ウブベレ(Ububele)は新鮮な熊本県産馬油を使用!全身で使える

ウブベレ Ububele

ウブベレ(Ububele)は、熊本県産の馬油を使用したスキンケアブランドです。
全身に使えるボディオイルと、フェイス用のマーオイル・マークリームがあります。

一般的な馬油は、酸化した脂の獣臭を消すために化学処理する必要がありますが、ウブベレ(Ububele)では、馬肉に加工する際に脂肪(馬脂)をフリーズドライすることで鮮度をキープしています。
酸化を防ぐことができるため、化学処理が不要になりました。

ウブベレ(Ububele)で使われている馬油は人の皮脂に一番近い構成となっています。
保湿・美容効果が得られやすいです。

ウブベレ(Ububele)の特徴まとめ

ウブベレ Ububele 特徴

ウブベレ(Ububele)の特徴をまとめました。

熊本県産の新鮮な馬油を使用

ウブベレ(Ububele)で使用している馬油は、熊本県産の馬肉向けに育成されている馬の脂肪を使用しています。

一般的な馬油は、馬肉の処理を済ませた後に、酸化した脂肪から作られています。
酸化することで脂の獣臭が出るため、化学処理でニオイを消す処理が必要となり、品質の劣化が起こります。

一方、ウブベレ(Ububele)の馬油の原料となる脂肪は、馬肉と同じタイミングで馬脂を取り分け、急速冷凍で保管することで酸化を防ぎます。
短時間で冷凍することにより脂肪の劣化を抑えられますし、新鮮な状態をキープするために獣臭がなく、化学処理が不要となります。

人の皮脂組成に非常に近い、上質な馬油を生成することができます。

ラインアップ

ウブベレ(Ububele)では、以下の3種類の基礎化粧品を販売しています。

  • ボディオイル
  • マーオイル
  • マークリーム

ボディオイル

ボディオイルは、ウブベレ(Ububele)の馬油とカラハリメロンシードオイルをブレンドしています。

カラハリメロンシードオイルは、収穫後3年経っても、水分を高度に保持し続けるというカラハリメロンの種から抽出されており、ビタミンFが豊富です。
トコフェロールの配合量はオリーブオイルやアルガンオイルの2~3倍と豊富で、オメガ6必須脂肪酸であるリノール酸も高濃度で含まれます。

マーオイル

マーオイルは、ウブベレ(Ububele)の馬油の中でも厳選された高品質なものだけを使用しています。

蒸気によって低温で溶かし、不純物を取り除くろ過作業までを、手作業で丁寧に行っています。
時間をかけて熟成させることにより、品質を高めています。

マークリーム

マークリームは、ウブベレ(Ububele)の馬油に、レチノールを含む貴重なコウネ(タテガミ部分)油を加えています。

コウネ油はエモリエント効果が高く、肌水分をキープするのにも効果的です。

ウブベレ(Ububele)の口コミ・評判は良い?悪い?

口コミサイトなどでのウブベレ(Ububele)の口コミを集めました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

色々なオイルを試したけれど、ウブベレ(Ububele)だけは手放せない。
冬を忘れてしまうくらいしっとりする。

市販の馬油と全然違う!
ベタつかず、ブースターとして化粧水前にも、全身にも使えるのが嬉しい。

使い始めて1週間で毛穴のぶつぶつが目立たなくなった。
肌もいつもより柔らかく、ハリも出てきてビックリ!
シワもいつもより薄くなった気がする。

ウブベレ(Ububele)の評価は?

口コミサイトなどでのウブベレ(Ububele)の評価は見つかりませんでした。

今後も調査を続けてまいります。

ウブベレ(Ububele)の原材料・成分を解析

ウブベレ(Ububele)で使われている全ての原材料を一覧にまとめました。

ボディオイル

馬油、有機スイカ種子油、ノバラ油、トコフェロール(大豆由来)

マーオイル

馬油、ノバラ油、トコフェロール(大豆由来)

マークリーム

馬油、ミツロウ、ノバラ油、トコフェロール(大豆由来)

ウブベレ(Ububele)の問題点は?

ウブベレ Ububele 副作用

「ウブベレ(Ububele)は医薬品ではないので副作用は存在しない」と断言している人もいますが、詳しく調べたところ、問題点が見つかりました。

馬や大豆などに対するアレルギーがあると、肌トラブルが起こる可能性があります。

赤み、腫れ、刺激、かゆみ、色抜け(白斑等)や黒ずみなど、なんらかの問題が出た場合には、使用を中止して体調の回復を優先させましょう。
具合が悪い状態が続く場合、急激に体調が悪化した場合には、医師の診察を受けたほうが良いです。

ウブベレ(Ububele)の効果的な使い方は?

ウブベレ Ububele 使い方 効果

ウブベレ(Ububele)ボディオイルは全身に使えます。
乾燥が気になる部分の保湿はもちろんのこと、バストやデリケートソーンなどのケアにも使えます。

また、ウブベレ(Ububele)マーオイルは洗顔後のマッサージオイルや、スキンケアの際の導入美容液(ブースター)として使えます。
マッサージオイルとして使う際には4,5滴、ブースターとして使う場合は1,2滴が目安です。

ウブベレ(Ububele)マークリームは、一般的なクリームと同じように、スキンケアの最後に使います。
あずき粒大程度を目安に、顔全体に広げていきます。

ウブベレ(Ububele)の販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

ウブベレ(Ububele)は、どこで買えるのでしょうか?
販売価格なども含めて詳しく調べました。

店頭販売はしているのか?

ウブベレ(Ububele)は、不定期にポップアップストアを出店しています。

これまでに、渋谷スクランブルスクエアや渋谷マルイMODI、なんばマルイなどに出店しています。
1,2週間と短いため、運良く出会えたらラッキーですね。

通信販売で最も安く買えるのは?

ウブベレ(Ububele)は販売元直営の通販サイトのみでの販売です。

調査した時点では、

  • amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

などのネットショップでは購入できませんでした。

販売元直営の公式通販サイトでは、以下の価格で販売しています。

ボディオイル:3,300円
マーオイル:5,500円
マークリーム:5,500円
(いずれも税込、送料別)

合計1万円以上で送料無料となります。

>>ウブベレ(Ububele)を公式サイトから購入する

まとめ

ウブベレ(Ububele)は熊本県産の馬から抽出された新鮮な馬油を用いた基礎化粧品です。

ボディケア用、スキンケア用と用意されており、さまざまな部位に使えます。

>>ウブベレ(Ububele)の公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました