美カンヌのオーロラピンクセラムは浸透しない!口コミや評判は?

美カンヌ オーロラピンクセラム

美カンヌのオーロラピンクセラムは「浸透しない」ことを重視したオールインワン化粧品です。
「浸透しない」といっても肌の表面でとどまるのではなく、角質層までは浸透し、真皮層には浸透しないという意味です。

美カンヌのオーロラピンクセラムは、厳選された保湿成分・美容成分を配合しています。
美容酵素メディエンザイムなどのはたらきにより、角質層の保湿・肌バリア機能を正常化していきます。

このため、美カンヌのオーロラピンクセラムは口コミでも評判です。
シリーズ累計販売数は120万本を超える人気商品です。



美カンヌのオーロラピンクセラムの口コミ・評判は良い?悪い?

口コミサイトなどでの美カンヌのオーロラピンクセラムの口コミを集めました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

初めてオーロラピンクセラムを使った翌朝、洗顔したときにいつもとの違いを感じました!
肌がもっちり、手がしっとり吸い付く感じ!
朝からとってもハッピーです。
これからも続けてお手入れしたいです。

手に取ったとき、3プッシュは少ないかなと思いましたが、肌につけるとスーッと伸びて、しっとり潤いました。
翌朝、洗顔する時までしっかり潤っていて、感動しました!

「肌は排泄器官」ということを初めて知りました。
そうかもと思い、使い始め、今ではすっかり美カンヌファンになりました。
「肌きれいね!」と周りの方に言ってもらえるのが嬉しくてずーっと続けています。

ほんとにこれだけでいいの?と最初は不安になりましたが、ひとつでしっかり潤うので問題ナシ!
いくつも化粧品を使っていたときより、ずっと好きな肌になれました。

浸透させないってどういうことなんだろうって、不思議に思いながらお試しで使ってみてからもう2年です。
お手入れが簡単なのと、朝、肌を触ったときのもっちりとした感触が気に入っています。

美カンヌのオーロラピンクセラムの評価は?

口コミサイトなどでの美カンヌのオーロラピンクセラムの評価は見つかりませんでした。

今後も調査を続けてまいります。



美カンヌのオーロラピンクセラムの特徴まとめ

美カンヌ オーロラピンクセラム 特徴

美カンヌのオーロラピンクセラムの特徴をまとめました。

オールインワン化粧品

美カンヌのオーロラピンクセラムは、以下の機能を持つオールインワン化粧品です。

  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • クリーム
  • パッククリーム
  • ポイントクリーム(目元、口元、首筋)

基本的には、美カンヌのオーロラピンクセラムのみでスキンケアが完了します。

保湿・保水感が足りない場合には、化粧水を先に使って肌水分を補っておくといいでしょう。

12種類の美容成分・保湿成分を配合

美容成分 保湿成分

美カンヌのオーロラピンクセラムは、角質層の肌バリア機能を整えるために「(真皮層まで)浸透させない」というポリシーのもと、12種類の美容成分・保湿成分を厳選して配合しています。

一覧にまとめました。

  • メディエンザイム(独自開発の美容酵素:保水、肌バリア)
  • ビタミンB12(保水、肌バリア)
  • 水溶性プロテオグリカン(保湿)
  • スーパーヒアルロン酸(アセチルヒアルロン酸Na:保湿)
  • マリンヒアルロン酸(保湿)
  • アマモエキス(キメ)
  • マリンコラーゲン(保湿、ハリ)
  • スーパーコラーゲン(保湿、ハリ)
  • スーパーアミノセラミド(保水)
  • アミノセラミド(保水)
  • オリーブ果実油(肌バリア)
  • マカデミア種子油(肌バリア)

年齢肌の悩みにアプローチするために、潤い、ハリ、ツヤ、キメ、ふっくら感を叶えるための成分を贅沢に配合しています。

美カンヌのオーロラピンクセラムは、日本香粧品学会の「新規効能取得のための抗シワ製品評価ガイドライン」に準拠した抗シワ効能評価試験を行っています。
その結果、「乾燥による小じわを目立たなくする」という効果効能が確認されました。

無添加/低刺激

美カンヌのオーロラピンクセラムは、以下の成分を使用していません。

  • 合成香料
  • 合成色素
  • パラベン
  • 鉱物油(ミネラルオイル)
  • アルコール(エタノール)
  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤

美カンヌのオーロラピンクセラムの原材料・成分を解析

美カンヌのオーロラピンクセラムで使われている全ての原材料を一覧にまとめました。

原材料

水、BG、グリセリン、オリーブ果実油、マカデミア種子油、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、テトライソステアリン酸ペンタエリスリチル、メチルグルセス-10、ステアリン酸ポリグリセリル-10、テトラカルボキシフタロシアニン鉄、シアノコバラミン、サクシノイルアテロコラーゲン、加水分解コラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、アルテロモナス発酵エキス、水溶性プロテオグリカン、アマモエキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、スフィンゴモナス培養エキス、ダマスクバラ花油、ノバラ油、アラキジルアルコール、ベヘニルアルコール、ジメチコン、トコフェロール、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、カルボマーK、キサンタンガム、ペンチレングリコール、エチルヘキシルグリセリン、アラキルグルコシド、ジステアリン酸ポリグリセリル-10、イソステアリン酸ソルビタン、ポリソルベート60、リン酸2Na、リン酸K、フェノキシエタノール

美カンヌのオーロラピンクセラムの問題点は?

美カンヌ オーロラピンクセラム 副作用

「美カンヌのオーロラピンクセラムは医薬品ではないので副作用は存在しない」と断言している人もいますが、詳しく調べたところ、問題点が見つかりました。

美カンヌのオーロラピンクセラムに含まれるフェノキシエタノールやペンチレングリコールは、ごくまれに皮膚炎などのアレルギー症状が起こる可能性があることが判明しています。
この症状はアトピーや食物アレルギーなどの有無とは関係なく起こります。

植物成分などに対するアレルギーが有ると、同様に皮膚炎が起こる可能性があります。

また、美カンヌのオーロラピンクセラムにはグリセリンが配合されています。
ニキビがあるとアクネ菌が増殖しやすくなり、症状が悪化するおそれがあるという論文が発表されています。

赤み、腫れ、刺激、かゆみ、色抜け(白斑等)や黒ずみなど、なんらかの問題が出た場合には、使用を中止して体調の回復を優先させましょう。
具合が悪い状態が続く場合、急激に体調が悪化した場合には、医師の診察を受けたほうが良いです。

美カンヌのオーロラピンクセラムの効果的な使い方は?

美カンヌ オーロラピンクセラム 使い方 効果

美カンヌのオーロラピンクセラムは、オールインワン化粧品として、洗顔・クレンジング後に使います。
1回あたりの使用量の目安である4プッシュを取り出して、顔全体に広げていきます。

肌の乾燥が気になる部分は重ね塗りをするか、事前に化粧水で肌水分を補給しておくといいでしょう。

なお、美カンヌのオーロラピンクセラムの効果には個人差が見られます。
保湿効果などは初回から効果を実感しやすいですが、肌バリア機能などへの効果は肌質やターンオーバー周期などによって違いが出ます。

年齢とともにターンオーバー周期は長引きますし、ターンオーバーが乱れていると、さらに長引きます。
短期間で効果を実感できなくても、数ヶ月程度は様子を見たほうがいいでしょう。

美カンヌのオーロラピンクセラムの販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

美カンヌ オーロラピンクセラム 販売店 価格 最安値

美カンヌのオーロラピンクセラムは、どこで買えるのでしょうか?
販売価格なども含めて詳しく調べました。

店頭販売はしているのか?

販売元に確認したところ、通販限定商品とのことでした。

美カンヌのオーロラピンクセラムは、ドラッグストアや薬局、コンビニやスーパー、バラエティストアなどの店頭では購入できません。

通信販売で最も安く買えるのは?

美カンヌのオーロラピンクセラムは販売元直営の通販サイトのみでの販売です。

調査した時点では、

  • amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

などのネットショップでは購入できませんでした。

販売元直営の公式通販サイトでは、1本5,500円(税込)で販売しています。

なお、オーロラピンクセラム2週間相当分を500円(税込、送料込)で試せるモニターを用意しています。

>>美カンヌのオーロラピンクセラムのモニターを公式サイトから購入する

まとめ

美カンヌのオーロラピンクセラムは、真皮層に浸透させないオールインワン化粧品です。
独自成分のメディエンザイムなどのはたらきで、角質層の働きを正常化し、美肌作りをサポートします。

美カンヌのオーロラピンクセラムは口コミでも評判で、つかって満足する人が増えています。
あなたも2週間モニターで手軽に試せます。

>>美カンヌのオーロラピンクセラムの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました