生活向上WEBの治験ボランティアは怪しい?謝礼はもらえる?評判は?

生活向上WEB 治験

生活向上WEBでは、65歳以上の人を対象とした治験ボランティアを募集しています。
健康な人はもちろんのこと、持病のある人でも参加することは可能です。

治験というと「人体実験」などといった怪しいイメージがつきものですが、生活向上WEBで募集している治験は、国際的なルールに則って安全に行われます。
参加することで「負担軽減費」という名目の謝礼が受け取れますし、治験開始後でも途中離脱は可能です。

しかし、生活向上WEBの口コミを見ていると、怪しい、胡散臭いといったマイナスイメージを持つ人も見つかりました。
利用者からの評判はどうなのでしょうか?

生活向上WEBの口コミや評判は?

生活向上WEBの治験ボランティアに関する口コミや評判をまとめました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

悪い口コミ

安心応答にすると切れました。
登録した覚えはあるのですが、数ヶ月前に会員登録削除依頼したのですが、電話がかかるとはどうなっているのかな?
引用元:JPNUMBER.COM

生活向上Web。
電話をかけてくるのなら治験の案内のみにしてほしいです。
保険の案内は不要。
引用元:電話帳ナビ

良い口コミ

健康食品のモニターで、ちょうど私の悩みにピッタリのがあったので応募してみました。

すぐに担当の方から連絡が来て一通り日程の確認をしたのですが、ここで問題発覚です。
今回のモニターでは「1日スタートで毎週月曜日通院」というように開始日と曜日が決まった状態の日程が組まれていました。
全6日の日程で何パターンかあったのですが、全日都合の付く日程がなかったのです。

そのため、後日改めて日程の調整をすることになりました。

そんななか、電話が来ました!

案内してくれた日程よりさらに一か月後の日程はどうかというものでした。
電話した日から2か月後以上後の予定となりましたが、せっかくなので予約しちゃいます。
電話での予約後は確認のメールも届きます。忘れないように直前にまた連絡します、とのこと。

全体的にお客様、というか「協力してくれてありがとうございます!」という手厚い応対をしてくれます。
こちらが恐縮してしまいますね。

最初の検診日の2週間前、予想外の連絡が来ました。
「大変申し訳ありませんが、キャンセルとなってしまいました」
こんなこともあるのですね。

よくよく話を聞いてみると、予約人数そのままが通院を始められるわけではないようです。
当日参加できなくなったり検診で条件に当てはまらなかったりする場合も考え、多めに参加者を募っているのだそう。

今回はキャンセルする人が少なく、用意していた健康食品の数が足りなくなったため、日程の遅い人はキャンセルになったということでした。

ここまでの流れは本当に丁寧で、こちらの事情や都合を最大限考えて提案をしてくれました。
問い合わせや照会の電話のような事務的な感じではなく、一人ずつにしっかり説明するという印象です。
強引な勧誘はありませんので、安心できます。
引用元:最底辺の歩き方

私は、生活向上WEBにて、皮膚薬の治験をしました。

「治験」というと、「長期入院」をしなくてはならないと思われがちですが、私の体験した皮膚薬の治験は、自宅に皮膚薬が発送され、アンケートを返信する形でした。
在宅で治験できたのは、有り難かったですし、何より、ニキビで悩んでいたので、皮膚薬の治験は有り難かったのと、「新しい薬が試せる!」とワクワクしながら、治験をしました。

結果、皮膚も改善され、報酬も頂けて、私は治験を体験してよかったと思います。
引用元:副業学校

治験というと、実験のような気持ちになり、最初は不安もありましたが、試験前の説明を聞いて、信頼できそうに思いました。
医師の診察や常に体調の変化にも気にかけてもらえて、責任を持って対処してもらえること、いつでも自分の意思で参加を中止できることなど、安心して参加できる点でもおススメです。
引用元:みんなの在宅ワーク編集会

口コミ評判まとめ

生活向上WEBの治験そのものに対しては、怪しい・詐欺といった口コミはほとんどみられませんでした。
治験そのものに対する不信感や批判をもとに、生活向上WEBを誹謗中傷するコメントが見られた程度です。

一方、生活向上WEBの会員に対して、全く別のサービスの電話営業などが行われることがあり、こちらは不評でした。
保険勧誘や外壁塗装、火災保険を使ったリフォームなど、一方的にまくしたてるテレアポにウンザリした人も見られました。

生活向上WEBの特徴まとめ

生活向上WEB 特徴

生活向上WEBの特徴をまとめました。

65歳以上が対象

生活向上WEBでは、さまざまな年代の治験ボランティアを募集していますが、こちらからは65歳以上の男女を募集しています。

まったく健康で薬も全く不要という人はもちろんのこと、何らかの持病を抱えていて、薬や点滴などが欠かせないという人でも参加可能です。

医薬品以外の治験も豊富に用意

治験というと「医薬品のモルモット」「人体実験で何人も死ぬ」などといったイメージがつきものですが、動物実験などで十分な安全性が確認されたものしか治験は行なえません。

もちろん、これまでの臨床試験で見つからなかった副作用が治験で起こる可能性はありますが、すぐに人命に関わるようなケースは非常に少ないです。
副作用が起こっても、治験前に行う医師からの説明で提示する範囲内でおさまることがほとんどです。

また、どうしても医薬品は副作用が怖いという人も少なくないため、健康食品やサプリメント、化粧品等に関する治験も数多く用意しています。
医薬品の治験に抵抗のある人でも参加しやすいのではないでしょうか?

入院・通院・在宅で可能

治験というと、病院に入院して投薬や検査を受けるというイメージがありますが、生活向上WEBで募集している案件的には少ないです。
週1回など、一定のペースで指定の医療機関に通院し、医師の診察や検査を受ける場合が多いです。

また、健康食品や化粧品等の場合には、初回は検査のために医療機関に通院し、治験対象かどうかを確認する程度で済むことが多いです。
治験の対象者に選ばれたら、自宅に治験対象の商品が送られてきて、書面やインターネットなどで回答するだけで良いケースも少なくありません。
電話・ビデオ通話によるインタビューなどが行われる場合もあります。

生活向上WEBの治験募集のページで詳しい説明が書かれているので、事前に確認しておくといいでしょう。

謝礼は案件によって異なる

生活向上WEBで治験に参加すると「負担軽減費」という名目で謝礼が受け取れます。

治験の内容によっても異なりますが、入院が必要な治験の場合に謝礼が多く、10万円を超えるケースもあります。
通院のみ、在宅のみとなるに従って、謝礼が減っていく場合が多いです。

持病の治療に役立つ治験が見つかった場合には、かかりつけ医の意見なども参考にしながら、参加するかどうかを決めるといいでしょう。

治験は途中離脱が可能

生活向上WEBで募集している治験は、参加中に離脱することが可能です。

何らかの副作用が生じて耐えられなくなった場合や、日程的に参加することが難しくなった、家族の反対が強くて続けられないなど、理由のいかんは問いません。

案件によって異なりますが、途中離脱した場合には負担軽減費を1円も受け取れない場合もあります。

ポイントサイトとしても活用可能

生活向上WEBは、治験募集だけでなく「ポイントサイト」として活用することも可能です。

モッピーやハピタス、ポイントタウンなどと同じように、アンケートに回答したり、治験以外のモニターなどに参加することでポイントや謝礼が受け取れます。

また、口コミでは不評ですが、テレアポが行われる場合もあります。

まとめ

生活向上WEBでは、65歳以上の高齢者を対象に、さまざまなタイプの治験を募集しています。
会員数は2021年8月時点で93万人を超えており、業界最大規模となっています。

いつでも好きな時に気軽に参加できるため、まずは登録しておくだけでも構いません。

>>生活向上WEBの詳細/登録はこちら

タイトルとURLをコピーしました