ボリュームが出るという涙袋専用クリームです。
涙袋を構成する眼輪筋と、その周辺の肌にハリと潤いを導き、ふっくらとした肌作りをサポートします。

「ウルミプラスを使えば、涙袋メイクが不要になる」とのことですが、使い方を間違えると期待はずれな結果になりかねません。

ウルミプラスで満足できる涙袋を作るためには、どのように使えばいいのでしょうか?
口コミや評判などもあわせて調べました。

urumi plus

ウルミプラスの特徴

ウルミプラス 特徴

まずは、ウルミプラスの特徴をまとめました。

塗りながらマッサージができる

マッサージ

ウルミプラスの先端チップは、涙袋をマッサージしやすい形状となっています。

ウルミプラスを塗りながら、同時にマッサージができるため、血行が良くなるだけでなく、眼輪筋を鍛えて、周辺の肌をふっくらとした状態に導いていきます。

ナノ化ヒアルロン酸が角質層に浸透

肌にうるおいをもたせるヒアルロン酸は分子量が大きいために浸透しづらい傾向があります。

このため、ウルミプラスでは、ナノ化した複数のヒアルロン酸を配合することで、肌へ浸透するだけでなく、涙袋を引き上げるはたらきがえられます。

  • ヒアルロン酸ナトリウム
  • ヒアルロン酸クロスポリマー
  • 加水分解ヒアルロン酸
  • ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム
  • 加水分解ヒアルロン酸アルキル

涙袋をサポートする成分を配合

ウルミプラスは、複数のヒアルロン酸に加えて、涙袋にハリや弾力、ボリュームを持たせるためのサポート成分として、美容成分や保湿成分を厳選して配合しています。

  • エラスチン(弾力アップサポート)
  • アディフィリン(栄養補給)
  • ボルフィリン(ボリュームアップサポート)
  • 大豆イソフラボン
  • ザクロ
  • ワイルドタイム

無添加/低刺激

ウルミプラスは、以下の成分を使用していません。

  • パラベン
  • シリコン
  • 合成香料
  • 合成着色料
  • 紫外線吸収剤
  • 鉱物油(ミネラルオイル)

ウルミプラスの口コミ・評判は良い?悪い?

ウルミプラス 口コミ 評判

次に、ウルミプラス利用者の口コミを集めました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

悪い口コミ

ウルミプラスを1ヶ月使っています。
少し涙袋が膨らんだ気はするものの、期待したような効果はなく残念です。
引用元:ウルミプラスは公式サイトが最安値!楽天やAmazonよりお買い得

仮に効果が出ても定価ではちょっと買えないかな。
高い。
引用元:楽天市場

良い口コミ

夏の肌の疲れが、今になってどっと出て来ており、いつの間にか、目の下のハリが無くなったせいなのか、細かなちりめんジワが目立つようになりました。
目元用美容液を探して、こちらを使い始めてみましたが、いまのところ、ハリ、シワには、成分がしみていく感じで、かなり効果があると思います。
クマにも効いてくれればいいな。
引用元:amazon

涙袋のマッサージをすることができるクリームということで購入することにしました。
ヒアルロン酸がしっかりと保湿対策をしてくれることで、綺麗になれるので喜んでいます。
期待をしていなかったのですが以前よりも印象が良くなったので喜んでいます。
引用元:ウルミプラスの効果が話題※口コミで発見して気になるポイントとは

口コミ評判まとめ

ウルミプラスの口コミは賛否両論です。
ウルミプラスに満足した人がいる一方、何の効果もなかった、値段が高い、肌荒れが起こったなどの不満も見つかりました。

なお、ウルミプラスを涙袋だけでなく、シワ対策など、目元ケアとして使って満足している人もいます。

ウルミプラスの評価は?

ウルミプラス 評価

アットコスメなど、口コミサイトなどでのウルミプラスの評価は見つかりませんでした。
今後も調査を続けてまいります。

ちなみに、販売元が公開しているデータによると、ウルミプラスのモニター成功率は98.7%という高さです。

urumi plus

ウルミプラスに含まれている成分を解析

ウルミプラス 成分

ウルミプラスで使われている全ての原材料を一覧にまとめました。

原材料

水、BG、グリセリン、水添ポリイソブテン、ペンチレングリコール、ジグリセリン、キシリトール、水溶性コラーゲン、加水分解ヒアルロン酸、プラセンタエキス、加水分解エラスチン、ヒアルロン酸Na、ダイズイソフラボン、ザクロ果実エキス、ワイルドタイムエキス、ハナスゲ根エキス、グリチルリチン酸2K、水酸化Na、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ヒアルロン酸クロスポリマーNa、スクロース、ポリソルベート60、ベタイン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、スクワラン、キサンタンガム、トコフェノール、ペンテト酸5Na、アセチルヘキサペプチド-38、レシチン、ポリソルベート80、エタノール、フェノキシエタノール

ウルミプラスの問題点は?

ウルミプラス 副作用

「ウルミプラスは医薬品ではないので副作用は存在しない」と断言している人もいますが、詳しく調べたところ、問題点が見つかりました。

フェノキシエタノールやペンチレングリコールは、ごくまれに皮膚炎などのアレルギー症状が起こる可能性があることが判明しています。
この症状はアトピーや食物アレルギーなどの有無とは関係なく起こります。

植物成分に対するアレルギーが有ると、同様に皮膚炎が起こる可能性があります。

また、エタノールが配合されているため、肌に刺激を感じるかもしれません。

いずれかの問題点が出た場合には、使用を中止して体調の回復を優先させましょう。
具合が悪い状態が続く場合、急激に体調が悪化した場合には、医師の診察を受けたほうが良いです。

ウルミプラスの効果的な使い方は?

ウルミプラス 使い方 効果

ウルミプラスは、1日1回、就寝前のスキンケアを済ませた後に、目元に塗ると効果的です。

ウルミプラスの本体に付属するチップに、ウルミプラスをつけてマッサージしながら塗っていきます。
目元の血行が促進されるだけでなく、眼輪筋を刺激することで適度に鍛えていきます。

なお、強くおしすぎると、目元を傷めることになりかねないため、注意が必要です。

また、ウルミプラスは、涙袋以外にも、目元のシワなどが気になる部分に塗っても効果的です。

肌質や肌の状態には個人差が見られるため、即効性は期待できない場合のほうが多いです。
肌トラブルなどがおこらなければ、ターンオーバー周期などを考慮して、数カ月は続けたほうがいいでしょう。

左右で涙袋の大きさが違う場合には、ウルミプラスを小さい方だけ塗っても構いません。

ウルミプラスの販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

ウルミプラス 販売店 値段

ウルミプラスは、どこで買えるのでしょうか?
最低価格なども含めて詳しく調べました。

店頭販売はしているのか?

販売元に確認したところ、通販限定商品とのことでした。

市販はされていますが、ドラッグストアや薬局、コンビニやスーパー、バラエティストアなどでは購入できません。

通信販売で最も安く買えるのは?

ウルミプラスは販売元直営の通販サイトで販売していますが、それ以外にも、

  • amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

などのネットショップで販売されていることが確認できました。

価格は在庫状況や競合店舗との価格競争によって変動することから、安く買えたらラッキーですね。

販売元直営の公式通販サイトでは、1本6,980円(税別、送料別)で販売しています。

定期購入はあるのか?

ウルミプラスは、販売元直営の公式通販サイトで定期購入を扱っています。

1本あたり初回無料(送料500円が必要)、2回目以降は4,980円(税別、送料別)とオトクに続けられます。

なお、ウルミプラスの定期購入には、最低購入回数4回のシバリがあります。
4回目を受け取った後であれば、いつでも自由に定期購入を解約できます。

>>ウルミプラスを定期購入する

定期購入の解約方法は?

ウルミプラスの定期購入を解約する場合には、どのような手続きが必要なのでしょうか。

現在は電話で解約を受け付けています。
その場で解約手続きは完了します。

解約手続き申し込み締切日は、次回配送予定日の10日前です。
締切日をすぎると次回分を受け取ってからの解約になります。

まとめ

いかがでしたか?
涙袋のケアやシワ対策が行える「ウルミプラス」。

ウルミプラス本体付属の先端チップで軽くマッサージをしながら塗ることで、効果が期待できます。

ウルミプラスの最新情報は公式サイトでも発信していますので、確認してみてください。

>>ウルミプラスの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました