Re:Bonel(リボネル)ネイルケアジェルの口コミは?爪への評価は?

Re:Bonel リボネル

Re:Bonel(リボネル)は、手や足の爪をケアするネイルケアジェルです。
にごり爪やかさつき爪、崩れ爪や変色爪などに悩む人たちから注目されています。

Re:Bonel(リボネル)は、爪の奥(角質層まで)に成分が浸透するように、独自の処方に仕上げています。
爪床の角質層までしっかりと美容成分や保湿成分が浸透していきます。

このため、Re:Bonel(リボネル)は口コミでも注目されています。
利用者からの評価はどうなのでしょうか?

Re:Bonel(リボネル)の口コミ・評判は良い?悪い?

口コミサイトなどでのRe:Bonel(リボネル)の口コミを集めました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

悪い口コミ

長期的に続けるのはやっぱり値段がネック。
「値段の割に内容量が少し少ないかな?」という気がします。
引用元:インスタグラム

効果が出るかどうか分からないものを長期間使い続けるのは難しそう。

良い口コミ

サラサラのテクスチャーで使いやすい
引用元:リボネルは公式サイトがお得!定期コースの解約方法と注意点まとめ

サラッと使えて潤いがキープ
引用元:#ゆーすログ

掃除してるといつも思うのが自爪の弱さ!!
ジェルネイルしているのに拭き掃除してるだけでグニャと曲がってしまうんです。

私みたいに元々自爪が弱い人や、爪が薄くなっちゃったり、ボコボコしてる人におすすめなのが#リボネルです。

1日数回、爪と皮膚のところに塗るだけ!!
生え変わるのに半年から1年くらいかかるみたいなのでしっかり続けていきます。

爪は結構人から見られるのでケアしておきたいですよねん。
引用元:インスタグラム

口コミ評判まとめ

Re:Bonel(リボネル)の口コミは少なめですが、満足している人が多かったです。

値段の高さに対する不満や効果に対する不安が見られる程度で、その他の人々からは好評でした。

Re:Bonel(リボネル)の評価は?

口コミサイトなどでのRe:Bonel(リボネル)の評価は見つかりませんでした。
今後も調査を続けてまいります。

ちなみに、販売元が公開しているデータによると、ISSIN Reserch調査で、以下の10項目全てで1位を獲得しました。

  • ネイルケアに最適なネイルケアグッズ
  • コスパがいいと思うネイルケアグッズ
  • 実感を期待できそうなネイルケアグッズ
  • 安全性が高いと思うネイルケアグッズ
  • 注目度の高いネイルケアグッズ
  • 信頼度が高いネイルケアグッズ
  • オススメしたいネイルケアグッズ
  • リーズナブルだと思うネイルケアグッズ
  • 人気度の高いネイルケアグッズ
  • 試してみたいネイルケアグッズ

Re:Bonel(リボネル)の特徴まとめ

Re:Bonel リボネル 特徴

Re:Bonel(リボネル)の特徴をまとめました。

爪床に届く高浸透設計の独自処方

高浸透設計

爪は固いタンパク質でできているため、ただ表面に塗っただけでは、爪の奥まで浸透することはありません。

Re:Bonel(リボネル)では、爪が油に馴染みやすい「親油性」という特徴を活かし、美容成分・保湿成分を油分で包み込むことで、爪の奥にある爪床まで届く独自処方を行っています。

美容成分・保湿成分を配合

Re:Bonel(リボネル)は、美容成分・保湿成分を厳選して配合しています。
主なものを一覧にまとめました。

  • 竹酢液(殺菌、抗菌)
  • O-シメン-5-オール(殺菌、抗菌)
  • グリチルリチン酸2K(抗炎症)
  • 加水分解ケラチン(保湿)
  • パンテノール(水溶性ビタミン:保湿、抗炎症)
  • 加水分解酵母(保湿、整肌)
  • スクワラン(保湿、エモリエント)
  • アサイヤシ果実油(抗酸化)
  • マンゴー種子油(エモリエント)
  • アルガンオイル(アルガニアスピノサ核油:抗酸化、保湿、整肌)

これらの成分が爪に浸透し、爪床の角質層まで届きます。

無添加/低刺激

Re:Bonel(リボネル)は、以下の成分を使用していません。

  • 合成着色料
  • パラベン
  • 安息香酸
  • シリコン
  • 鉱物油(ミネラルオイル)
  • 石油系界面活性剤
  • サルフェート
  • 合成キレート剤

GMP認定工場にて製造

Re:Bonel(リボネル)を安心して使用できるように、日本国内のGMP認定工場で製造されています。

GMP認定工場では、一定レベルの品質基準を満たすための仕組み作りがされています。

Re:Bonel(リボネル)の原材料・成分を解析

Re:Bonel(リボネル)で使われている全ての原材料を一覧にまとめました。

原材料

水、グリセリン、PG、BG、スクワラン、カルボマー、水酸化K、フェノキシエタノール、ポリソルベート60、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、グリチルリチン酸2K、香料、O-シメン-5-オール、アサイヤシ果実油、アルガニアスピノサ核油、パンテノール、ビルベリー種子油、マンゴー種子油、加水分解ケラチン、竹酢液、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、1,2-ヘキサンジオール、ステアリン酸グリセリル、セイヨウハッカ油、セージ油、ティーツリー葉油、加水分解酵母、ポリソルベート20

Re:Bonel(リボネル)の問題点は?

Re:Bonel リボネル 副作用

「Re:Bonel(リボネル)は医薬品ではないので副作用は存在しない」と断言している人もいますが、詳しく調べたところ、問題点が見つかりました。

Re:Bonel(リボネル)に含まれる植物成分などに対するアレルギーが有ると、肌トラブルが起こる可能性があります。

赤み、腫れ、刺激、かゆみ、色抜け(白斑等)や黒ずみなど、なんらかの問題が出た場合には、使用を中止して体調の回復を優先させましょう。
具合が悪い状態が続く場合、急激に体調が悪化した場合には、医師の診察を受けたほうが良いです。

Re:Bonel(リボネル)の効果的な使い方は?

Re:Bonel リボネル 使い方 効果

Re:Bonel(リボネル)は、1日1回~3回、足や手の爪に塗っていきます。

爪を清潔な状態にし、水分などがついていないことを確認した上で、Re:Bonel(リボネル)を適量(直径3mm~5mm程度が目安)を取り出します。
1本ずつ、爪全体に丁寧に塗っていきます。

爪にRe:Bonel(リボネル)が浸透して乾いたら、靴下やパンスト、タイツなどを履いても構いません。

なお、Re:Bonel(リボネル)の効果には個人差が見られます。
即効性はなく、効果を実感するまでに1年以上かかる場合もあるため、しばらく使い続ける必要がある場合が多いです。

Re:Bonel(リボネル)の販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

Re:Bonel リボネル 販売店 価格 最安値

Re:Bonel(リボネル)は、どこで買えるのでしょうか?
販売価格なども含めて詳しく調べました。

店頭販売はしているのか?

販売元に確認したところ、通販限定商品とのことでした。

Re:Bonel(リボネル)は、ドラッグストアや薬局、コンビニやスーパー、バラエティストアなどの店頭では購入できません。

通信販売で最も安く買えるのは?

Re:Bonel(リボネル)は販売元直営の通販サイトで販売していますが、それ以外にも、楽天市場で販売しています。

調査した時点では、

  • amazon
  • Yahoo!ショッピング

などのネットショップでは購入できませんでした。

各店舗での販売価格は在庫状況や競合店舗との価格競争で変わることがあるため、安く買えたらラッキーですね。

販売元直営の公式通販サイトでは、1本6,578円(税込、送料別)で販売しています。

>>Re:Bonel(リボネル)を公式サイトから購入する

定期購入はあるのか?

Re:Bonel(リボネル)は、販売元直営の公式通販サイトで定期購入を扱っています。

スペシャルコースでは、初回は1本550円、2回目以降は2本8,756円(1本あたり4,378円)(いずれも税込、送料込)とオトクに続けられます。
2回目は初回の30日後、3回目以降は60日毎の配送です。

なお、Re:Bonel(リボネル)のスペシャルコースには、最低購入回数5回のシバリがあります。
5回目を受け取った後であれば、いつでも自由に定期購入を解約できます。

>>Re:Bonel(リボネル)を定期購入する

定期購入の解約方法は?

Re:Bonel(リボネル)の定期購入を解約する場合には、どのような手続きが必要なのでしょうか。

現在は、電話で解約を受け付けています。
その場で解約手続きは完了します。

解約手続き申し込み締切日は、次回配送予定日の10日前です。
締切日をすぎると次回分を受け取ってからの解約になります。

まとめ

Re:Bonel(リボネル)は、爪の奥にまでスムーズに浸透していくネイルケアジェルです。
使い続けるほどに効果を実感する人が増えています。

Re:Bonel(リボネル)は、利用者からの評価も高く、口コミでも評判です。
定期購入にするとオトクに続けられます。

>>Re:Bonel(リボネル)の公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました