QUEI(クエイ)ファンデーションでシミや毛穴をカバー!口コミは?

QUEI クエイ ファンデーション

QUEI(クエイ)ファンデーションは、美容成分をたっぷりと配合したオールインワンファンデーションです。
スキンケアと日焼け止め、ベースメイクをまとめて行うことも可能です。

QUEI(クエイ)ファンデーションは「ナノリフレクト処方」で、あなたの肌色になじんでいきます。
肌のシミや毛穴、デコボコなどをしっかりと隠し、形状記憶効果で長時間にわたって質感をキープし続けます。

このため、QUEI(クエイ)ファンデーションは白浮きすることなく、口コミでも評判です。
利用者の感想などをまとめました。

QUEI(クエイ)ファンデーションの口コミ・評判は良い?悪い?

口コミサイトなどでのQUEI(クエイ)ファンデーションの口コミを集めました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

悪い口コミ

伸びが良いですが少しムラになりやすい感じでした。
気になる毛穴やニキビ跡やくすみは自然にカバーできましたがほくろのような濃いシミやクマはカバーできませんでした。
引用元:モノシル

汗をかいたときに小鼻が白浮きしたことが気になりました。
量が多かったのかもですが。
引用元:Gチャンネル

良い口コミ

だしたときは白いファンデーションが10秒ほどクルクルするだけで、自分の肌にあった色に変わっていくのに驚き!
わざわざ自分に合うカラーを探して購入する必要がないところがいいですよね。
これは処方されている「カラーチェンジカプセル」で摩擦と熱ではじけて色が変わるんです。

軽いつけ心地でさらっとした仕上がりなので不快感もありません。
肌によく馴染み、ナチュラルにトーンアップしてくれました。
マスクを使用時、マスクうつりを確認してみると、うっすら程度なのでマスク落ちは気にしなくてもよさそうです。

化粧水 美容液 化粧下地 コンシーラー 日焼け止め(SPF50+ PA++++) ファンデ 6つの役割をこれ一本でカバーしてくれるのでこれ1本あれば忙しい朝も助かっています。
引用元:LIPS

私はファンデーション特有のにおいが苦手なタイプなのですが、QUEI(クエイ) カラーチェンジファンデーションはにおいは一切なく使い続けれそうと感じました。
体温と摩擦に反応して自分カラーに変化してくれます。
わざわざ自分に合ったカラーのファンデを買わなくていいので便利。
カラーチェンジファンデーションを初めて使用しましたが、肌によく馴染むので、ファンデーションあるあるの重くなる感はありませんでした。
引用元:贅沢人生の歩み方

この夏は日焼けをしてしまい、普段よりも肌色が濃くなってしまった。

手持ちのファンデーションが合わな~いなんて経験、みなさんもありますかね?(笑)

そんな時でも自然に馴染んでくれて助かりました。
これ一本あれば、どんな人でもファンデカラーが合うのが凄いなと思います。

イエベ肌なのでくすみがちなんですけど、特にカラーチェンジでくすむ感じもないので、ササッとパウダーと合わせるだけで簡単にファンデケアできるのが楽ちん。
マスクにパウダーが付いてしまうこともなかったので、使い心地もよかったです。
引用元:lulucos

QUEI(クエイ)ファンデーションの評価は?

口コミサイトなどでのQUEI(クエイ)ファンデーションの評価をまとめました。

lulucos 評価
@コスメ 評価
モニプラ 評価
ホットペッパービューティーコスメ 評価
LIPS 評価

低評価の人もいますが、全体的に見るとQUEI(クエイ)ファンデーションが高く評価されていることがわかります。

QUEI(クエイ)ファンデーションの特徴まとめ

QUEI クエイ ファンデーション 特徴

QUEI(クエイ)ファンデーションの特徴をまとめました。

オールインワンファンデーション

QUEI(クエイ)ファンデーションは、以下の機能を持つオールインワンファンデーションです。

  • 化粧水
  • 美容液
  • 日焼け止め(SPA50、PA+++)
  • 化粧下地
  • ファンデーション
  • コンシーラー

肌質によっては、洗顔後にQUEI(クエイ)ファンデーションを使うだけで、スキンケアとベースメイクを終えられます。

カラーチェンジ効果で肌色に馴染む

QUEI(クエイ)ファンデーションでは、カラーを選ぶ必要はありません。

肌につける際にカラーカプセルがはじけて、カラーチェンジ効果によって、肌色にあったカラーになるためです。

ナノリフレクト処方でツヤのある肌

ナノリフレクト処方

QUEI(クエイ)ファンデーションは、光を肌の表面で乱反射させるナノリフレクト処方を採用しました。

メイク効果によって、肌のくすみやシミ、クマや肌のデコボコを隠すだけでなく、透明感のある肌が得られます。

形状記憶効果でメイクが長持ち

QUEI(クエイ)ファンデーションは、メイクが崩れにくく、長時間にわたってキープし続ける「形状記憶効果」があります。

マスクの脱着を頻繁にしたり、マスクを着用し続けて摩擦が起こりやすい状況でも、メイクが落ちにくいです。

美容成分・保湿成分を配合

QUEI(クエイ)ファンデーションは、メイクをしながらスキンケアができるように、美容成分・保湿成分を厳選して配合しています。
主なものを一覧にまとめました。

  • フラーレン
  • EGF(ヒトオリゴペプチド-1)
  • 高濃度ビタミンC誘導体(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na:APPS)
  • 加水分解卵殻膜
  • マンダリンオレンジ果皮エキス
  • オウゴン根エキス
  • ビルベリー葉エキス
  • アーチチョーク葉エキス
  • チャ葉エキス
  • テンチャエキス
  • ビワ葉エキス
  • ローズマリー葉エキス
  • ヒポファエラムノイデス果実エキス
  • グリチルリチン酸2K
  • スクワラン
  • トコフェロール

これらの成分の働きにより、ハリとツヤ、潤いや透明感のある美肌へと導いていきます。

QUEI(クエイ)ファンデーションの70%以上が美容成分です。

無添加/低刺激

QUEI(クエイ)ファンデーションは、以下の成分を使用していません。

  • 香料
  • タール色素
  • パラベン
  • 鉱物油(ミネラルオイル)
  • アルコール(エタノール)
  • 石油系界面活性剤
  • 旧表示指定成分

QUEI(クエイ)ファンデーションの原材料・成分を解析

QUEI(クエイ)ファンデーションで使われている全ての原材料を一覧にまとめました。

原材料

水、シクロペンタシロキサン、酸化亜鉛、酸化チタン、BG、PEG-10ジメチコン、ジメチコン、ジエチルヘキサン酸ネオペンチルグリコール、ソルビトール、タルク、ペンチレングリコール、マンニトール、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、マンダリンオレンジ果皮エキス、オウゴン根エキス、マルチトール、ビルベリー葉エキス、アーチチョーク葉エキス、チャ葉エキス、テンチャエキス、ビワ葉エキス、ローズマリー葉エキス、ヒポファエラムノイデス果実エキス、ヒトオリゴペプチド-1、グリチルリチン酸2K、加水分解卵殻膜、フラーレン、トリエチルヘキサノイン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、スクワラン、トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2、アクリレーツクロスポリマー、トリエトキシカプリリルシラン、硫酸Mg、ハイドロゲンジメチコン、ポリヒドロキシステアリン酸、ポリメタクリル酸メチル、含水シリカ、トリメチルシロキシケイ酸、ジステアルジモニウムヘクトライト、PEG-9ジメチコン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、セスキイソステアリン酸ソルビタン、水添レシチン、アルギン酸Na、トコフェロール、フェノキシエタノール、水酸化Al、マイカ、酸化鉄

QUEI(クエイ)ファンデーションの問題点は?

QUEI クエイ ファンデーション 副作用

「QUEI(クエイ)ファンデーションは医薬品ではないので副作用は存在しない」と断言している人もいますが、詳しく調べたところ、問題点が見つかりました。

QUEI(クエイ)ファンデーションに含まれるペンチレングリコール・フェノキシエタノールは、ごくまれに皮膚炎などのアレルギー症状が起こる可能性があることが判明しています。
この症状はアトピーや食物アレルギーなどの有無とは関係なく起こります。

植物成分などに対するアレルギーが有ると、同様に皮膚炎が起こる可能性があります。

赤み、腫れ、刺激、かゆみ、色抜け(白斑等)や黒ずみなど、なんらかの問題が出た場合には、使用を中止して体調の回復を優先させましょう。
具合が悪い状態が続く場合、急激に体調が悪化した場合には、医師の診察を受けたほうが良いです。

QUEI(クエイ)ファンデーションの効果的な使い方は?

QUEI クエイ ファンデーション 使い方 効果

QUEI(クエイ)ファンデーションは、スキンケアとベースメイクを一度に行えるため、洗顔後に使って構いません。
1回2プッシュを目安に取り出して、両頬・額・鼻・あごにのせたら、顔の中心部から外側に向けて、顔全体に広げていきます。

シミやくすみなどが気になる場所は重ね塗りをするといいでしょう。

QUEI(クエイ)ファンデーションだけでは肌の乾燥などが気になる場合は、普段のスキンケアを済ませてからのほうがいいかもしれません。

なお、QUEI(クエイ)ファンデーションを落とすためにはクレンジング剤が必要です。
石鹸や洗顔料だけでは落とせません。

QUEI(クエイ)ファンデーションの販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

QUEI クエイ ファンデーション 販売店 価格 最安値

QUEI(クエイ)ファンデーションは、どこで買えるのでしょうか?
販売価格なども含めて詳しく調べました。

店頭販売はしているのか?

販売元に確認したところ、通販限定商品とのことでした。

QUEI(クエイ)ファンデーションは、ドラッグストアや薬局、コンビニやスーパー、バラエティストアなどの店頭では購入できません。

通信販売で最も安く買えるのは?

QUEI(クエイ)ファンデーションは販売元直営の通販サイトのみでの販売です。

調査した時点では、

  • amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

などのネットショップでは購入できませんでした。

販売元直営の公式通販サイトでは、1本6,980円(税込)で販売しています。

定期購入はあるのか?

QUEI(クエイ)ファンデーションは、販売元直営の公式通販サイトで定期購入を扱っています。

1本あたり初回2,980円(税込、送料込)、2回目以降は5,980円(税込、送料別)とオトクに続けられます。

なお、QUEI(クエイ)ファンデーションの定期購入には、最低購入回数のシバリはありません。
初回分を受け取った後であれば、いつでも自由に定期購入を解約できます。

また、初回20日間の全額返金保証も用意しています。
所定の手続きを済ませることで、開封後でも返品・返金が可能です。

>>QUEI(クエイ)ファンデーションを定期購入する

定期購入の解約方法は?

QUEI(クエイ)ファンデーションの定期購入を解約する場合には、どのような手続きが必要なのでしょうか。

現在は、電話・メールで解約を受け付けています。

電話の場合は、その場で解約手続きは完了します。

メールの場合は、担当者が営業時間内に確認した後に、返信メールが届いた時点での解約となります。
送信した内容に不備があると、担当者から確認のメールや電話が来ますので、手続完了まで更に時間がかかります。

急ぎの場合は、電話で解約手続きをしたほうが良いでしょう。

解約手続き申し込み締切日は、次回配送予定日の10日前です。
締切日をすぎると次回分を受け取ってからの解約になります。

まとめ

QUEI(クエイ)ファンデーションは、スキンケアと日焼け止め、ベースメイクをまとめて行えます。
肌色に合わせたカラーに変わることで違和感が少なくなり、シミや毛穴をカバーしていきます。

QUEI(クエイ)ファンデーションは口コミでも評判で、多くの人が高く評価しています。

>>QUEI(クエイ)ファンデーションの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました