育毛剤リジュンは発毛効果なし!フィナステリドやデュプロストがいい?

リジュン

育毛剤や養毛剤、スカルプエッセンスなんて役に立たないから、薄毛/抜け毛対策には発毛剤しか選んではいけないといった論調が多いですね。

確かに、発毛効果があるのは発毛剤のみであり、養毛剤や育毛剤などに発毛効果はありませんので、髪の毛を増やしたいのであれば発毛剤を選ぶのが最適です。

しかし、女性の場合、ミノキシジル配合の発毛剤でもホルモンバランスが崩れる副作用の恐れがありますが、内服薬として使われるフィナステリドやデュプロストは女性の使用を禁止しています。

市販品であれば「リアップリジェンヌ」のみが選択肢となりますが、かゆみや赤み、発汗や頭痛などの副作用に悩む人も少なくありません。

体へ悪影響が出ないようにしたいのであれば、ミノキシジル不使用で発毛効果は期待できないとしても、抜け毛を予防して頭皮環境を整える育毛剤や養毛剤などを選んだほうがいいでしょう。

リジュンは72種類ものヘアケア成分が配合されたスカルプエッセンスですが、あなたの薄毛や髪の毛のツヤやコシなどの悩みを解消することはできるのでしょうか?

リジュンの特徴

リジュン 特徴

リジュンの特徴をまとめました。

頭皮に栄養分を届けるフルボ酸を配合

フルボ酸

フルボ酸とは、森林や土壌の中に存在する有機酸のひとつです。
人間に対しては、細胞を活性化させる天然のイオン交換物質で、結果として体内の生体活動を活性化させるはたらきがあります。

リジュンでは、頭皮にヘアケア成分の浸透がしやすくなる(角質層まで)ようにフルボ酸を配合しています。

リデンシルを配合

リジュンでは、In Cosmetics2014で銀賞を受賞した「リデンシル」(Redensyl)を配合しています。
リデンシルは育毛剤や養毛剤での採用が増えている成分の一つです。

リデンシルは以下の5種類の成分を配合したものです。

  • セイヨウアカマツ球果エキス(マツエキス)
  • チャ葉エキス
  • 塩化亜鉛
  • グリシン
  • ピロ亜硫酸Na

リデンシルは値段が高い上に、証拠が胡散臭いから騙されるなといった情報が多いですね。

とはいえ、ヒステリックに全否定しないといけないほどの無駄な成分というわけではなく、それなりに効果を発揮しそうな臨床結果もチラホラと見つかっています。

最近注目の育毛剤成分、リデンシル。まあ、似たようなものは山ほどありますが、本当に効くんでしょうか?ステマの口コミは無視して、医学的な根拠を探してみました。

72種類のヘアケア成分をナノ化

リジュンでは、頭皮に浸透しやすいように、72種類の天然ヘアケア成分をナノ化しています。
フルボ酸のサポートを得ることで、これらの成分が角質層まで効率よく浸透していきます。

無添加/低刺激

リジュンには、以下の成分は使用していません。

  • 合成香料
  • 合成着色料
  • 鉱物油
  • パラベン
  • 紫外線吸収剤
  • シリコン
  • ホルモン
  • ラノリン

また、パッチテストに合格しています。
全てのアレルギーが出ないことを証明するものではありませんが、一つの目安になります。

日本国内のGMP認定工場にて製造

リジュンを安心して使用できるように、国内GMP認定工場で製造されています。

GMP認定工場では、一定レベルの品質基準を満たすための仕組み作りがされています。

リジュンの口コミ・評判は良い?悪い?

リジュン 口コミ 評判

リジュン利用者の口コミを集めました。

悪い口コミ

残念ながら敏感肌の私には痒みがでてしまい合いませんでした。
見かけた口コミでの評判はとてもよかったので使うのを楽しみにしていたのですが…残念です。
勿体ないので同じく抜け毛に悩んでいるママ友にあげようと思います。
引用元:女性育毛のムーアマウント

1か月じゃ変わらない!これって普通?抜け毛がなくなったりすると思ってた。
引用元:育毛剤ナビ

良い口コミ

6本目を使い終わりました。
髪がぺたんとなってしまうのが悩みでしたが、だいぶボリュームアップしたように感じます。
周りの友人から髪がキレイだと言われて嬉しかったです。
引用元:女性育毛剤ガイド【成分】解析&口コミ評価

リジュンは保湿力と浸透力に優れているので、2週間ほど経過したころから、頭皮と髪の潤いは感じました。

1ヶ月ぐらいで、髪の根元ハリに違いを感じるようになりました。
頭頂部の髪がペターンとなって、朝のセットが大変だったのが、フンワリとボリュームが出やすくなったような気がしています。

頭頂部のボリュームダウンに悩んでいた私にとっては、嬉しい変化ですので、これからも続けてリジュンを付けようと思います。
引用元:育毛剤比較ランキング:育毛アドバイザーMの知恵ナビ

口コミ評判まとめ

リジュンは発毛剤ではないため、速攻で髪の毛が増えるといった効果はありません。
このため、リジュンを発毛剤だと勘違いした人が不満を抱えて、何の役にも立たないなどといって低評価にしているケースは珍しくありませんでした。

リジュンは短期間では駄目だから、長期間使えばいいと言った安易な意見もあります。
しかし、半年以上使っても何の効果も得られなかったという口コミもあるため、必ずしも正しいわけではありません。

とはいえ、全体的には、リジュンを長期間使い続けることで満足している人のほうが多い印象でした。

リジュンの評価は?

リジュン 評価

アットコスメなど、口コミサイトなどでのリジュンの評価をまとめました。

@コスメ 評価
ムーアマウント 評価

それなりに評価されていることがわかります。

リジュンに含まれている成分を解析

リジュン 成分

リジュンで使われている全ての原材料を一覧にまとめました。

水、プロパンジオール、ペンチレングリコール、グリセリン、PEG-40水添ヒマシ油、BG、グリチルリチン酸2K、パンテノール、センブリエキス、ジフェンヒドラミンHCI、ラウラミンオキシド、水添レシチン、トコフェロール、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ショウガ根油、シア脂、マカデミア種子油、メドウフォーム油、リンゴ果実培養細胞エキス、コメ胚芽油、ヘーゼルナッツ油、カンゾウ根エキス、イチョウ葉エキス、アカヤジオウ根エキス、オタネニンジン根エキス、シア脂油、アボカド油、ヨモギ葉エキス、クララ根エキス、シャクヤク根エキス、酒粕エキス、アシタバ葉/茎エキス、ホップ花エキス、トウキ根エキス、ローヤルゼリーエキス、ノイバラ果実エキス、クチナシ果実エキス、クラドシホンノバエカレドニアエ多糖体、ホホバ種子油、ツバキ種子油、ブドウ種子油、アーモンド油、キサンタンガム、セージ葉エキス、オウゴン根エキス、ブドウ葉エキス、スイカズラ花エキス、グレープフルーツ果実エキス、月見草油、カニナバラ果実油、マタタビ果実エキス、カワラヨモギ花エキス、ゲンチアナ根茎/根エキス、ダイズ種子エキス、サンザシエキス、ボタンエキス、スギナエキス、セイヨウカマツカ球果エキス、ローズマリー葉エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ローマカミツレ花エキス、レシチン、クズ根エキス、レモン果実エキス、クレマティス葉エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、ヒバマタエキス、褐藻エキス、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、ニンニク根エキス、フルボ酸、チャ葉エキス、グリシン、塩化亜鉛、ピロ亜硫酸Na、フェノキシエタノール

副作用の心配は?

リジュン 副作用

リジュンは医薬品ではないので副作用は存在しないと断言している人もいますが、詳しく調べたところ、問題点が見つかりました。

フェノキシエタノール、ペンチレングリコールは、ごくまれに皮膚炎などのアレルギー症状が起こる可能性があることが判明しています。
この症状はアトピーや食物アレルギーなどの有無とは関係なく起こります。

また、植物成分に対するアレルギーが有ると、同様に皮膚炎が起こる可能性があります。

いずれかの副作用が出た場合には、使用を中止して体調の回復を優先させましょう。
具合が悪い状態が続く場合、急激に体調が悪化した場合には、医師の診察を受けたほうが良いです。

妊娠中/授乳中に使っても大丈夫?

リジュンには、発毛剤のようなホルモンバランスに影響を与える成分は含まれていません。
このため、基本的には、リジュンを使用しても問題ないと販売元では説明しています。

なお、妊娠中・授乳中は頭皮や肌が敏感になりやすい時期のため、違和感やトラブルなどを感じたら、リジュンの使用を中止したほうがいいでしょう。

リジュンの効果的な使い方は?

リジュン 使い方 効果

リジュンは頭皮や髪の毛が乾燥した状態で使う必要があります。
シャンプーやトリートメントの後の湿った状態だと、水分と一緒に流れてしまうおそれがあるためです。

また、頭皮が脂や汗、ホコリなどで汚れた状態だと、毛穴などがふさがっているために、リジュンの成分が角質層まで浸透しません。

1日2回、頭皮が清潔な状態のときに使うといいでしょう。

リジュンの使い方

リジュンはスプレー状になっていますが、香水を使うように、ただ振りかけただけでは不十分です。

髪の毛よりも頭皮にリジュンの成分が浸透するように、事前に薄毛や抜け毛などが気になる部分の髪の毛をかき分けるといいでしょう。

リジュンをふきかけた後は、頭皮に馴染むようにマッサージをすると効果的です。

リジュンの販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

リジュン 値段

リジュンは、どこで買えるのでしょうか?
最低価格なども含めて詳しく調べました。

店頭販売はしているのか?

販売元に確認したところ、通販限定商品とのことでした。

市販はされていますが、ドラッグストアや薬局、コンビニやスーパー、バラエティストアなどでは購入できません。

通信販売で最も安く買えるのは?

リジュンは販売元直営の通販サイトで販売していますが、それ以外にも、楽天市場で販売していることが確認できました。

調査した時点では、

  • amazon
  • Yahoo!ショッピング

などのネットショップでは購入できませんでした。

価格は在庫状況や競合店舗との価格競争によって変動することから、安く買えたらラッキーですね。

販売元直営の公式通販サイトでは、1本5,960円(税別、送料別)で販売しています。

>>リジュンを公式サイトで購入する

定期購入はあるのか?

リジュンは、販売元直営の公式通販サイトで定期購入を扱っています。
「毎月1本づつ」「3ヶ月に3本づつ」の2種類のコースが用意されています。

コース名 価格(税別、送料込)
毎月1本 初回2,980円、2回目以降4,980円
3ヶ月毎3本 毎回11,440円(1本あたり3,813円)

どちらのコースでも、最低購入回数のしばりはありません。
初回受け取り後、いつでも自由に定期購入を解約できます。

また、リジュンを使っていても満足できなかった場合には90日間全額返金保証がついています。
気軽に試せるのではないでしょうか?

>>リジュンを公式サイトで購入する

定期購入の解約方法は?

リジュンの定期購入を解約する場合には、どのような手続きが必要なのでしょうか。

現在は電話で解約を受け付けています。
その場で解約手続きは完了します。

解約手続き申し込み締切日は、次回配送予定日の7日前です。
締切日をすぎると次回分を受け取ってからの解約になります。

まとめ

いかがでしたか?
女性には使いづらい「発毛剤」以外の薄毛対策の選択肢として人気のリジュン。

90日間の全額返金保証もついていることから、たっぷりと試すことができるので安心ですね。

リジュンの最新情報は公式サイトでも発信していますので、確認してみてください。

>>リジュンの公式サイトはこちら