ぺいるーとの便秘向け治験モニターは口コミでも評判?入院は必要?

ぺいるーと 便秘 治験モニター

ぺいるーとでは、便秘気味の女性を対象とした治験モニターを募集しています。
35歳から64歳までの女性で、北海道・南関東・愛知・大阪・福岡などの指定医療機関に週1回、通院できることが条件です。
自宅から通える範囲内の医療機関が指定されることが一般的です。

ぺいるーとの便秘向け治験モニターでは、便秘の専門医による診察・検査が受けられます。
治療薬として偽薬(プラセボ)が投与される可能性がありますが、治験中にはわかりません。

なお、ぺいるーとの便秘向け治験モニターに参加するにあたって入院する必要はありません。
指定の医療機関に通院する際に医療費を支払う必要はなく、逆に負担軽減費(交通費・謝礼相当)が受け取れます。

このぺいるーとの便秘向け治験モニターの口コミや評判はどうなのでしょうか?



ぺいるーとの治験モニターの口コミや評判は?

ぺいるーとの治験モニターの口コミや評判をまとめました。
便秘だけに限らず、サービス全体について調査しました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

応募してから、実際に参加するまでには1ヶ月近くかかりました。
募集案件によるとは思いますが、ぼくの場合は忘れたころに電話連絡があり、参加の意思があるか、スケジュール的に可能か、参加条件を満たしているかなどを確認され、参加を決めました。

実際に参加してみると、はじめは興味津々でしたが、たいくつな作業でした。
シゴトとして考えた場合には、割が悪くても、ウーバーイーツの方がたのしいです。

でも、1度くらいは体験しておくと、貴重な経験になると思います。
MRIで異常が見つかった場合には、教えてくれるそうです。

ぼくはコレステロール値が高いので、脳の血管がつまりかけてるとかがわかったら、ちょっとラッキーですね。
はやめに治療にあたれます。
引用元:治験バイト体験談

お薬の研究や他の人のお役に多少でも立つので何か良い事をした気持ちです。
普段の診断より詳しく自分の身体の事が分かり、助かりました。
引用元:ビューティーヘルスダイエットジャーナル

友人にいろいろ話は聞いていて危険なイメージは全くなかったので、入院の治験バイトというものに参加してみました。
病院はキレイだし、入院中はWi-Fi環境もあるし、DVDや漫画もそろっているので暇になることはありません。
2泊でしたが思ったよりあっという間に終わり無事にお金をもらって帰れました。
引用元:ぺいるーとで爪水虫を治療すると無料なうえ謝礼がもらえる!?



ぺいるーとの便秘向け治験モニターの特徴まとめ

ぺいるーとの便秘向け治験モニターの特徴をまとめました。

治験モニター期間

ぺいるーとの便秘向け治験モニターは、通常は5週間程度となります。
週1回のペースで指定された医療機関に通院し、検査や診察などを受けます。

指定医療機関は、北海道・東京・神奈川・千葉・埼玉・愛知・大阪・福岡などにあり、あなたの自宅・勤務先から通える範囲のクリニックが指定されます。

通院する際の医療費は無料となり、負担軽減費(交通費・謝礼相当)が毎回受け取れます。

参加条件

ぺいるーとの便秘向け治験モニターに参加するためには、以下の参加条件を全て満たす必要があります。

  • 35歳~64歳の日本人女性
  • 便秘を実感している(排便が3日以上ない、排泄は毎日あっても残便感が強いなど)
  • 健康保険証を提示できる
  • 過去3ヶ月以内に別の治験に参加していない
  • 週1回、指定医療機関に通院できる

ひとつでも満たしていない条件がある場合は、ぺいるーとの便秘向け治験モニターに参加できません。

偽薬が渡される場合もあり

治験を行う際、通常は、試験を行う予定の薬を患者さんに与えるだけでなく、一部の患者さんには全く効果のないプラセボ(偽薬)が渡されます。
同じようにテストを行うことで、薬や治療法などの効果を正しく判別することができるためです。

なお、患者さんにとっては、今飲んでいる薬が治験対象の薬なのか、それとも、プラセボなのかは一切わかりません。

薬を飲んでも何の効果も実感できなかった場合には、プラセボが渡された可能性が高いですが、治験中の薬に効果がなかった場合もあります。

副作用が出た場合には適切な治療が受けられる

ぺいるーとの便秘向け治験モニターで渡される治療薬は、事前に、動物実験やヒト臨床試験などで、ある程度の安全性と副作用に関する調査を済ませています。
生命に危険を及ぼすなどの深刻な副作用が生じる場合には、治験に進むことはできません。

それでも、検査数が増えることにより、思わぬ不具合が起こらないかどうかを治験で調べるため、何らかの副作用が起こる可能性はゼロではありません。

万が一、治験中に副作用が起こった場合には、指定の医療機関で無料で適切な治療が受けられるため、安心です。
緊急性が求められる場合には、救急車を呼んでも構いません。

ぺいるーとの便秘向け治験モニターの利用の流れ

ぺいるーとの便秘向け治験モニターの流れをまとめました。

  • 申し込みフォームからエントリー
  • 事前アンケートへの回答
  • 2週間の排便日誌の記録/提出
  • (条件が当てはまる人)治験を受ける医療機関の指定
  • 医療機関の治験コーディネーターと治験日程の調整
  • 医療機関での事前検診(1,2回実施)
  • 治験開始(週1回程度のペースで通院、合計5,6回程度)

事前アンケート・排便日誌などの結果によっては、治験の対象外となる場合があります。
医療機関の治験コーディネーターからの連絡をお待ち下さい。

>>ぺいるーとの便秘向け治験モニターの申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました