kasumi.(カスミ)シミケアクリームはハイドロキノンの効果?

kasumi. カスミ

kasumi.(カスミ)は、持続性ハイドロキノンなどを配合したシミケアクリームです。
通常のハイドロキノンと比べて、持続性ハイドロキノンは酸化や光、熱に強く、塗った後の効果が長時間にわたって持続します。

このため、kasumi.(カスミ)を1日1回だけでも十分なシミケア効果が得られます。
スポットクリームのため、気になる部分のみに塗ればよく、経済的です。

このkasumi.(カスミ)は口コミでも評判になっています。
持続性ハイドロキノンなどの効果に満足することができるのでしょうか?

kasumi.(縛りあり)

kasumi.(カスミ)シミケアクリームの特徴まとめ

kasumi. カスミ 特徴

kasumi.(カスミ)の特徴をまとめました。

持続型ハイドロキノンを配合

持続型ハイドロキノン

kasumi.(カスミ)は、濃度3%の持続型ハイドロキノンを配合しています。

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」という異名があるほどですが、純ハイドロキノンは熱や光、酸素などで分解するという問題点があります。
このため、純ハイドロキノンを他の成分と混ぜて配合する「安定型ハイドロキノン」を使う化粧品が多いです。

しかし、安定型ハイドロキノンは、純ハイドロキノンと比べて、ハイドロキノンの配合濃度が低くなるのが欠点でした。

そこで、kasumi.(カスミ)は純ハイドロキノンをマイクロカプセル化した「持続型ハイドロキノン」を使用しています。
熱や光、酸素に強いだけでなく、効果が長時間にわたって持続するという効果が得られます。

美容・保湿サポート成分を配合

kasumi.(カスミ)は、持続型ハイドロキノンのはたらきをサポートする美容成分・保湿成分を厳選して配合しています。
一覧にまとめました。

  • WHITE377(フェニルエチルレゾルシノール)
  • スクワランオイル(保湿、エモリエント効果)
  • ビタミンA(パルミチン酸レチノール)
  • ビタミンC誘導体(アスコルビルリン酸Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)
  • 加水分解コラーゲン
  • ヒアルロン酸Na
  • 線維芽細胞増殖因子(FGF:ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11)

無添加/低刺激

kasumi.(カスミ)は、以下の成分を使用していません。

  • 香料
  • 着色料
  • タール色素
  • パラベン
  • シリコン
  • 鉱物油(ミネラルオイル)
  • アルコール(エタノール)
  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤

kasumi.(カスミ)シミケアクリームの口コミ・評判は良い?悪い?

口コミサイトなどでのkasumi.(カスミ)の口コミを集めました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

悪い口コミ

ハイドロキノンをあまり長く使いすぎるもの怖いので、継続使用するのは、ちょっと考えるべきだと思っています。
引用元:サクラックのWEBでしか販売していない化粧品サイト

定期購入を解約できないのは問題。
消費生活センターに相談したほうがいいのか。

良い口コミ

家族の前でもすっぴんでいるのが抵抗を感じるほど自信を無くしていましたが、kasumiを使いだしてから、すっぴんでいても自信が持てるようになり、旦那もやさしくしてくれます。
引用元:働き方

まるで美容液みたいな伸びの軽~いクリームですが、保湿やハリまでアップ出来ちゃう、贅沢な1本なんだよ。
今から頑張ってケアしておけば、すっぴんにも自信が持てるようになるかな。
引用元:☆白井文月のfuzukissブログ☆in湘南

口コミ評判まとめ

kasumi.(カスミ)の口コミは少ないものの、満足している人が多い印象です。

不満点としては、ハイドロキノンの長期連用や販売方法に関する指摘がありました。

kasumi.(カスミ)シミケアクリームの評価は?

アットコスメなど、口コミサイトなどでのkasumi.(カスミ)の評価は見つかりませんでした。
今後も調査を続けてまいります。

ちなみに、販売元が公開しているデータによると、ゼネラルリサーチ社調査で以下の3項目で1位を獲得しました。

  • 美意識が高い女性が選ぶポイント集中シミケアクリーム
  • 継続して利用したいポイント集中シミケアクリーム
  • ポイント集中シミケアクリーム品質満足度

kasumi.(縛り無し)

kasumi.(カスミ)シミケアクリームの原材料・成分を解析

kasumi.(カスミ)で使われている全ての原材料を一覧にまとめました。

原材料

水、BG、スクワラン、グリセリン、パルミチン酸セチル、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ベヘニルアルコール、セタルコニウムクロリド、ハイドロキノン、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、アスコルビルリン酸Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、フェニルエチルレゾルシノール、ナイアシンアミド、加水分解エラスチン、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11、PEG-75、ピロ亜硫酸Na、パルミチン酸レチノール、コーン油、クエン酸、クエン酸Na、乳酸、トレハロース、シリカ、フェノキシエタノール、ニオイテンジクアオイ花油

kasumi.(カスミ)シミケアクリームの問題点は?

kasumi. カスミ 副作用

「kasumi.(カスミ)は医薬品ではないので副作用は存在しない」と断言している人もいますが、詳しく調べたところ、問題点が見つかりました。

kasumi.(カスミ)に含まれるフェノキシエタノールは、ごくまれに皮膚炎などのアレルギー症状が起こる可能性があることが判明しています。
この症状はアトピーや食物アレルギーなどの有無とは関係なく起こります。

植物成分などに対するアレルギーが有ると、同様に皮膚炎が起こる可能性があります。

また、ハイドロキノンは濃度・回数などによっても異なりますが、長期間にわたって同じ場所に塗っていると、白斑などのトラブルが起こりやすくなります。
3ヶ月程度を一つの目安とするといいでしょう。

赤み、腫れ、刺激、かゆみ、色抜け(白斑等)や黒ずみなど、なんらかの問題が出た場合には、使用を中止して体調の回復を優先させましょう。
具合が悪い状態が続く場合、急激に体調が悪化した場合には、医師の診察を受けたほうが良いです。

kasumi.(カスミ)シミケアクリームの効果的な使い方は?

kasumi. カスミ 使い方 効果

kasumi.(カスミ)を使うのは1日1回で構いません。

スキンケアの際、化粧水の後に、シミやくすみなどが気になる部分に塗っていきます。
気になる部分は重ね塗りするといいでしょう。

肌に浸透したら、乳液やクリームなどを塗っていきます。

オールインワン化粧品と併用する場合、一般的にはkasumi.(カスミ)を先に塗りますが、後の方が良い場合もあります。
気になることがあれば、それぞれのメーカーに問い合わせておくと安心です。

なお、kasumi.(カスミ)の効果を実感するまでには個人差が見られます。
ハイドロキノンをあまりに長期にわたって使い続けると健康被害のおそれも出るため、3ヶ月を目処に続けて様子をみるといいでしょう。

kasumi.(カスミ)シミケアクリームの販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

kasumi. カスミ 販売店 価格 最安値

kasumi.(カスミ)は、どこで買えるのでしょうか?
販売価格なども含めて詳しく調べました。

店頭販売はしているのか?

販売元に確認したところ、通販限定商品とのことでした。

kasumi.(カスミ)は、ドラッグストアや薬局、コンビニやスーパー、バラエティストアなどの店頭では購入できません。

通信販売で最も安く買えるのは?

kasumi.(カスミ)は販売元直営の通販サイトのみでの販売です。

調査した時点では、

  • amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

などのネットショップでは購入できませんでした。

販売元直営の公式通販サイトでは、1本7,980円(税別、送料別)で販売しています。

>>kasumi.(カスミ)を公式サイトから購入する

定期購入はあるのか?

kasumi.(カスミ)は、販売元直営の公式通販サイトで定期購入を扱っています。

1本あたり初回1,980円、2回目以降は5,980円(いずれも税別、送料込)とオトクに続けられます。

なお、kasumi.(カスミ)の定期購入には、最低購入回数3回のシバリがあります。
3回目を受け取る前に定期購入を解約することはできません。

3回目を受け取った後であれば、いつでも自由に定期購入を解約できます。

>>kasumi.(カスミ)を定期購入する

定期購入の解約方法は?

kasumi.(カスミ)の定期購入を解約する場合には、どのような手続きが必要なのでしょうか。

現在は電話で解約を受け付けています。
その場で解約手続きは完了します。

解約手続き申し込み締切日は、次回配送予定日の7営業日前です。
締切日をすぎると次回分を受け取ってからの解約になります。

まとめ

kasumi.(カスミ)は、酸化や光、熱に強いために扱いやすく、長時間にわたって効果が持続する「持続性ハイドロキノン」を配合したシミケアクリームです。

1日1回塗るだけでいいので手間がかかりませんし、効果に満足する人も多いです。

>>kasumi.(カスミ)の公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました