女性向け育毛剤maima(マイマ)は効果なし?発毛剤以外は無駄?

maima マイマ

薄毛対策には、発毛剤以外は何の役にも立たない、養毛剤や育毛剤などを買ってはいけないという話を聞いたことはありませんか?

その理由は簡単で、発毛剤以外は髪の毛を増やす医学的効能がないからです。
maima(マイマ)などの育毛剤や養毛剤には、髪の毛を増やす効果はありません。

また、リアップやロゲイン、スカルプDメディカルミノキ5などの市販品はムダに高いから、海外から個人輸入したほうが安上がりといった意見もあります。

リアップに配合されているミノキシジルの特許が切れたことで、ミノキシジル配合の発毛剤は販売が相次いでいますが、ミノキシジル、フィナステリド配合の飲み薬は処方薬のため、手軽に買えません。

飲む発毛薬は、処方箋なしで安価に購入できる方法として個人輸入がベストなのです。

しかし、これらの発毛剤が効果を発揮するのは、AGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性男性型脱毛症)であり、それ以外の薄毛対策には役に立ちません。

特に女性の場合には、フィナステリドが配合されているプロペシアなどの摂取は厳禁ですし、フィナステリドは経皮吸収するため、薬に近づいてはいけないというほどに極めて危険です。

また、妊娠中にミノキシジルを使うと、胎児の心臓に強烈な負担がかかるので駄目と指摘する医師もいます。

『最強!の毛髪再生医療-豊かな髪と再び出会える本』(ワニブックス)など多数の著書で知られる、あらなみクリニック総院長の荒浪暁彦先生。前編では、薄毛を予防する方法を伺いました。では、既に薄くなった頭皮…

このため、妊娠中/授乳中の女性が使える発毛剤は一つもありません。

maima(マイマ)は、指定医薬部外品(薬用化粧品)の「育毛剤」ですから発毛効果はありません。女性特有の薄毛の原因にアプローチして、抜け毛を減らしたり、頭皮環境を整える効果があるそうです。

果たして、maimaは妊娠前後の薄毛対策に役立つのでしょうか?

女性向け育毛剤maima(マイマ)の特徴

maima マイマ 特徴

マイマの特徴をまとめました。

女性ホルモンの乱れにアプローチ

女性ホルモン

女性特有の抜け毛の原因の一つとして「女性ホルモン」が指摘されています。

妊娠中/出産後は女性ホルモンの分泌量が非常に少なくなるために、薄毛や抜け毛が起こりやすくなります。

マイマには、大豆イソフラボンなどのホルモンサポート成分を配合しています。

頭皮の保湿/血行促進に役立つ天然成分を配合

女性の薄毛の原因としては、ホルモンバランスの乱れの他にも、生活習慣の乱れによる血行不良や頭皮の乾燥があげられます。

マイマは、これらの女性特有の薄毛の原因に対応するべく、保湿や頭皮環境を整えるために、以下の有効成分/天然成分を配合しています。

有効成分

  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • サリチル酸

天然成分

  • アロエエキス
  • カモミラエキス
  • サクラ葉抽出液
  • ジオウエキス
  • ショウキョウチンキ
  • セイヨウノコギリソウエキス
  • セージエキス
  • ダイズエキス
  • トウガラシチンキ
  • ヒオウギ抽出液
  • ヒキオコシエキス
  • ビワ葉エキス
  • ボタンエキス
  • ローヤルゼリーエキス
  • 海藻エキス

無添加/低刺激

マイマには、以下の成分は配合していません。

  • 合成着色料
  • 鉱物油
  • パラベン
  • シリコン
  • 石油系界面活性剤
  • フェノキシエタノール
  • 紫外線吸収剤
  • 紫外線散乱剤
  • 酸化防止剤

もちろん、ミノキシジル・フィナステリド配合の発毛剤/発毛薬のように、妊娠中/授乳中に禁忌とされる成分は一切含まれていませんので、安心して使用できます。

女性向け育毛剤maima(マイマ)の口コミ・評判は良い?悪い?

maima マイマ 口コミ 評判

マイマ利用者の口コミを集めました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

悪い口コミ

有名な育毛剤よりも安いが、安かろう悪かろうではないか心配

定期購入がないので、なくなったら買わないといけないのが面倒

良い口コミ

産後の抜け毛がひどく、育毛剤は色々見ていましたが、産前産後に特化したもので無添加というところに惹かれました。
付け心地はとても軽く、べたつきもにおいも無いのでスタイリングもいつも通り出来ました。
直接頭にプッシュして揉み込むだけなのでめんどくさがりのわたしでも続けられそうです。
引用元:amazon

少し分け目が気になり始めた時にこの商品を見つけました。
半信半疑で購入し、使いだしてしばらくすると根元にハリが出てきました。
前まではぺたっとした感じでしたが、今ではふんわり感が出てきました。
引用元:amazon

40歳を過ぎた頃から、抜け毛が目立つ様になり髪の毛のボリュームも無くなり悩んでました。
この商品を試してから、ちょっとずつですが抜け毛が減り髪の毛の量も戻って来たように感じます!
これからも、続けていきたいです。
引用元:amazon

口コミ評判まとめ

調査した時点ではマイマの利用者が少ないものの、好意的な内容のものが多かったです。

女性向け育毛剤maima(マイマ)の評価は?

maima マイマ 評価

アットコスメなど、口コミサイトなどでのマイマの評価は見つかりませんでした。
今後も調査を続けてまいります。

ちなみに、販売元が公表しているデータによると、モニター満足度は93.3%でした。

女性向け育毛剤maima(マイマ)に含まれている成分を解析

maima マイマ 成分

マイマで使われている全ての原材料を一覧にまとめました。
マイマは医薬部外品のため、「有効成分」と「その他の成分」にわかれています。

有効成分
センブリ抽出液、グリチルリチン酸ジカリウム、サリチル酸
その他の成分
1,3-ブチレングリコール、l-メントール、エタノール、キサンタンガム、クエン酸、クエン酸ナトリウム、水酸化ナトリウム、アロエエキス(2)、カモミラエキス(1)、サクラ葉抽出液、ジオウエキス、ショウキョウチンキ、セイヨウノコギリソウエキス、セージエキス、ダイズエキス、トウガラシチンキ、ヒオウギ抽出液、ヒキオコシエキス(1)、ヒドロキシエチルセルロース、ビワ葉エキス、ボタンエキス、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ローヤルゼリーエキス、海藻エキス(1)、無水エタノール、精製水

副作用の心配は?

maima マイマ 副作用

マイマは医薬品ではないので副作用は存在しないと断言している人もいますが、詳しく調べたところ、問題点が見つかりました。

それぞれの植物成分に対するアレルギーが有ると、皮膚炎などのアレルギー症状が起こる可能性があることが判明しています。
事前に配合成分を確認しておくといいでしょう。

また、マイマにはエタノール(アルコール)やメントールが配合されています。
敏感肌だと強い刺激を受けたり、肌トラブルが起こるかもしれません。

いずれかの副作用が出た場合には、使用を中止して体調の回復を優先させましょう。
具合が悪い状態が続く場合、急激に体調が悪化した場合には、医師の診察を受けたほうが良いです。

女性向け育毛剤maima(マイマ)の効果的な使い方は?

maima マイマ 使い方 効果

マイマはスプレータイプの育毛剤です。

適量を頭にふりかけて、頭皮をやさしくマッサージするだけですから、手間がかかりません。
短時間で終えられることから、つわりなどで体調が良くないときや、出産後の忙しい合間にも無理なく使い続けられます。

マイマは発毛剤のような即効性はないため、肌トラブルがなければ、数ヶ月程度は使い続けるといいでしょう。
販売元は3ヶ月以上の継続使用を推奨しています。

女性向け育毛剤maima(マイマ)の販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

maima マイマ 値段

マイマは、どこで買えるのでしょうか?
最低価格なども含めて詳しく調べました。

店頭販売はしているのか?

販売元に確認したところ、通販限定商品とのことでした。

市販はされていますが、ドラッグストアや薬局、コンビニやスーパー、バラエティストアなどでは購入できません。

通信販売で最も安く買えるのは?

マイマは販売元直営の通販サイトで販売していますが、それ以外にも、

  • amazon
  • 楽天市場

などのネットショップで販売されていることが確認できました。

価格は在庫状況や競合店舗との価格競争によって変動することから、安く買えたらラッキーですね。

販売元直営の公式通販サイトでは、以下の値段で販売しています。

本数 価格(税別) 備考
1本 4,980円 送料別
3本 11,040円(26%OFF) 送料無料
6本 17,880円(40%OFF) 送料無料

>>女性向け育毛剤maima(マイマ)を公式サイトで購入する

定期購入はあるのか?

マイマの定期購入はありません。
必要になった時に購入する必要があります。

まとめ

いかがでしたか?
妊娠中/授乳中というデリケートな時期の女性でも、安心して使うことができる育毛剤maima(マイマ)。

まとめ買いすると低価格になりますし、利用者からの口コミも極めて好評です。

女性向け育毛剤maima(マイマ)の最新情報は公式サイトでも発信していますので、確認してみてください。

>>女性向け育毛剤maima(マイマ)の公式サイトはこちら