セカンドミールプロテインで栄養補給は十分?実は足りない?口コミは?

セカンドミールプロテイン

セカンドミールプロテインは、大豆由来の植物性タンパク質(ソイプロテイン)をはじめとして、ビタミンなミネラル、イヌリン(水溶性食物繊維)も配合した総合栄養食です。

普段の食事やドリンクにセカンドミールプロテインを混ぜるだけで、糖質・脂質以外の栄養素をしっかりと補給できます。

セカンドミールプロテインは「タンパク質は運動してなくても摂るべき」という考えのもとに開発されましたが、過剰摂取で肥満にならないのか不安に感じているかもしれません。

口コミや評価なども合わせて調べました。

セカンドミールプロテイン

セカンドミールプロテインの特徴

セカンドミールプロテイン 特徴

まずは、セカンドミールプロテインの特徴をまとめました。

さまざまな栄養素をまとめて補給

セカンドミールプロテインは、糖質・脂質以外の栄養素を効率よく補給できます。
1回分(20g)あたりの栄養成分をまとめました。

栄養素 配合量 1日必要量
タンパク質 16,977mg 50g(50,000mg)
ビタミンA 4.8mg 650~700μgRAE
ビタミンB1 1.4mg 1.1mg
ビタミンB2 1.0mg 1.2mg
ビタミンB6 1.4mg 1.2mg
ビタミンB12 0.8mg 2.4mg
ビタミンC 80mg 100mg
ビタミンD 0.4mg 5.5mg
ビタミンE 3.0mg 6.0mg
葉酸 8μg 240μg
(非妊娠時)
ナイアシン 4mg 11~12mg
パントテン酸カルシウム
貝カルシウム
1.6mg
170mg
650mg
(カルシウムとして)
ビオチン含有酵母 3.8mg 50μg
(ビオチンとして)
酸化マグネシウム 86.4mg 270~290mg
(マグネシウムとして)
クエン酸第一鉄ナトリウム 30mg 6.0~6.5mg
(鉄として)
亜鉛含有酵母 26mg 8mg
(亜鉛として)
アガベイヌリン 2,000mg 18g(18,000mg)以上
(食物繊維として)

1日必要量は「日本人の食事摂取基準(2020年版)」から抜粋しています。

粉末状で扱いやすい

粉末

セカンドミールプロテインは、一般的なプロテイン製品と同じく粉末状になっています。

水に溶かして飲んだだけでは、豆乳以上に豆の味が強すぎておいしくありませんが、牛乳や豆乳に混ぜて飲んだり、料理に混ぜることで違和感なく摂取できます。

セカンドミールプロテインは、加熱に強い大豆由来のソイプロテインを配合しています。

セカンドミールプロテインの口コミ・評判は良い?悪い?

次に、セカンドミールプロテインの口コミを集めました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

悪い口コミ

ちょっとパサパサした感じですね。
体にいいとおもっても続けるのは厳しい。

良い口コミ

口コミ評判まとめ

一般的なプロテインのようにセカンドミールプロテインを溶かしただけだと、粉っぽさが強くて飲みにくい、溶けにくいといった意見が多いです。

一方、味噌汁やスープ類などの食べ物や、牛乳・豆乳などの飲み物に混ぜたり、料理を作る途中に入れることで違和感なく摂取できるという意見もありました。

その他、腹持ちが良いので少食になった、なれると癖になる味、カイチョーになったなどの口コミがありました。

セカンドミールプロテインの評価は?

口コミサイトなどでのセカンドミールプロテインの評価は見つかりませんでした。
引き続き、調査を続けてまいります。

セカンドミールプロテイン

セカンドミールプロテインに含まれている成分を解析

セカンドミールプロテイン 成分

セカンドミールプロテインで使われている全ての原材料を一覧にまとめました。

原材料

脱脂大豆、アガベイヌ、リン、亜鉛含有酵母、酵母

食品添加物

貝カルシウム、微粒酸化ケイ素、酸化マグネシウム、ビタミンC、乳化剤、クエン酸第一鉄ナトリウム、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸Ca、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB2、ベタイン、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

セカンドミールプロテインの問題点は?

セカンドミールプロテイン 副作用

「セカンドミールプロテインは医薬品ではないので副作用は存在しない」と断言している人もいますが、詳しく調べたところ、問題点が見つかりました。

いずれかの問題点が出た場合には、摂取を中止して体調の回復を優先させましょう。
具合が悪い状態が続く場合、急激に体調が悪化した場合には、医師の診察を受けたほうが良いです。

食物アレルギー

まず気になるのが食物アレルギーではないでしょうか?

特定原材料と特定原材料に準ずるものに当てはまるのは、大豆です。

それ以外にも、セカンドミールプロテインには、あなたにとってアレルゲンとなる食材が含まれているかもしれません。
食物アレルギーのある人は事前にチェックしておくと安心です。

過剰摂取

セカンドミールプロテインの摂取量を増やしても効果が高まるわけではありません。
摂取量が多すぎると、栄養分のとりすぎとなるために、体調不良が起こる可能性があります。

1日の目安量を守った上で使うようにするといいですね。

他のサプリや薬との飲み合わせ

セカンドミールプロテインと他のサプリメントや薬との飲み合わせで、効果が強くなりすぎたり、逆に弱まる可能性があります。
気になることがあれば、医師や薬剤師に相談するといいでしょう。

妊娠中/授乳中に使っても大丈夫?

セカンドミールプロテインに配合されている葉酸量は少ない(8μg)ため、葉酸サプリの代わりとしては使えません。
また、大豆イソフラボンのとりすぎによる体調悪化も心配されるため、摂取する際は注意が必要です。

デリケートな時期のため、体調の変化を感じたらセカンドミールプロテインの摂取を中止したほうがいいですね。

セカンドミールプロテインを効果的に飲むためには?効果的な使い方は?

セカンドミールプロテイン 飲み方 効果

セカンドミールプロテインは薬ではないため、飲む量やタイミングが厳密に決められているわけではありません。
1日あたりの摂取量の目安である20gを毎日続けることが重要です。

水に溶かして飲むと、セカンドミールプロテイン特有の味わいが苦手という場合は、牛乳や豆乳などに溶かすと飲みやすくなります。
だまにならないように、しっかりと混ぜ合わせる必要があります。

また、味噌汁やスープ、お茶漬けなどに混ぜたり、卵焼きや、お好み焼きの出汁に溶かして混ぜるなど、料理にするのも一つの方法です。

セカンドミールプロテインの販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

セカンドミールプロテイン 販売店 値段 最安値

セカンドミールプロテインは、どこで買えるのでしょうか?
最低価格なども含めて詳しく調べました。

店頭販売はしているのか?

販売元に確認したところ、通販限定商品とのことでした。

市販はされていますが、ドラッグストアや薬局、コンビニやスーパー、バラエティストアなどでは購入できません。

通信販売で最も安く買えるのは?

セカンドミールプロテインは販売元直営の通販サイトで販売していますが、それ以外にも、amazonで購入できます。

調査した時点では、

  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

などのネットショップでは購入できませんでした。

価格は在庫状況や競合店舗との価格競争によって変動することから、安く買えたらラッキーですね。

販売元直営の公式通販サイトでは、1袋150g入1,480円(税別、送料別)で販売しています。
3袋まとめ買いすると、1袋が無料プレゼントされます。

>>セカンドミールプロテインを公式サイトから購入する

まとめ

いかがでしたか?
タンパク質だけでなく、さまざまな栄養素をまとめて摂取できる「セカンドミールプロテイン」。

セカンドミールプロテインだけですべての栄養素の必要量を満たすことはできませんが、食事での摂取量と合わせることで十分な栄養補給が行えます。

セカンドミールプロテインの最新情報は公式サイトでも発信していますので、確認してみてください。

>>セカンドミールプロテインの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました