クリニックフォアのピルオンライン診療は安全?口コミや評判は?

クリニックフォア ピル

医療法人社団エムズが東京都内に展開するクリニックフォアでは、完全オンライン診療で低用量・中用量ピルの処方を行っています。
8種類の低用量ピル、1種類の中用量ピルのなかから、医師の診察により処方が決まります。

クリニックフォアのピルオンライン診療は自由診療となるため、各種健康保険は使えません。
医療費は全額自己負担となりますが、個人輸入のピルとは異なり、副作用が出た場合には被害救済制度が利用できます。

クリニックフォアのピルオンライン診療は全国どこからでも利用できるため、口コミでも評判です。
初診後すぐに宅配便で送られますし、2回目以降は定期購入も可能です。

クリニックフォアのピルオンライン診療の口コミや評判は?

クリニックフォアのピルオンライン診療の口コミや評判をまとめました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

ピルのオンライン診療サービス「スマルナ」さんの社長が書かれた記事なのですが、内容を要約するとこんなことが書かれてました。

株式会社 Linc’well が運営する クリニックフォアと株式会社 NextParadigm が運営するAnyPill(エニピル) が、日本では承認を受けていない海外製のピル(海外製マーベロンのこと)を処方しているという内容でした。

また、クリニックフォアとエニピルは、その承認を受けていない海外製のピルを「安さ」を売りにして処方し、「安全性の確保」や「そのリスクについて明確にユーザー側に説明と同意を行っていない」というダブルパンチな状況でして、、、明確な違法行為に該当するとのことでした。

オンライン診療のサービスは非常に便利なのですが、こういう法律を違反したサービスを提供する企業さんもいるんですね。。。(ちなみに個人輸入で海外製マーベロンを利用している限りは大丈夫だとのこと)
引用元:生理ちゃんDiary

いつもは別の病院で低用量ピルを処方してもらっていましたが、花粉やコロナなどなどで家から出るのが億劫で、初のオンライン診療でした。
ちょっと不安でしたが、とても丁寧にこちらの話を聞いていただき、質問もできてよかったです。
発送も早く、助かりました。
次回以降もこちらでお願いしようかと考えています。ありがとうございました。
引用元:google

今回、クリニックフォアというオンライン診察で妊娠リスクがあったのでアフターピルを購入したのですが、電話対応がとても適当で不安です。
アフターピルの決済完了メールがきたのですが、発送手続き完了メールが一向にきません。
120時間以内の服用であと48時間以内には避妊ピルを飲まないといけないです。
1日即配達とありますが、ほんとうに翌日来るのでしょうか。
引用元:Yahoo!知恵袋

先日、クリニックフォアでオンライン診療を受け、低用量ピルを注文しました。

午前10時ごろに診察の空き情報を見たところ、どの時間でも予約できる状態でした。
診療してもらえる1番早い時間の10:45-11-00で予約を完了。

予約した診療時間になったら、「診療へ進む」をクリック。
前の患者さんの関係があり少し時間は遅れることがあるそうです。

2分くらいしたら電話がかかってきました。
2分ほどで診療は終了。

診療を受けた3日後に宅急便コンパクトで届きました。

オンライン診療してくれた医師も親切だったし、梱包も丁寧きれいで素晴らしく、また利用したいと思いました。
引用元:パパイヤえたみの海外女子旅

もともと行っていたところよりはやはり費用がかかってしまいます。
こちらのピル自体は2783円ですが、別途送料として550円が毎月かかります。
小さいポスト投函の袋なのに少し送料が高いかなぁと感じます。
もう少し送料が安くなったら嬉しいです。
引用元:コエシル

最初の口コミにあった(株)ネクイノ代表取締役の石井健一氏がクリニックフォアを糾弾・弾劾したという記事はこちらです。

健全な競争と、不健全な競争|いしけん ネクイノ代表 (石井健一)|note
注)このnoteは、株式会社ネクイノ代表取締役の石井健一が株式会社ネクイノメンバー向けに書いているnoteです。そのため、使用している用語に通常で使われているものと意味合いが異なる場合があります。 (はじめに)このnoteを書いた背景 私たち株式会社ネクイノは、ピルの処方に特化したオンライン診察プラットフォーム「...

「医療人として非常に強い怒りと憤りをおぼえる」というほどに厳しい指摘です。
それに対して、クリニックフォアもコメントを出しています。

国内承認薬を幅広く提供させていただくことは当然のこと、代替品が存在しない海外製医薬品をご希望される方も多いことや、個人輸入で海外サイトから購入して使用するリスクが多大であること等を踏まえ、「規制を遵守」したうえで「安心・安全に提供できること」を前提として、海外製医薬品の処方準備も行うことと致しました。

海外製医薬品については、「製造元が信頼できる製薬会社であること」「米国FDAを含む各国行政機関により適切な承認を得ている医薬品であること」「信頼できる輸入経路を活用できること」を前提に、厚生局による適切な審査手続きを経た上で輸入を行い、海外製医薬品による補償制度についての違いについても事前にご理解いただいた上で処方を行っております。当然、一部で指摘されている「マーベロン」についても、行政の適切な審査を経て輸入したものを取り扱っております。
引用元:クリニックフォア

なお、2021年4月時点では、クリニックフォアでは海外製のマーベロン錠など、外国産のピルの処方は行っていません。
国内製造のピルのみを処方しており、石井氏が指摘する「違法な状態」は解消されているようです。

クリニックフォアのピルオンライン診療の特徴まとめ

クリニックフォア ピル 特徴

クリニックフォアのピルオンライン診療の特徴をまとめました。

自由診療(自費診療)

クリニックフォアのピルオンライン診療は自由診療(自費診療)となります。
各種健康保険は使用できず、医療費は全額自己負担となります。

また、確定申告時の医療費控除の対象外です。

生理不順の対策など「治療のため」にピルを処方された場合は医療費控除となりますが、クリニックフォアで処方できる低用量ピルは適応症が「避妊」となっているために対象外となります。

支払いは「クレジットカード」「GMO後払い(コンビニ・銀行・郵便局・LINE Pay)」「代金引換」となります。

全国どこからでも利用できる

クリニックフォアのピルオンライン診療は、東京都内のクリニックに通院する必要がありません。
全国どこからでも、ビデオ通話・電話で診察を受けられます。

また、診察後は処方されたピルが宅配便で自宅に送られてきます。
処方箋を持って調剤薬局に行く手間もかかりません。

完全予約制で待ち時間は非常に短い

クリニックフォアのピルオンライン診療は、申込時に診察時間を予約します。

医師の診察状況にもよりますが、ほぼ予約した時間帯で診察が受けられるため、産婦人科クリニックなどよりも待ち時間は短いです。

2回目以降は追加購入・定期購入も可能

同じ種類のピルを再度受け取る場合には、医師の診察が不要な追加購入が可能です。
医師の診察料が不要になるため、その分だけ安く購入できます。

また、継続的に受け取る場合には定期購入が利用できます。
通常価格の15%OFFと最安値で購入できますし、追加購入の手続きも必要ありません。

クリニックフォアのピルオンライン診療の利用の流れ

クリニックフォア ピル オンライン診療 利用の流れ

クリニックフォアのピルオンライン診療は、スマホだけで完結します。
ビデオ通話の事前設定が面倒な場合には、電話による診察も行えるので手間がかかりません。

診察が終われば、最短即日にピルを発送するため、早ければ診察翌日には到着します。

>>クリニックフォアのピルオンライン診療の詳細/予約はこちら

タイトルとURLをコピーしました