スターリミルク(免疫ミルク)サステナの効果は?口コミや評判は?

スターリミルク 免疫ミルク サステナ

スターリミルク(免疫ミルク)サステナは、母乳に含まれる免疫抗体をヒントに作られました。
ニュージーランドで特別な環境のもと育てられた、健康な牛のミルクを使用し、乳糖の配合量を減らしています。

スターリミルク(免疫ミルク)サステナは、スターリ研究所が開発した濃縮成分「MPC」(Milk Protein Concentrate:乳タンパク濃縮物)を配合しています。
26種類の細菌に対する特異抗体力価が市販の牛乳と比べて極めて高いことが確認されました。

このため、スターリミルク(免疫ミルク)サステナは、口コミでも評判となっています。
満足できる効果が得られるのでしょうか?



スターリミルク(免疫ミルク)サステナの口コミ・評判は良い?悪い?

口コミサイトなどでのスターリミルク(免疫ミルク)サステナの口コミを集めました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

悪い口コミ

少々お値段が高い

少し粉っぽくてアイスコーヒーには溶けにくかった
引用元:ポイントインカム

良い口コミ

ぜんそくやらアトピーやらで、昔からずっと悩んでいました。
そして、いろんな事を試しても来ました。

そんな時に勧められたサステナ。

これを飲み続けたのが良かったのか、ぜんそくやアトピーの症状が引いてきた感じ。
引用元:スターリミルク サステナのお試し詳細まとめ【価格や送料など】

冬入院していたと聞いた友人が、夏に元気で私を訪ねてくれて、サステナを教えてくれました。
本当にだめかもと話していた人とは思えないほどきれいで、輝いていました。

疲れなくなり、快便で気にいってます。
ドックではAですので悪いことはないけど、彼女の熱心な気持ちに感動しました。
引用元:スターリミルク体験集

肺に病気を持っていて、入退院を繰り返していて、その時の薬の副作用で骨粗しょう症になりました。
その為、カルシウムの多い食品を取ることを心掛けていました。
そこで、サステナに出会ったんです。
引用元:免疫ミルク サステナの購入はこちら

スターリミルク(免疫ミルク)サステナの評価は?

口コミサイトなどでのスターリミルク(免疫ミルク)サステナの評価は見つかりませんでした。

今後も調査を続けてまいります。



スターリミルク(免疫ミルク)サステナの特徴まとめ

スターリミルク 免疫ミルク サステナ 特徴

スターリミルク(免疫ミルク)サステナの特徴をまとめました。

母子免疫メカニズムに着目

スターリミルク(免疫ミルク)サステナは、母乳が持つ「母子免疫メカニズム」に着目しました。
生まれたばかりの赤ちゃんが免疫力を高めていくのに、免疫成分が含まれた母乳が活用されています。

この仕組みを参考に、国内外の230件を超える特許(申請中を含む)を取得し、スターリミルク(免疫ミルク)サステナの製品化に成功しました。

ニュージーランド乳牛のミルクのみを使用

スターリミルク(免疫ミルク)サステナの原料となるのは、ニュージーランドで、特別な環境のもと育てられた健康な乳牛のミルクだけです。
26種類の細菌をワクチン化した上で、乳牛に継続的に投与することで、特異抗体力価が上昇します。

特異抗体力価

スターリミルク(免疫ミルク)サステナは、この乳牛から得られたミルクを脱脂し、粉末にした濃縮成分「MPC」(Milk Protein Concentrate:乳タンパク濃縮物)を配合しています。

乳糖配合量は少なめ

牛乳を飲むと下痢を起こしやすくなる人がいますが、その原因として指摘されているのが、体内の乳糖分解酵素の減少によって生じる乳糖不耐症です。

スターリミルク(免疫ミルク)サステナは、乳糖の配合量を減らしているため、乳糖不耐症の人でも飲みやすくなっています。

スターリミルク(免疫ミルク)サステナの原材料・成分を解析

スターリミルク(免疫ミルク)サステナで使われている全ての原材料を一覧にまとめました。

原材料

脱脂粉乳、乳蛋白

食品添加物

(なし)

スターリミルク(免疫ミルク)サステナの問題点は?

「スターリミルク(免疫ミルク)サステナは医薬品ではないので副作用は存在しない」と断言している人もいますが、詳しく調べたところ、問題点が見つかりました。

なんらかの問題が出た場合には、摂取を中止して体調の回復を優先させましょう。
具合が悪い状態が続く場合、急激に体調が悪化した場合には、医師の診察を受けたほうが良いです。

食物アレルギー

乳アレルギーのある人は、スターリミルク(免疫ミルク)サステナを飲むことは出来ません。

過去に牛乳や乳製品などでアナフィラキシーショックなどが出た経験がある人は、特に危険です。

過剰摂取

スターリミルク(免疫ミルク)サステナの摂取量を増やしても効果が高まるわけではありません。
摂取量が多すぎると、栄養分のとりすぎとなるために、体調不良が起こる可能性があります。

1日の目安量を守った上で使うようにするといいですね。

他のサプリや薬との飲み合わせ

スターリミルク(免疫ミルク)サステナと他のサプリメントや薬との飲み合わせで、効果が強くなりすぎたり、逆に弱まる可能性があります。
気になることがあれば、医師や薬剤師に相談するといいでしょう。

スターリミルク(免疫ミルク)サステナを効果的に飲むためには?効果的な使い方は?

スターリミルク(免疫ミルク)サステナは薬ではないため、飲む量やタイミングは厳密には決められていません。
1日1,2包を目安に飲むといいでしょう。

スターリミルク(免疫ミルク)サステナは粉末のため、水などに溶かして飲みます。
1包(22g)あたり100mL~150mLを目安に溶かすと飲みやすいです。

スターリミルク(免疫ミルク)サステナは溶かすだけでなく、アイスやヨーグルトなどに粉末のまま混ぜても構いません。

なお、スターリミルク(免疫ミルク)サステナは、50度を超えるお湯に入れると、成分が分解されるおそれがあるために避けたほうがいいでしょう。

スターリミルク(免疫ミルク)サステナの販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

スターリミルク(免疫ミルク)サステナは販売元直営の通販サイトで販売しています。

確認した時点では、

  • amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

などのネットショップでは購入できませんでした。

販売元直営の公式通販サイトでは、お試しサンプルを販売しています。

お試しサンプルは、1箱10袋(1袋あたり11g)で1,980円(税込、送料込)となります。

>>スターリミルク(免疫ミルク)サステナ「お試しサンプル」を公式サイトから購入する

まとめ

スターリミルク(免疫ミルク)サステナは、スターリ研究所が開発した濃縮成分「MPC」(Milk Protein Concentrate:乳タンパク濃縮物)を配合した粉末です。
26種類の細菌に対する特異抗体力価が市販の牛乳と比べて極めて高く、口コミでも効果を実感する人が多いです。

このため、スターリミルク(免疫ミルク)サステナは評判となっています。
今なら、お試しサンプルで手軽に試せます。

>>スターリミルク(免疫ミルク)サステナの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました