平石クリニックのNIPT(出生前診断)の結果はいつわかる?口コミは?

平石クリニック NIPT 出生前診断

東京麻布十番にある平石クリニックでは、全国各地の提携院とともにNIPT(新型出生前診断)を行っています。
無認可施設のために制限が少なく、妊娠10週目から利用することができ、採血のために1回通院するだけで構いません。

平石クリニックでは、一部の検査を除き、海外に血液を送付する必要がないため、採血後、最短6日で結果が判明します。
検査結果はメールで通知されるため、再度、通院する必要はなく、口コミでも好評です。

なお、NIPTの結果が陽性だった場合には、本当に正しいかどうかを確認するために羊水検査が必要です。
その際の検査費用は平石クリニックが全額負担します。



平石クリニックのNIPT(新型出生前診断)の口コミや評判は?

平石クリニックのNIPT(新型出生前診断)の口コミや評判をまとめました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

非常に珍しいパターンながら、同じクリニックで同じNIPT検査を2回受け、無事に陰性判定をいただきました。

ひとまず、一般に40歳のNIPTの判定における信頼度は99%以上と言われているので、前回のようにお腹で赤ちゃんが突然亡くなることへの恐怖感はかなり和らぎました。
かなりバタバタなクリニックとのやりとりでしたが、自分としてはNIPT、やって良かったと思います

私の場合は結果は陰性の範疇に収っていながら、血液数値には驚くほど上下差がありました。(1回目は高く出た数値が2回目は低かった等)

やはり該当する妊婦さんならば認可病院でカウンセリングを受け、その場で質問に答えてくれる医師のいることが精神的におすすめです。
引用元:アラフォー黒猫の雑育児 ~婚約破棄されてからの追い上げ記録~

検査を受けるクリニックに在籍する先生は、産婦人科医ではありません。
しかし正直なところ、クリニックでは血液検査を受けるだけなので私は全く気になりませんでした。

また、NIPT平石クリニックには認定遺伝カウンセラーも在籍しているので、不安なことがあればカウンセラーに相談することができます。

私はアメリカ本社で検査をしてもらったので、届いた検査結果が英語表記でした。
最初は理解できるか不安でしたが、説明書がついていたので問題なく確認することができました。

正直に言うと、流れ作業感が否めませんでした。
「しっかり心に寄り添ってくれるのか?」と聞かれると自信を持って「はい」とは言えません。

遺伝カウンセラーを利用すれば安心できるのかもしれませんが、私は結果が陰性で遺伝カウンセラーに相談することがなかったので、どこまで寄り添ってくれるのかは正直分からない部分です。

しかし、これは平石クリニックに限らず、全ての無認可施設に共通する話だと思います。
やはり事前カウンセリングを徹底している認可施設に比べると劣るんだろうなと。

言い方が悪いかもしれませんが、「倫理的な判断は自分でするからサクッと検査を受けたい」という方には、逆に心の負担も少なく済むのではないかと思います。
引用元:shiori’s channel

平石クリニックでは、妊娠10週目~16週目までに検査を受けることを推奨していると聞いたのですが、私が来院したのは妊娠17週目に入ってからでした。
それでも検査を受けられるのだろうかと不安でしたが、もちろん検査を受けることができ、異常なしという結果でした。
カウンセリングがとても丁寧な平石クリニックで検査を受けて良かったと思っています。
引用元:平石クリニックのNIPT検査はどうなの?

友達に紹介してもらった平石クリニックに行きました。

電話して、予約は次の日。
もう決めたら早くやりたかった!

六本木のクリニックは改装中とのことで 麻布十番の会社?事務所のようなところへ案内されました。
平石先生ご本人が診察、血液検査までやってくれました。

先生とのお話、楽しかったです。
電話では、20代では1/1000、30代では1/300、40代では1/100と聞いていたけど、実際、先生と話して、21トリソミーに関しては40代は1/40だそうです。
結構高くてビビりました。。
引用元:スーゴの妊活日記!~3歩進んで2歩下がるけど 七転び八起き~

高齢で子供を授かる事になり色々悩んでいたのでNIPTの検査を受けることにしましたが不安も解消しスッキリしました。
先生と看護師さんが丁寧で、涙が出そうになりました。
初めての人でもわかりやすい言葉で説明してくださるので安心してお任せする事ができました。
引用元:【初めてでも安心!】東京にある出生前診断クリニックおすすめランキング!

口コミまとめ

平石クリニックのNIPTは多くの人から好評ですが、運悪く非常に珍しいトラブルに巻き込まれたり、採血時などに、対応に問題のある職員と揉めたケースが見つかりました。

なお、致命的なトラブルなどは、調べた範囲においては見つかりませんでした。
多くの人が、平石クリニックのNIPTを利用して満足している様子です。



平石クリニックのNIPT(新型出生前診断)の料金

平石クリニックのNIPT(新型出生前診断)の料金をまとめました。

検査名称 費用(税込) 検査項目
基本検査 198,000円 13,18,21トリソミー検査
性染色体検査
全染色体検査 231,000円 1~22番トリソミー検査(性染色体検査を含む)
微小欠失検査 253,000円 1~22番トリソミー検査(性染色体検査を含む)
微小欠失検査(1p36欠失症候群、4p欠失症候群、5p欠失症候群、プラダー・ウィリ症候群、アンジェルマン症候群、22q11.2欠失症候群)

希望者は性別を知ることができます。

なお、無認可のNIPTは自由診療(自費診療)となるため、医療費は全額自己負担です。
各種健康保険は使えませんし、高額療養費制度の対象外です。

また、確定申告時の医療費控除も対象外となります。

支払い方法

現金、クレジットカード(医療機関側で対応している場合)

採血終了後、医療機関での支払いとなります。

平石クリニックのNIPT(新型出生前診断)の特徴まとめ

平石クリニックのNIPT(新型出生前診断)の特徴をまとめました。

妊娠6週目以降で利用可能

平石クリニックは、日本産科婦人科学会・日本医師会などが加入するNIPTコンソーシアムの認可を受けていない無認可施設です。
無認可施設だからといっても違法というわけではなく、妊娠6週目以降であれば、年齢などに関係なく誰でも検査を受けられます。

なお、NIPTコンソーシアムでは「無認可施設におけるNIPTは重大な欠陥がある」と厳しく糾弾しており、厚労省に無認可施設でのNIPTの即時禁止・刑事罰の導入などを要求しています。

「母体血を用いた出生前遺伝学的検査(NIPT)」指針改訂についての経緯・現状について|公益社団法人 日本産科婦人科学会

一方、厚労省では、NIPT等の出生前検査に関する専門委員会の報告書を2021年5月に取りまとめており、今後、何らかの規制が入る可能性があります。

NIPT等の出生前検査に関する専門委員会

通院は採血1回のみ

平石クリニックのNIPT(新型出生前診断)では、採血のために1回通院するだけで構いません。
夫婦同伴である必要は一切なく、1人でも問題ありません。

採血は平石クリニックだけでなく、全国各地の提携院でも受けられます。
医療機関によって受付時間は異なりますが、平日だけでなく土日祝日でも採血が可能なところが多いです。

ごくまれに、一時的な血液の状態などによって、正しい検査結果が出ない場合があります。
再検査を行うために、再度、採血の必要が生じますが、その場合の費用は無料です。

当日キャンセル可能

採血日に体調が悪化した場合には、無理に通院する必要はありません。
当日でもキャンセル・予約変更が可能です。

キャンセル料は採血当日でもかかりませんが、ドタキャンは迷惑なため、電話連絡は行うようにしてください。

採血後にNIPTをキャンセルすることはできません。
検査結果を受け取って終了となります。

検査結果はメールで通知

平石クリニックのNIPT(新型出生前診断)では、採血の後、検査機関に送付し、解析を行います。
解析終了後、メールにて検査結果が通知されるため、医療機関に再び通院する必要はありません。

基本検査・全染色体検査は、日本国内の検査機関にてVeriSeqNIPT Solution V2により行われます。
陽性的中率は92.8%以上、陰性的中率は99.9%と非常に高いのが特徴です。

微小欠失検査はVeriSeq NIPT Solution V2では検出できない場合が多いため、検査実績が豊富なアメリカイルミナ社に血液を送付し解析する必要があります。

このため、基本検査・全染色体検査は採血後最短6日、微小欠失検査は最短14日で検査結果が判明します。
検査機関の状況にもよりますが、新型コロナ検査などの影響により、10日程度かかることが多いです。

認定遺伝カウンセラーが在籍

平石クリニックには、認定遺伝カウンセラーが在籍しています。

陽性結果が出た場合の相談はもちろんのこと、検査前の各種問い合わせや疑問点、不安点の解消など、さまざまな対応を行っています。

なお、全国の提携院を利用する場合、認定遺伝カウンセラーが在籍していないため、主に電話などでの相談となります。

羊水検査の費用は平石クリニックが全額負担

平石クリニックのNIPT(新型出生前診断)で陽性が明らかになっても、絶対に正しいとは限りません。
実際に遺伝子異常があるかどうかを確認するために羊水検査が必要になります。

羊水検査の費用は医療機関によっても異なりますが、通常、1回10~20万円程度かかります。
この羊水検査の費用を平石クリニックにて全額負担するため、自己負担はありません。

なお、羊水検査を受けるにあたって、特定の医療機関の指定などはありません。
あなたが通院している産科医院から紹介してもらってもいいですし、あなた自身で探しても構いません。

まとめ

平石クリニックのNIPT(新型出生前診断)は、最短で採血後6日で結果が判明します。
現在は、検査機関が混雑しているため、10日程度かかることが多いようです。

また、日本マーケティングリサーチ機構の調査で満足度95%以上という高さです。
価格は他院のNIPTのほうが安いですが、多少高くても安心感が得られるという点で満足度の高さにつながっており、口コミでもおおむね好評でした。

>>平石クリニックのNIPT(新型出生前診断)の詳細/予約はこちら

タイトルとURLをコピーしました