DENTALOFFICE8(デンタルオフィス8)マウスピース矯正の口コミ

DENTALOFFICE8 デンタルオフィス8

東京渋谷のDENTALOFFICE8(デンタルオフィス8)では、マウスピース矯正を行っています。
年間1,000以上の症例をもつ「レッドダイヤモンドプロバイダー」と認定された、日本では3名しかいない歯科医師などが担当します。

DENTALOFFICE8(デンタルオフィス8)のマウスピース矯正は「インビザライン」を使用します。
ワイヤーを使わないために目立ちませんし、むやみに歯を抜いたり削ったりしないため、口内の負担が少ないです。

DENTALOFFICE8(デンタルオフィス8)のマウスピース矯正は、数ヶ月に1回程度の通院で済みます。
利用者の口コミなどをまとめました。

DENTALOFFICE8(デンタルオフィス8)マウスピース矯正の口コミや評判は?

DENTALOFFICE8(デンタルオフィス8)のマウスピース矯正を利用した人たちの口コミや評判をまとめました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

いい口コミはサクラでは?と疑いたくなる。
初回カウンセリングのときだけ丁寧。
騙された気持ち。オススメしません。

おばさんの女の歯科医と、歯科衛生士の若い女、どちらも態度が高圧的で、通うたびに不快になる。
ふつうに接してくれればいいのに、いちいち上から目線で嫌味を言ってくる。
本当に不愉快。

院長は何をしているのか?
従業員をきちんと指導してほしい。
それが無理なら、従業員をクビにし、入れ替えてほしい。
金を払ってしまい治療のために通っているが、正直クリニックを変えたい。

歯磨きをしてから来院するが、おばさんの女医が、「磨き残しがありますね~?」など、いちいちネチネチ指摘してくる。
黙ってクリーニングできないのか?
素人が歯ブラシで磨いているのだから、磨き残す事もあるのでは?
歯を治療するのが、歯医者の仕事だろ。

治療中も、私を人形か何かと思っているのか、治療で使う器具を、私の体の上に叩きつけるように置いたり本当に不愉快。
女医と歯科衛生士の女がディズニーランドの話などをペラペラ雑談したりもしている。
本当に腹が立つ。

就業中は私語をつつしむべきでは?接客はありえないレベル。
受付や会計でも、こちらが声をかけるまで案内せず無言で下を向いているし、スマホでもいじってんのか?

また、患者が「わからないであろう事」を先回りして説明しようとしない。
後出しじゃんけんをよくされ、金を請求されることもある。
不親切だなと思う。

伊藤剛秀先生だけは良い人だが、他の女医や歯科衛生士の女は本当に態度がひどい。
良い口コミだけを信じるな。
引用元:google

先生もスタッフの方々も、とても印象が良く安心して治療を受けられます。
4軒ほど別の病院でもカウンセリングを受けましたが、最も説明がていねいだったのでこちらで治療することに決めました。
歯並びがだんだん綺麗になってきて嬉しいです。
引用元:矯正歯科Passport

東京の、幾つかの矯正クリニックで、歯科矯正の相談をしましたが、伊藤剛秀先生の考え方が素晴らしいと思い、最終的には、デンタルオフィス8に決めました。
治療には、とても楽しく通えていますし、先生をはじめ、スタッフの皆さんの対応にも満足しています。
難点をひとつあげるとすると、たいへんに人気のある先生&歯科医院なので、予約がとりずらいことです。
有名なタレントさんの間でも、評判の歯科医院らしいので、仕方がないのかな。
引用元:東京インビザラインナビ

この間、歯列矯正14週目に入るところで、歯の動き具合を見ていただきに行きました
自身の体感としてもフロスをするときに隙間の間隔が変わったと感じていたのですが、歯科衛生士さんにチェックいただいたところ、順調に歯が動いているとのことでした
歯列矯正は長期戦ですが、進んでいることが分かると、やる気につながりますね
引用元:インスタグラム

こちらで矯正を始めて1年ちょっと経ちました。
効果がどれくらいあるか自分で検証したかったので スタート3ヶ月くらいのマウスピースと比べてみました。
左がスタート3ヶ月くらいので 右がいまのです。

下の歯が上の前歯より飛び出してたから それが気になって始めました。
現状は下の歯が上の歯よりも内側に入って良い感じになりました。

それだけかと思ってたんですけど 改めてマウスピースを比べて見てみると V型っぽかった歯並びが 綺麗な湾曲になってきてるのがわかりました。
奥歯も斜めに傾いていたのが 左右とも均等に近い感じになってます。

写真だとそこまで差がわからないですが、 肉眼で見るとかなり違います。
3Dで綺麗なカーブになってる感じです。
変わっててすごい嬉しいです。

DENTALOFFICE8(デンタルオフィス8)マウスピース矯正の特徴まとめ

DENTALOFFICE8 デンタルオフィス8 マウスピース矯正 特徴

DENTALOFFICE8(デンタルオフィス8)マウスピース矯正の特徴をまとめました。

自由診療(自費診療)

DENTALOFFICE8(デンタルオフィス8)のマウスピース矯正は自由診療(自費診療)となります。
各種健康保険は使えませんし、高額療養費制度の対象外です。

なお、一般的に「美容目的の歯列矯正」は医療費控除の対象外ですが、その際に「機能的な問題」が見つかることが多いです。
DENTALOFFICE8(デンタルオフィス8)でも、機能的な問題を改善するためにマウスピース矯正を行っているため、医療費控除の対象となる場合が多いです。

税務署から、税務調査などで「治療目的であることの証明」を求められる場合がありますが、医師の診断書を提出すれば認められる事が多いです。
DENTALOFFICE8(デンタルオフィス8)でも、必要に応じて診断書を作成できます。

支払い方法は、現金、クレジットカード、医療ローン(要審査)が利用できます。

6歳から可能

DENTALOFFICE8(デンタルオフィス8)のマウスピース矯正は、6歳から利用可能です。

なお、子供の場合には、第一大臼歯に加えて切歯が2本、もしくは、全体の2/3以上が萌出している必要があります。

レッドダイヤモンドプロパイダーの歯科医が監修

レッドダイヤモンドプロパイダー

DENTALOFFICE8(デンタルオフィス8)では、日本では3名しかいないという「レッドダイヤモンドプロパイダー」を2019年・2020年と2年連続で取得した歯科医の伊藤剛秀さんが監修しています。

レッドダイヤモンドプロパイダーは、年間1,000例を超えるマウスピース矯正症例がないと認定されません。

実際の診察や治療などは、伊藤さんだけでなく、門下生となる歯科医や歯科衛生士が担当します。

2020年12月に体制変更が行われ、院長や歯科医、歯科衛生士などのスタッフが一新されました。
レッドダイヤモンドプロパイダーの伊藤氏はそのまま在籍しています。

インビザラインによるマウスピース矯正

DENTALOFFICE8(デンタルオフィス8)では、アライン・テクノロジー社のマウスピース矯正システムである「インビザライン」を使用しています。
インビザラインは世界100ヶ国以上で使われており、900万名以上が治療を受けました。(2020年10月時点)

インビザラインの特徴としては、

  • すべての歯を矯正できる
  • 薄く透明なために装着しても目立たない
  • 金属ワイヤーと比べて、引っ掛かりが少なく、痛みや違和感が少ない
  • 自分自身で脱着が簡単に行える
  • 不必要に歯を抜いたり削ったりしない

などがあげられますが、患者への負担が少ないのがメリットです。

数ヶ月に1回程度の通院

DENTALOFFICE8(デンタルオフィス8)には、頻繁に通院する必要はありません。

初診でマウスピースを受け取ったら、2回目は翌月、3回目以降は2,3ヶ月に1回の頻度で経過観察を行います。
歯並びが安定してきたら、マウスピースを外し、リテーナーにかえて様子をみます。

最終的に、歯並びが固定されたことを歯科医が確認して治療終了となります。

DENTALOFFICE8(デンタルオフィス8)では無料カウンセリングを実施中

DENTALOFFICE8(デンタルオフィス8)では、マウスピース矯正をするにあたって、無料カウンセリングを行っています。
所要時間は1時間程度です。

歯並びや口の状態によっては、マウスピース矯正が出来ない場合もあるため、事前に確認を行います。

DENTALOFFICE8(デンタルオフィス8)の無料カウンセリングは事前予約が必要です。
リアルタイムで予約状況が確認できるため、空いている日程を選んで予約することが出来ます。

>>DENTALOFFICE8(デンタルオフィス8)の無料カウンセリングを予約する

タイトルとURLをコピーしました