DDmoreオールインワン美容液でシワやたるみを改善?口コミは?

DDmore

DDmoreは、オールインワン化粧品として使える美容液です。
洗顔・クレンジング後にDDmoreを塗るだけでスキンケアを済ませることも可能です。

DDmoreは、美容成分・保湿成分をサロン品質で配合しています。
たるみなどのケアを行うだけでなく、効能評価試験により、乾燥小じわを改善する効果を確認しています。

このため、DDmoreは口コミでも評判です。
いまならプロ品質の美容液をモニター価格で試せます。

DDmoreの特徴まとめ

DDmore 特徴

DDmoreの特徴をまとめました。

オールインワン化粧品

DDmoreは以下の機能を持つオールインワン化粧品です。

  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • クリーム
  • 化粧下地

スキンケアをDDmoreのみで済ませることも可能です。

DDmoreは水分が多いため、物足りなさを感じた場合には、油分が多い乳液やクリームで補うといいでしょう。
化粧水や美容液だと肌水分が増える一方のため、極端な乾燥肌でもなければ、過剰に感じることが多いです。

サロン品質の美容・保湿成分

DDmoreはサロン品質のオールインワン美容液に仕上げるため、美容成分・保湿成分を厳選して配合しています。
一覧にまとめました。

  • EGF(ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1)
  • プラセンタ(国産豚プラセンタエキス)
  • リンゴ幹細胞エキス(リンゴ果実培養細胞エキス)
  • コラーゲン(魚由来水溶性コラーゲン)
  • ヒアルロン酸(ヒアルロン酸Na)
  • セラミド(セラミドNP)
  • ビタミンC(抗酸化)
  • ビタミンC誘導体(リン酸アスコルビルMg)
  • ビタミンE(酢酸トコフェロール)
  • グラブリジン(メラニン対策)
  • リピジュア(高保湿)
  • シンエイク(塗るボトックス)
  • ハチミツ
  • ダイズ種子エキス
  • プエラリア・ミリフィカ
  • ダマスクローズ
  • ローズマリー

DDmoreは、日本香粧品学会の「新規効能取得のための抗シワ製品評価ガイドライン」に準拠した抗シワ効能評価試験を行っています。

その結果、「乾燥による小じわを目立たなくする」という効果効能が確認されました。

無添加/低刺激

DDmoreは、以下の成分を使用していません。

  • 合成香料
  • 合成着色料
  • パラベン
  • シリコン
  • 鉱物油(ミネラルオイル)
  • アルコール(エタノール)
  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤

DDmoreの口コミ・評判は良い?悪い?

口コミサイトなどでのDDmoreの口コミを集めました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

乾燥とアトピー肌で悩まされています。
最近ネットで目にしたリピジュアという成分が、安全性が高く保湿力が高いと書いてあったので、リピジュアを配合した化粧品を探していてDDmoreに辿り着きました。

驚いたのは翌朝でした。
プルプルで、一晩寝たとは思えない潤いが続いていてふっくらなんです。
天然で優しい香も好きです。

オールインワンって、ベタつきや成分が薄そうというイメージでしたが、これは美容液です!!
オールインワンで簡単に使えるのでとても良い。
オススメですよ。
引用元:賢く綺麗に健康になりたい!お肌の曲がり角!気なるニキビ、敏感肌、美白、脚痩せ!美と健康悩み解決ブログ

実際にDDmoreを使ってみたらその効果を実感できました。
特に私が感じたのはおでこ!
おでこの横シワと眉間のシワが改善したと思います。

とろみのあるテクスチャーだけど、とてもみずみずしいです。

時間差でしっとりとした感覚が現れるので一気にクリームまでたどり着いた感覚がします。
保湿の持続力が長いので、安心して次のステップにすすめることができます。
引用元:しわを消したい!しわと戦うブログ

いつもなら朝起きたとき乾燥で肌が突っ張るのですが、ぷっくり、しっとりしていました。
夕方になっても突っ張り感がなく潤っているのです。
お肌の乾燥で悩んでいる方には是非使ってみてほしいです。
引用元:美容液DDmore(オールインワン)の口コミと効果は

季節の変わり目は毎年肌が乾燥し化粧水、美容液、乳液を何万円分も買っては無駄にしてました。
友人に勧められDDmoreを使ったら、いつまでも突っ張り感がなくお肌が潤ってます。
悩みもなくなり落ち着いたせいか、毎日が充実してます。
引用元:Beauty Quest

DDmoreの評価は?

口コミサイトなどでのDDmoreの評価は見つかりませんでした。

今後も調査を続けてまいります。

ちなみに販売元が公開しているデータによると、購入者満足度は90%という高さです。

DDmoreの原材料・成分を解析

DDmoreで使われている全ての原材料を一覧にまとめました。

原材料

水、BG、ダマスクバラ花水、グリセリン、ペンチレングリコール、PEG-6、PEG-32、ポリソルベート80、ポリクオタニウム51、グラブリジン、ジ酢酸ジペプチドアミノブチロイルベンジルアミノド、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、リンゴ果実培養細胞エキス、セラミド3、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、プラセンタエキス、リン酸アスコルビルMg、酢酸トコフェロール、アマモエキス、ハイビスカスエキス、プエラリアミリフィカ根エキス、ダイズ種子エキス、ダイズ油、トレハロース、ベタイン、ハチミツ、ヒドロキシエチルセルロース、レシチン、水添レシチン、ダイスステロール、コレステロール、キサンタンガム、PCA-Na、カンゾウ根エキス、グリチルリチン酸2K、アラントイン、アミノカプロン酸、ローズマリー葉水、PEG-100水添ヒマシ油、ジヒドロコレス-20、トリエチルヘキサノイン、クエン酸、クエン酸Na、リン酸Na、エタノール、フェノキシエタノール

DDmoreの問題点は?

DDmore 副作用

「DDmoreは医薬品ではないので副作用は存在しない」と断言している人もいますが、詳しく調べたところ、問題点が見つかりました。

DDmoreに含まれるフェノキシエタノールやペンチレングリコールは、ごくまれに皮膚炎などのアレルギー症状が起こる可能性があることが判明しています。
この症状はアトピーや食物アレルギーなどの有無とは関係なく起こります。

植物成分などに対するアレルギーが有ると、同様に皮膚炎が起こる可能性があります。

また、DDmoreにはグリセリンが配合されています。
頭皮などにニキビがあるとアクネ菌が増殖しやすくなり、症状が悪化するおそれがあるという論文が発表されています。

赤み、腫れ、刺激、かゆみ、色抜け(白斑等)や黒ずみなど、なんらかの問題が出た場合には、使用を中止して体調の回復を優先させましょう。
具合が悪い状態が続く場合、急激に体調が悪化した場合には、医師の診察を受けたほうが良いです。

DDmoreの効果的な使い方は?

DDmore 使い方 効果

DDmoreは、洗顔・クレンジング後に使います。

1回あたりの使用量の目安である1プッシュを取り出して、顔全体に広げていきます。
1回では物足りない場合には、重ね塗りをすると効果的です。

オールインワン化粧品のため、DDmoreだけでスキンケアを済ませることが可能です。
DDmoreに追加して基礎化粧品を使う場合には、乳液やクリームなど、油分がおおいものを使うといいでしょう。

なお、DDmoreの効果を実感するまでには個人差が見られます。
肌質や肌の状態、ターンオーバー周期などによって違いが出ます。

DDmoreの販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

DDmore 販売店 価格 最安値

DDmoreは、どこで買えるのでしょうか?
販売価格なども含めて詳しく調べました。

店頭販売はしているのか?

DDmoreは提携サロンなどで販売しています。

在庫状況や販売価格などは、それぞれ確認してください。

通信販売で最も安く買えるのは?

DDmoreは販売元直営の通販サイトのみでの販売です。

調査した時点では、

  • amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

などのネットショップでは購入できませんでした。

販売元直営の公式通販サイトでは、1本100mL入13,200円(税込)で販売しています。

なお、3日分相当を500円(税込、送料込)で試すことができるモニターセットを販売しています。
DDmoreが肌に合うかどうかを手軽に試せます。

>>DDmoreを公式サイトから購入する

まとめ

DDmoreは、美容サロン品質のオールインワン化粧品です。

乾燥小じわやたるみに効果を発揮し、弾力のある引き締まった肌へと導いていきます。

口コミでも、DDmoreに対して満足している人が増えています。

>>DDmoreの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました