ハップアールのフェイスウォッシュ・クレンジングクリームの口コミ

ハップアール

ハップアールでは、クレンジング剤の「クレンジングクリーム」と洗顔料の「フェイスウォッシュ」などが発売されています。
アパガード歯磨き粉を販売する(株)サンギが開発しました。

ハップアールでは、洗浄補助成分として、肌専用アパタイト「アパリン」(ヒドロキシアパタイト)を配合しています。
酸化した皮脂、余分な皮脂、古い角質を取り除きながらも、必要な皮脂や角質までは取り除かない選択吸着で、洗いすぎを防ぎます。

また、ハップアールは美容成分や保湿成分も配合し、洗顔・クレンジング後の乾燥や肌トラブルなどにアプローチします。
利用者からも評判ですが、口コミを調べると意外な結果になりました。



ハップアールの口コミ・評判は良い?悪い?

口コミサイトなどでのハップアールの口コミを集めました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

悪い口コミ

垂れ落ちて来なくて良いのですが固すぎてたっぷりつけないと延びが悪いです。
メイクとの馴染みが分かりにくいです。
引用元:amazon

昭和世代の私には懐かしい感触というのが第一印象。
最近ジェルやバームタイプのクレンジングが主流の中、少し珍しい感じかも。

優しい肌当りで、刺激とかつっぱり感はゼロです。
その分(メイク落ちが悪いわけではないのですが)さっぱり落とし切ったという達成感(?)みたいなものがなくて、もちろんこの後で洗顔は必要なんですけど、人によってはもの足りない感じがあるかもしれません。
リピは微妙かなというのが正直な感想です。
引用元:LOHACO

良い口コミ

よくある洗顔フォームの香りがする。
懐かしくて結構好き 笑
泡立ちも良くしっとりとする
引用元:LIPS

デイリーメイクなら問題ないメイク落ち。
洗い上がりもヌルヌル残る感じやメイクが残っている感じもなくて、しっとり感が残っていました。
ダブル洗顔不要なので、お好みでこのまま終わってもナチュラルメイクの日はダブル洗顔なしで過ごしました。
引用元:Lulucos

全部の皮脂を落とすではなく、余分と酸化した皮脂だけ選択的に落とすのは魅力的な一つです。
洗浄力強すぎると顔が乾燥しやすいからこれぐらいちょうどいいです。

洗いあがりが乾燥しないかつさっぱりしています。
朝の洗顔にちょうどいい感じです。
夜だと一日に溜まった皮脂と汚れが多いか物足りないになります。
引用元:ホットペッパービューティーコスメ

口コミ評判まとめ

ハップアールのクレンジングクリームは、クレンジング力が弱いという不満が見られます。
しっかりとメイクをした場合には物足りなさを感じるかもしれません。

一方、汚れやメイクがしっかり落ちた、洗い上がりが良いといった口コミも見られました。

ハップアールの評価は?

口コミサイトなどでのハップアールの評価をまとめました。

クレンジングクリーム

amazon クレンジングクリーム 評価
@コスメ クレンジングクリーム 評価
LIPS クレンジングクリーム 評価

フェイスウォッシュ

amazon フェイスウォッシュ 評価
@コスメ フェイスウォッシュ 評価
LIPS フェイスウォッシュ 評価



ハップアールの特徴まとめ

ハップアール 特徴

ハップアールの特徴をまとめました。

選択吸着

選択吸着

ハップアールでは、洗浄補助成分として肌専用アパタイト「アパリン」(ヒドロキシアパタイト)を配合しています。

アパリンは、ターンオーバーの乱れ、くすみや毛穴汚れなどの原因となる

  • 古い角質
  • 余分な皮脂
  • 酸化した皮脂

などは取り除く一方、「新しい角質」「必要な皮脂」はしっかりと残す「選択吸着」(選択洗浄)を実現しました。

肌に必要な油分・水分を残すため、洗浄後の肌の乾燥やつっぱりなどを防ぎます。

ダブル洗顔不要のクレンジングクリーム

ハップアールのクレンジングクリームは、選択吸着でメイク汚れや古い角質、余分な皮脂などを取り除きます。

基本的にはダブル洗顔は不要ですが、洗い上がりが物足りない場合には洗顔料を併用するといいでしょう。

ハップアールのクレンジングクリームは植物性スクワランを配合しており、肌を自然に保湿します。

保湿感が得られる洗顔料

ハップアールのフェイスウォッシュもクレンジング剤と同じように、選択吸着で肌汚れや古い角質、余分な皮脂などを取り除きます。

また、以下の美容成分・保湿成分を配合することで、洗顔後の肌の突っ張りや乾燥を防ぎます。

  • グリセリン(保湿)
  • グリコシルトレハロース(保湿)
  • グリチルリチン酸2K(抗炎症)
  • ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム(ヒアロベール:保湿)
  • マタタビ果実エキス(保湿)

無添加/低刺激

ハップアールは、以下の成分を使用していません。

  • 着色料
  • パラベン
  • フェノキシエタノール
  • ペンチレングリコール
  • シリコン
  • 鉱物油(ミネラルオイル)
  • アルコール(エタノール)
  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤

ハップアールの原材料・成分を解析

ハップアールで使われている全ての原材料を一覧にまとめました。

クレンジングクリーム

水、スクワラン、BG、ヒドロキシアパタイト、グリセリン、PEG-32、PEG-6、ラウリン酸ポリグリセリル-10、カオリン、セテアリルアルコール、ステアリン酸グリセリル(SE)、ケイ酸(Al/Mg)、キサンタンガム、ベヘニルアルコール、ジメチロールプロピオン酸ヘキシル、グルチルリチン酸2K、ココイルアルギニンエチルPCA、香料

フェイスウォッシュ

水、グリセリン、プロパンジオール、ステアリン酸、ヒドロキシアパタイト、ミリスチン酸、PEG-32、PEG-6、ラウリン酸、グリコシルトレハロース、水酸化K、ココイルメチルタウリンNa、ラウラミドDEA、 加水分解水添デンプン、ステアリン酸グリセリル(SE)、ケイ酸(Al/Mg)、キサンタンガム、グリチルリチン酸2K、ジメチロールプロピオン酸ヘキシル、BG、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ココイルアルギニンエチルPCA、マタタビ果実エキス、香料

ハップアールの問題点は?

ハップアール 副作用

「ハップアールは医薬品ではないので副作用は存在しない」と断言している人もいますが、詳しく調べたところ、問題点が見つかりました。

ハップアールに含まれる植物成分などに対するアレルギーが有ると肌トラブルが起こる可能性があります。

赤み、腫れ、刺激、かゆみ、色抜け(白斑等)や黒ずみなど、なんらかの問題が出た場合には、使用を中止して体調の回復を優先させましょう。
具合が悪い状態が続く場合、急激に体調が悪化した場合には、医師の診察を受けたほうが良いです。

ハップアールの効果的な使い方は?

ハップアール 使い方 効果

ハップアールは、一般的なクレンジング剤・洗顔料と同じように使えます。
クレンジングクリームは「さくらんぼ大」、フェイスウォッシュは「約2cm」程度が使用量の目安です。

フェイスウォッシュを使う際に、泡立てネットなどを使用する必要はありません。
少量の水などと混ぜ合わせるだけで泡立ちます。

クレンジングクリームは、ウォータプルーフやリムーバーが必要なメイクアップ化粧品は十分に落とせません。
専用のリムーバーが必要です。

また、クレンジングクリームを使った後、基本的にはダブル洗顔は不要です。

クレンジングクリームだけでは物足りない場合には、フェイスウォッシュなどの洗顔料でダブル洗顔しても構いません。

ハップアールの販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

ハップアール 販売店 価格 最安値

ハップアールは、どこで買えるのでしょうか?
販売価格なども含めて詳しく調べました。

店頭販売はしているのか?

ハップアールは、アットコスメストアやアインズ&トルペ、ショップインなど、一部のドラッグストア、コスメショップ、バラエティストアなどの店頭で発売しています。

販売価格や在庫状況などは各店舗で確認してください。

通信販売で最も安く買えるのは?

ハップアールは販売元直営の通販サイトで販売していますが、それ以外にも、

  • amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

などのネットショップで販売されていることが確認できました。

各店舗での販売価格は在庫状況や競合店舗との価格競争で変わることがあるため、安く買えたらラッキーですね。

販売元直営の公式通販サイトでは、フェイスウォッシュが1本2,200円(税込)、クレンジングクリームが1本2,420円(税込)で販売しています。

この2本をセットにした「洗顔セット」は20%OFFの3,696円(税込、送料込)で買えます。

なお、ハップアールを手軽に試せるトライアルセットを1,078円(税込、送料込)で購入できます。
クレンジングクリームとフェイスウォッシュのどちらも手軽に試すことができます。

>>ハップアールを公式サイトから購入する

まとめ

ハップアールは、選択吸着により、肌に必要な角質・皮脂は残しながらも、古い角質や皮脂、汚れなどは取り除いていきます。

口コミではクレンジング・洗浄力の弱さを指摘する人もいましたが、満足している人も多かったです。
肌質などによって個人差が見られるため、トライアルセットなどで試してみるといいのではないでしょうか?

>>ハップアールの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました