シンピスト(shinpist)オールインワン化粧品の口コミ・評判

シンピスト shinpist

シンピスト(shinpist)は、有効成分「ナイアシンアミド」を配合した医薬部外品(薬用化粧品)のオールインワン化粧品です。
三相乳化・形状復元ジェルを採用したナイアシンアミドを配合した日本初のオールインワンジェルです。

シンピスト(shinpist)は、ナイアシンアミドが真皮層に働きかけるため、乾燥小じわだけでなく、角質層よりも更に深いシワの改善効果も得られます。
また、美白(※)効果も得られるため、シミ対策としても効果的です。

(※)メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ

このため、シンピスト(shinpist)の先行販売では、発売開始から、わずか58秒で完売しました。
口コミや評判なども好評です。



シンピスト(shinpist)の口コミ・評判は良い?悪い?

口コミサイトなどでのシンピスト(shinpist)の口コミを集めました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

悪い口コミ

乾燥肌には物足りなく感じた
引用元:ゴルファッション

個人的に気になるところは、若干容器の存在感ですかね。
スパチュラ内蔵なので衛生的で便利なのですが、やはり少し大きい印象はあります。
引用元:シンピストの評判と口コミ【使ってみた】真皮の深いシワ改善に希望!

ナイアシンアミドは有効成分として認められたものの、シワへの効果は弱いです。
ヒアルロン酸注射などのような即効性はありませんし、ボトックス注射と比べても遅いです。

良い口コミ

シンピストを付属のスパチュラを使ってジェルをすくってみました。
白色のとろみのあるジェルは見た目ぷるぷるしています。

一目見るだけで、保湿力があることがわかりました。
シンピストを手の甲にとった瞬間、ヒヤッとして気持ちのいい冷たさに感じました。

手の甲に伸ばしてみると、するすると驚くほど伸びがよく塗れました。
匂いも無臭なので、不快な匂いは全くありませんでした。

とても伸びがいいテクスチャー(ジェル)なので、コスパ最強かもしれません。
引用元:贅沢人生の歩み方

解禁58秒で完売した商品を手にしてる私ってラッキーです
使わない時はインテリアの一つになっていて、誰もジェルだと気づいていないという♪誰にも使われないから嬉しい
私はこれでシワが少しでも減ってほしいという願いを込めて朝晩使ってます
引用元:インスタグラム

口コミ評判まとめ

シンピスト(shinpist)の口コミは個人差が大きいです。

保湿効果などは、超乾燥肌の人とオイリー肌の人とでは実感が違うのは珍しくありませんし、肌トラブルの有無などによっても大きく変わります。

記事作成時点では、発売開始から間もないこともあって、シワやシミなどへの目に見える効果に関する口コミは見つかりませんでした。
「シワやシミに効果なし」といった内容の口コミはありましたが、そんな短期間で効果が出るわけがないので当然です。

また、値段が高いといった不満も見つかりましたが、確かにプチプラよりは高いとしても、デパコスなどと比べると安いです。
オールインワンなので基礎化粧品をラインで揃えるよりは安くすむ場合が多いです。

シンピスト(shinpist)の評価は?

調査した時点では、口コミサイトなどでのシンピスト(shinpist)の評価は見つかりませんでした。

今後、利用者が増えてくるため、まとまった評価が出てくるものと思われます。



シンピスト(shinpist)の特徴まとめ

シンピスト shinpist 特徴

シンピスト(shinpist)の特徴をまとめました。

オールインワン化粧品

シンピスト(shinpist)は、以下の機能を持つオールインワン化粧品です。

  • 導入美容液(ブースター)
  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • クリーム
  • パック
  • スポット
  • ネックケア

シンピスト(shinpist)のみでスキンケアを済ませることが可能です。

低分子・三相乳化技術で真皮層まで有効成分が浸透

一般的な化粧品・薬用化粧品は、法律(薬機法)により角質層までしか浸透が許されていません。
真皮層にまで浸透するためには、医薬品としての承認が必要となるケースが一般的です。

鎮痛消炎剤などが有名ですが、角質層でとどまっていたらボルタレンやロキソニンなどの有効成分で、関節や筋肉などの痛みを抑えることができません。
真皮層の奥にある皮下組織から血管に入り込むことで、はじめて筋肉や関節などの痛みを取り除きます。

三相乳化法 ラメラ構造

一方、シンピスト(shinpist)に配合されている「ナイアシンアミド」は、医薬部外品(薬用化粧品)でありながら、真皮層への浸透が認められた有効成分です。

コラーゲン生成を促すことで、真皮層まで達したシワを改善効果がありますし、メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ美白効果もあります。

このナイアシンアミドの浸透力を高めるために、肌のラメラ構造と同じく、水分と油分が重なり合った三相乳化法を用いることで、肌バリアの影響を受けずにスムーズに角質層から真皮層へと浸透していきます。

三相乳化法を採用することで、界面活性剤が不要になるというメリットも得られます。

美容成分・保湿成分を低分子化

低分子

シンピスト(shinpist)は、有効成分のナイアシンアミドのほかにも、美容成分・保湿成分を厳選して配合しています。
主なものを一覧にまとめました。

  • レチノール誘導体(ビタミンA油)
  • ビタミンC誘導体(3-O-エチルアスコルビン酸、テトラ2-へキシルデカン酸アスコルビル)
  • プラセンタエキス(1)
  • ヒアルロン酸Na
  • 加水分解コラーゲン(コラーゲン・トリペプチドF)
  • セラミド(N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン:セラミドAP、セラミドNG、セラミドNP)
    アミノ酸コンプレックス(L-アルギニン、L-アスパラギン酸、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、グリシン、L-アラニン、L-セリン、L-バリン、L-プロリン、L-イソロイシン、L-スレオニン、L-ヒスチジン、L-フェニルアラニン)

シンピスト(shinpist)全体の70%程度を分子量3,000以下に低分子化することで、肌の表面でとどまらず、角質層にスムーズに浸透していきます。

ナイアシンアミドは分子量が122.12と小さいため、特に加工をしなくても真皮層まで浸透します。

無添加/低刺激

シンピスト(shinpist)は、以下の成分を使用していません。

  • 合成香料
  • 着色料
  • パラベン
  • 鉱物油(ミネラルオイル)
  • アルコール(エタノール)
  • 界面活性剤
  • 紫外線吸収剤

シンピスト(shinpist)の原材料・成分を解析

シンピスト(shinpist)で使われている全ての原材料を一覧にまとめました。

有効成分

ナイアシンアミド

食品添加物

精製水、1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、ポリオキシブチレンポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリルエーテル(3B.O.)(8E.O.)(5P.O.)、ポリエチレングリコール・デシルテトラデセス-20・ヘキサメチレンジイソシアネート共重合体、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、トリメチルグリシン、1,2-ペンタンジオール、硬化ナタネ油アルコール、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、フェノキシエタノール、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース、水酸化ナトリウム、d-δ-トコフェロール、3-O-エチルアスコルビン酸、テトラ2-へキシルデカン酸アスコルビル、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、ビタミンA油、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、L-ピロリドンカルボン酸、乳酸ナトリウム液、L-アルギニン、L-アスパラギン酸、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、グリシン、L-アラニン、コラーゲン・トリペプチド F、L-セリン、L-バリン、L-プロリン、L-イソロイシン、L-スレオニン、L-ヒスチジン、L-フェニルアラニン、プラセンタエキス(1)

シンピスト(shinpist)の問題点は?

シンピスト shinpist 副作用

「シンピスト(shinpist)は医薬品ではないので副作用は存在しない」と断言している人もいますが、詳しく調べたところ、問題点が見つかりました。

シンピスト(shinpist)に含まれるフェノキシエタノール・1,2-ペンタンジオール(ペンチレングリコール)は、ごくまれに皮膚炎などのアレルギー症状が起こる可能性があることが判明しています。
この症状はアトピーや食物アレルギーなどの有無とは関係なく起こります。

植物成分などに対するアレルギーが有ると、同様に肌トラブルが起こる可能性があります。

また、シンピスト(shinpist)には濃グリセリンが配合されています。
ニキビがあるとアクネ菌が増殖しやすくなり、症状が悪化するおそれがあるという論文が発表されています。

赤み、腫れ、刺激、かゆみ、色抜け(白斑等)や黒ずみなど、なんらかの問題が出た場合には、使用を中止して体調の回復を優先させましょう。
具合が悪い状態が続く場合、急激に体調が悪化した場合には、医師の診察を受けたほうが良いです。

シンピスト(shinpist)の効果的な使い方は?

シンピスト shinpist 使い方 効果

シンピスト(shinpist)はオールインワン化粧品のため、洗顔・クレンジング後に使います。

シンピスト(shinpist)付属のスパチュラ1杯分程度を使用量の目安として、顔全体になじませていきます。
顔の中央部から外側に向かって軽く引き上げるように塗っていくと、マッサージ効果もえられるために効果的です。

なお、シンピスト(shinpist)の効果には個人差が見られます。

保湿効果などは初回から実感しやすい一方、シミやシワなどへの効果は違いが大きいです。

特にナイアシンアミドの効果は穏やかなため、真皮層まで達したシワへの効果を実感するまでには、数ヶ月から1年を超える時間が必要な場合が多いです。
即効性を求める場合には、美容クリニックでヒアルロン酸注射やボトックス注射を受けたほうがいいでしょう。

シンピスト(shinpist)は、顔だけでなく首筋やデコルテのケアにも使えます。

シンピスト(shinpist)の販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

シンピスト shinpist 販売店 価格 最安値

シンピスト(shinpist)は、どこで買えるのでしょうか?
販売価格なども含めて詳しく調べました。

店頭販売はしているのか?

販売元に確認したところ、通販限定商品とのことでした。

シンピスト(shinpist)は、ドラッグストアや薬局、コンビニやスーパー、バラエティストアなどの店頭では購入できません。

通信販売で最も安く買えるのは?

シンピスト(shinpist)は販売元直営の通販サイトで販売していますが、それ以外にも、

  • amazon
  • Yahoo!ショッピング

などのネットショップで販売されていることが確認できました。

調査した時点では、楽天市場では購入できませんでした。

各店舗での販売価格は在庫状況や競合店舗との価格競争で変わることがあるため、安く買えたらラッキーですね。

販売元直営の公式通販サイトでは、1個7,865円(税込、送料別)で販売しています。

>>シンピスト(shinpist)を公式サイトから購入する

定期購入はあるのか?

シンピスト(shinpist)は、販売元直営の公式通販サイトで定期購入を扱っています。

1個あたり初回2,178円、2回目以降は4,378円(いずれも税込、送料別)とオトクに続けられます。

なお、シンピスト(shinpist)の定期購入には、最低購入回数のシバリはありません。
初回分を受け取った後であれば、いつでも自由に定期購入を解約できます。

また、初回25日間の全額返金保証も用意されています。
所定の手続きを済ませることで、開封後でも返品・返金が可能です。

>>シンピスト(shinpist)を定期購入する

定期購入の解約方法は?

シンピスト(shinpist)の定期購入を解約する場合には、どのような手続きが必要なのでしょうか。

現在は、電話・購入者専用マイページで解約を受け付けています。
その場で解約手続きは完了します。

解約手続き申し込み締切日は、次回配送予定日の7日前です。
締切日をすぎると次回分を受け取ってからの解約になります。

まとめ

シンピスト(shinpist)は、シミ・シワに効果を発揮する医薬部外品(薬用化粧品)のオールインワン化粧品です。
口コミでも評判となっており、利用者からの満足度も徐々に高まっています。

シンピスト(shinpist)は、定期購入でオトクに購入できます。
返金保証も用意されているので、手軽に始められるのではないでしょうか?

>>シンピスト(shinpist)の公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました