ハイドロキノン集中美白クリームは何が違う?口コミや評判はどう?

ハイドロキノン集中美白クリーム

ハイドロキノン」(ヒドロキノン)は、イチゴやブルーベリー、コーヒーなどにも含まれる物質であり、スキンケアにおいては美白成分として幅広く使われています。

ハイドロキノンは多くの化粧品に配合されていますし、美容皮膚科などでは、更にハイドロキノン濃度の高い塗り薬を処方してもらったり、処置してもらえます。

しかし、高濃度(5%以上が目安)のハイドロキノンは発ガン性物質となるおそれがあり、健康被害が出る心配があることから、美容皮膚科などでも高濃度の塗り薬の提供に関しては注意を払っているようです。

ハイドロキノン集中美白クリームは、「ハイドロキノン濃度3%」の基礎化粧品です。

ハイドロキノン集中美白クリームは、ハイドロキノン濃度が低い化粧品とは効果が違うと評判ですが、濃度が高い分だけ、健康被害なども心配になるのではないでしょうか?

ロドデノールが含まれた薬用化粧品で起こった白斑被害などもあったため、あなたも不安に感じているかもしれませんね。

ハイドロキノン集中美白クリームの特徴

ハイドロキノン集中美白クリーム 特徴

まずは、ハイドロキノン集中美白クリームの特徴をまとめました。

ハイドロキノン濃度3%を実現

ハイドロキノン集中美白クリームはハイドロキノン濃度3%と、ハイドロキノンが配合された一般的な化粧品と比べると高めです。

ハイドロキノン集中美白クリームは、美容医療先進国として知られるスイスで製造された後、完成した商品が日本に直送されています。

6種類の美容成分がサポート

ハイドロキノン集中美白クリームは、ハイドロキノンのはたらきをサポートするために6種類の美容成分が配合されています。

  • パンテノール(抗炎症)
  • トコフェノール(ビタミンE:抗酸化)
  • グリチルリチン酸2K(消炎)
  • ツボクサエキス(抗酸化、抗炎症)
  • ローズマリー葉エキス(抗酸化、抗炎症)
  • カンゾウ根エキス(抗炎症)

ハイドロキノン集中美白クリームの口コミ・評判は良い?悪い?

ハイドロキノン集中美白クリーム 口コミ 評判

ハイドロキノン集中美白クリーム利用者の口コミを集めました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

悪い口コミ

半年位使いましたけど効果がない。
使ったら吹き出物がたくさん出てます。あんまり効果がないです。
引用元:YOUUP

良い口コミ

傷だった部分がシミになってしまい、跡が気になっていたのですが朝晩使用したところ、明らかに薄くなってきました。
今後も期待しています。
引用元:公式サイト

何十年も前から目の下の肝斑を気にはしていましたが、どうせどのクリームを塗っても薄くはならないだろう!と物は試しと思い使用。
数週間鼻の両側に塗って試して見る。

何時の間にかシミが消えて肌が明るく!とても嬉しかったです!
目の下の肝斑も薄くなる事を期待しながら現在も使用中。
引用元:YOUUP

口コミ評判まとめ

ハイドロキノン集中美白クリームは「肌トラブルが起こりやすい化粧品」と事前に情報提供がされているため、実際に肌トラブルが起こった人もいましたが、その数は少なめです。

肌トラブルが起こること自体は良いとは思いませんが、敏感肌の人は使用する気がなくなるという点で「良い情報提供」と言えるではないでしょうか?

肌トラブルがなかった人からは、シミやくすみ対策に役立った、トーンアップしたなどの高評価が多かったです。

ハイドロキノン集中美白クリームの評価は?

ハイドロキノン集中美白クリーム 評価

口コミサイトなどでのハイドロキノン集中美白クリームの評価をまとめました。

you-up 評価

多くの利用者から高く評価されていることがわかります。

なお、アットコスメでは見つかりませんでした。

ハイドロキノン集中美白クリームに含まれている成分を解析

ハイドロキノン集中美白クリーム 成分

ハイドロキノン集中美白クリームで使われている全ての原材料を一覧にまとめました。

水、グリセリン、セテアリルアルコール、ステアリン酸PEG-100、ステアリン酸グリセリル、流動パラフィン、ハイドロキノン、パンテノール、トコフェロール、グリチルリチン酸2K、ツボクサエキス、ローズマリー葉エキス、カンゾウ根エキス、フェノキシエタノール、香料

副作用の心配は?

ハイドロキノン集中美白クリーム 副作用

ハイドロキノン集中美白クリームは医薬品ではないので副作用は存在しないと断言している人もいますが、詳しく調べたところ、問題点が見つかりました。

ハイドロキノンには刺激性とアレルギー性があるため、特に敏感肌の人は肌トラブルが起こりやすいです。
もちろん、傷口や炎症、かぶれなどがある部分に塗るのは厳禁です。

また、ハイドロキノンを塗った後に日光にあたると、紫外線の影響で肌トラブルが起こる恐れが高まります。
ハイドロキノン集中美白クリームを塗った箇所へのUVケアは必須です。

次に、フェノキシエタノールは、ごくまれに皮膚炎などのアレルギー症状が起こる可能性があることが判明しています。
この症状はアトピーや食物アレルギーなどの有無とは関係なく起こります。

また、植物成分などに対するアレルギーが有ると、同様に皮膚炎が起こる可能性があります。

いずれかの副作用が出た場合には、使用を中止して体調の回復を優先させましょう。
具合が悪い状態が続く場合、急激に体調が悪化した場合には、医師の診察を受けたほうが良いです。

販売元によると、これまでに白斑被害の報告は1件もないそうです。

妊娠中/授乳中に使っても大丈夫?

販売元は、ハイドロキノン集中美白クリームは妊娠中・授乳中の使用を控えるように警告しています。

ハイドロキノン集中美白クリームの効果的な使い方は?

ハイドロキノン集中美白クリーム 使い方 効果

ハイドロキノン集中美白クリームは、基礎化粧品などによるスキンケアが終わってから使うのが一般的です。
シミやくすみ、肝斑などが気になる部分にピンポイントで塗るといいでしょう。

目の周りは刺激が大きいことから、ハイドロキノン集中美白クリームを塗らないほうがいいです。

ハイドロキノン集中美白クリームは顔以外でも使えます。

また、ハイドロキノン集中美白クリームを塗った場所は、紫外線に対する抵抗力が低下するため、UVケアが必要です。

屋外に出る場合には日焼け止めは必須ですし、直射日光が当たらないように、衣類や日傘なども併用する必要があります。

ハイドロキノンは変色しやすい性質があるため、ハイドロキノン集中美白クリームの開封後は冷蔵庫に保管したほうがいいです。
長くても1ヶ月以内に使い切るようにしてください。

ハイドロキノン集中美白クリームの販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

ハイドロキノン集中美白クリーム 販売店 値段

ハイドロキノン集中美白クリームは、どこで買えるのでしょうか?
最低価格なども含めて詳しく調べました。

店頭販売はしているのか?

販売元に確認したところ、通販限定商品とのことでした。

市販はされていますが、ドラッグストアや薬局、コンビニやスーパー、バラエティストアなどでは購入できません。

通信販売で最も安く買えるのは?

ハイドロキノン集中美白クリームは販売元直営の通販サイトで販売していますが、それ以外にも、amazonで購入できます。

調査した時点では、

  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

などのネットショップでは購入できませんでした。

価格は在庫状況や競合店舗との価格競争によって変動することから、安く買えたらラッキーですね。

販売元直営の公式通販サイトでは、1個4,900円(個人輸入扱いのため非課税、送料別)で購入できます。

定期購入はあるのか?

ハイドロキノン集中美白クリームは、販売元直営の公式通販サイトで定期購入を扱っています。

初回999円、2回目は2,900円、3回目以降は4,410円(いずれも個人輸入扱いのため非課税、送料別)とオトクに続けられます。

なお、ハイドロキノン集中美白クリームの定期購入には、最低購入回数3回のシバリがあります。

3回目を受け取る前に定期購入を解約することは可能ですが、解約手数料として初回は3,900円、2回目は5,900円が徴収されます。
3回目を受け取った後であれば、解約手数料は不要となり、いつでも自由に定期購入を解約できます。

>>ハイドロキノン集中美白クリームを定期購入する

定期購入の解約方法は?

ハイドロキノン集中美白クリームの定期購入を解約する場合には、どのような手続きが必要なのでしょうか。

現在は電話で解約を受け付けています。
その場で解約手続きは完了します。

解約手続き申し込み締切日は、次回配送予定日の15日前です。
締切日をすぎると次回分を受け取ってからの解約になります。

まとめ

いかがでしたか?
ハイドロキノン配合量3%と多めのハイドロキノン集中美白クリーム。

ハイドロキノンは敏感肌や肌トラブルがある人には刺激が強い成分のため、事前にパッチテストで確認しておくと安心です。

ハイドロキノン集中美白クリームの最新情報は公式サイトでも発信していますので、確認してみてください。

>>ハイドロキノン集中美白クリームの公式サイトはこちら