ぺいるーと爪水虫治験モニターは通院のみでOK!口コミや評判は?

ぺいるーと 爪水虫

ぺいるーとでは「爪水虫」(爪白癬:つめはくせん)を対象とした治験モニターを募集しています。
ぺいるーとは治験の募集数が全国トップレベルで、これまでに豊富な実績があるので安心です。

ぺいるーとでは、この爪水虫の治療薬の治験を行うことで、負担軽減費(協力費)が受け取れます。
月1,2回のペースで1年間、指定医療機関に通院することで、専門医の診察が受けられるため、爪水虫の状況を定期的に確認できます。

ぺいるーとの爪水虫治験は、全国各地の医療機関で行うため、地方在住者でも参加しやすいです。
口コミや評判などをまとめました。



ぺいるーと爪水虫治験の口コミや評判は?

ぺいるーとの爪水虫治験の口コミや評判をまとめました。
参考のために、他の治験に関する口コミもあわせて紹介しています。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

コロナワクチン治験バイトで、20歳の大学生が風呂場で泡吹いてタヒんでいた!
9万円バイトで!この子のお母さん見つけた!

以前、他のモニターサイトで登録してたことがありますが、結局こういうサイトはどっかから依頼を受けてモニター情報を掲載してるだけなので、信頼できるかできないかは、その先のモニターを実施している場所や医療機関によると思いますよ
引用元:Yahoo!知恵袋

調べた範囲では、ぺいるーとの治験で深刻な健康被害にあったという口コミは見つかりませんでした。
安全性にも十分に配慮されており、安心感があるように思えます。

医療機関で治験を行っているため、万が一、副作用が出た場合でも、適切な治療が得られるのも安心できるのではないでしょうか?

5泊を2回の入院モニターに参加しました。
最初は謝礼が高額・開発中の薬を飲むという点で正直怪しんでいたのですが「副作用など治験に参加することで考えられるデメリットも説明してもらえる」「入院中ほぼ自由」など、話を聞くと人生経験として参加してもいいかもと思いました。

時期的にコロナの不安はありましたが、入院前にPCR検査もあると聞いたので安心して参加を決めることができました。
各入院の2日目が薬の投与日だったので、その日は採血回数も多く少し忙しかったものの、それ以外はほぼ自由だったので持ち込んだタブレットで動画を見て過ごしました。
院内にWi-Fi環境があったおかげで充実した入院生活でした。

入院期間中は就寝・起床時間が決まって、普段24時前に寝ることがほぼないので最初はとまどいましたが乱れた生活リズムを正すいいきっかけになりました。
食事も一般的な弁当だったのでおいしく食べれました。

ただ入院中は間食ができないので、少し量が少なく感じました。
バイト感覚で治験に参加しましたが、自分が参加したことで薬の開発に少しでも貢献でき、薬を必要としている人の役に立てるのかと思うと今後もまた参加したいと思いました。
引用元:治験バイト応援Navi



ぺいるーと爪水虫治験の特徴まとめ

ぺいるーとの爪水虫治験の特徴をまとめました。

治験モニター対象者

ぺいるーとで募集している爪水虫治験に参加するためには、以下の条件を全て満たしている必要があります。

  • 20歳から70歳まで
  • 足の親指の爪に爪水虫の症状がある
  • 過去3ヶ月以内に治験に参加していない
  • 有効期限内の健康保険証を所有している
  • 今後1年間、定期的(月1,2回)に指定医療機関に通院できる

一つでも条件を満たしていない場合には、治験には参加できません。

また、すべての条件を満たしていた場合でも、事前検査や治験希望者が多いなどの理由で対象外となるケースもあります。

全国各地の医療機関で実施

ぺいるーとで募集している爪水虫治験は、時期などによって異なりますが、全国各地の医療機関で行っています。

治験中は、指定された医療機関に月1,2回のペースで通院する必要があります。
あなたが通いやすい地域にある医療機関が通院先として指定されることが一般的です。

いつでも治験をやめられる

ぺいるーとで募集している爪水虫治験だけに限らず、治験中はあなたの意思でいつでもやめることができます。
厚生労働省が定めた「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」に準拠しているためです。

治験をやめる理由を問われることもありませんし、不利益を被る心配もありません。

偽薬(プラセボ)を渡される場合も

治験では、試験中の薬だけでなく、全く効果も副作用もない偽薬(プラセボ)が渡される場合もあります。
薬の有効性を確認するために必要不可欠な比較を行うためです。

治験者は使っている薬がプラセボかどうかは一切わかりません。

負担軽減費を受け取れる

ぺいるーとで募集している爪水虫治験に参加している間は負担軽減費を受け取れます。
負担軽減費の金額は公開されていませんが、過去のケースでは1回1万円程度でした。(今回の募集では異なる場合があります)

なお、治験に関わる薬や検査費用は不要ですが、それ以外の医療機関への初診料や再診療料、医療機関までの往復の交通費などは支払う必要があります。
これらの費用は負担軽減費のなかから支払うことが一般的です。

まとめ

ぺいるーとの爪水虫治験は口コミでも評判になっています。
薬を患部に塗って、月1,2回のペースで通院するだけで構いません。

治験対象者に選ばれるためには、まずは参加することが必要です。
専用のフォームからの応募をいつでも受け付けています。

>>ぺいるーと爪水虫治験の応募はこちら

タイトルとURLをコピーしました